Seven Seas
-DAY27-

|
潜航日誌 diary message battle2 battle event status
ワカメ
--------------------------------------------------------
日記はありません。
--------------------------------------------------------

|
パーティメッセージ
ワカメ
--------------------------------------------------------
メッセージはありません。
--------------------------------------------------------

|
メッセージ diary message battle2 battle event status
ワカメ
--------------------------------------------------------
PNo.148 オクシアヌ・フランキスカ・ザガム
にメッセージを送った。

PNo.328 ヒミコ
にメッセージを送った。

PNo.335 妃神 綾歌
にメッセージを送った。

PNo.1060 ウミネ
にメッセージを送った。

PNo.1299 オリナ・クレツキ
にメッセージを送った。



PNo.24 クロア・レプトーン
からのメッセージ:
Icon クロア
「ハイテク?
ハイテクノロジーというやつだな。
確かに色々と便利な機械技術が多いな」

尻尾を左右にぺたんぺたんしながら言いました。

Icon クロア
「人型ならそうだな。
竜型だと、とても大きなドラゴンになるぞ」

こんな感じで、と地面にざりざり絵を描いた。
とってもデカい。

Icon クロア
「生物学もやっているのか。
見せてあげたいところだが、変身はなかなかぱわーを使うのだ。
最近変身する機会が増えているので、今日は見せられないぞ。」

Icon クロア
「むむ、ではやはりふとんとやらを買ってもらおう。
今のシーツもとてもすべすべで最高の寝心地なのだが」

Icon クロア
「保護者代表が誰かというととても悩むが、船にちゃんと居るぞ。
遊びに来るか?」

Icon クロア
「可愛いといわれることも多いし、これはこれで便利な体なので、
人型に戻れるようになってもこの姿は維持したいものだ。
使える姿が多いと、対応の幅が広がる」

PNo.861 アニヴィア=エイルストーム
からのメッセージ:
Icon アニー
「なるほどねぇ、悪魔っぽくかぁ」
Icon アニー
「どうせなら完膚なきまでに相手を騙くらかすほうが悪魔っぽいと思わないでもないけど…」
Icon アニー
「あ、それともウソだけどねって言いつつウソじゃないとか?」
Icon アニー
「実はホントに
『舞い降りた清らかな天使』で
『新しい趣味に目覚めちゃうかも』で
『名前が同じ生き別れの兄弟が108人』いて
『油断した相手を路地裏に誘い込ん』で
『嘘を全くつかない清廉潔白』で
『武道の心得が』あって
『不眠症』で
『星の数程ある教訓物語に詳し』くて
『堕落に誘うには自分が堕落する必要が』あって
『手練手管を色々知って』て
『悪魔の色々な誘惑に精通』してて
『美肌グランプリ』で
『美肌ソムリエ』だったりしちゃわなぁい?」

PNo.866 アゼリア
からのメッセージ:
Icon リア
「―――」
いつも通りに話している貴女を見て安堵半分、
しかし、疲れ切った貴女を見て何かあったのかと不安も残っている。
焦れば焦る程冷静さを欠く、いや、暴走仕掛けるのが人形の性であり、端末を打つ手も未だ震えている。
Icon リア
「『ご ごめんなさい、リア、その  ヴィヴィが倒れちゃって、きっとリアが悪いことをしたと思って  ごめんなさい』」

Icon リア
「……『お願い、聞いてくれるの?』『ヴィヴィが、いなくならない?』」
ただただ鵜呑みにする。
けれど、ヴィヴァーチェをこれほど消耗させたのは場違いな自分の願いのせいだと思えば、
その申し出も断ろうと冷静になるべきだろう。

だが彼女の心は酷く危うい。
悪魔がまたしてもそう唆すならば、少女はただ言うことを聞くだけだった。
Icon リア
「『なら、うん、そうするね?』」
少女は笑顔で貴女の手を取る。両手で包むとひやりとした体温に包まれる。
それは何か、祈るような所作。
貴女の手を喉に寄せて、眼を瞑り唱える。
Icon リア
「(どうかいなくならないでください。ヴィヴィ。貴女が必要だから)」
その願いはあたかも声を発したように、貴女に届くでしょう。

PNo.956 結馬
からのメッセージ:
Icon 結馬
「ああ、それだけは避けないとだ
致命的な味になって一人で処理した経験はあるが、その言い方だとヴィヴィもそうみたいだな
仲魔だぜ!【うれしそうだ】」
Icon 結馬
「ほへー やっぱそういう願いをする奴がいるんだな
なるほど、確かに言われてみればそうだし、本来の自分を忘れそうだぜ」
Icon 結馬
「ふむ いい趣味してるぜ 気が合いそうだ(しみじみ)
そういうヴィヴィは選んでやったりしないのか? 服とかさ」
Icon 結馬
「ヴィヴィなら医療に通じてても疑わねーが・・
しかし、ツナウィッチとか、ドクターフィッシュとかの人型も食べてきた身としては結構スプラッタ耐性が付いちまってるんだよな
腹の中からの声とはちょっと方向性が違うけども」
Icon 結馬
「大丈夫だ 「いまのとこ」腹は下してないぜ
PTメンバーの一人は口に合わなくて吐いてた気がするがそれはノーカンということで!」
Icon 結馬
「まずはなにかを残すところからか・・ふむ
最近、読んでもらう人間のことは考えずに書き始めてみてるぜ
それに見合う冒険もしたいところだな この前小さいドラゴンとも戦ったし、どんどん話のタネを仕入れていきたいもんだ」
Icon 結馬
「ハハハ・・ま、まぁゲテモノは避けるさ さすがにな
そういや、俺の中でのヴィヴィとの思い出は最初のきっかけの菓子なんだが、ヴィヴィはこの海でなんかいい思い出はあったかい?」

PNo.1300 シオネ・クレツキ
からのメッセージ:
Icon シオネ
「……抵抗するのかい?」

考えもしなかった、という顔。
ふっと瞳に理性の光が戻る。

Icon シオネ
「……うん、別に殺す気は無かったけどね?
最初からね。ホントだよ?」

Icon シオネ
「ただちょっと疲れたというか、動転したというか。
……いや違うな、興奮した。燃え上がったよ。
少しくらい責任取ってくれても、バチは当たらないんじゃないかい?」

PNo.1325 イリス コネコ
からのメッセージ:
Icon イリス
「ふああああ」
おなかをおされればそのままぺたんと押しつぶされるでしょう
そこはかとなく頬も上気してなんとなくいけない雰囲気です

PNo.1372 ウィス・ルーヴィス
からのメッセージ:
Icon ウィス
「何があっても話を聞かせることくらいは出来るようにしたいっすよね~。」
Icon ウィス
「そのうち耐性は付きそうっすけど…
心と体に優しくない特訓っすね!」
どっちかだけならまだ良いっすけど…両方はダメだと思うっすよ~。

Icon ウィス
「まずは自分のをどうにかして来て欲しいっすよ!
って感じになるっすね、それだと。」
俺っちもご遠慮願いたいっすよ~
それと、とてもわかり易い説明だったっす、と笑顔で返しました。
Icon ウィス
「そういった面倒事の処理の事考えると、俺っちみたいな冒険者の仕事とか大分楽に感じて来るっすね~」
ヴィヴィっちの仕事は色々大変そうっす と苦笑を浮かべながら言います。

Icon ウィス
「あれ、やっちゃうと凄く痛いっすからねー…
そして、今の凄く悪魔っぽい感じがしたっす!」

しかし、悪魔さんの一年ってそんなに長く無さそうな気がするっすけど、どうなんっすかね? と首を傾げている。

Icon ウィス
「だったっすかね…そういえば、紳士さんは別物だった気がするっす。
悪魔さんしかいないってなると、悩むって事もなくなっちゃいそうっす…?」
堕天使さんとかになってそうな気もするっすよ~と声をかけつつ、視線の先に目的のお店を見つけると楽しげな声を上げる。

PNo.1385 博士の助手、誾扇卦
からのメッセージ:
Icon 助手
「実は美少女の皮を被っているだけとか…。
いえ、まあもちろん冗談ですよ?姿かたちに特化した悪魔や狂気の神も居るものではありますが。
あ、でも多少の変身はできるんですね。」
変身できるあたりに、その小器用さを今度はまともに意外だというような驚き方を見せる。
 
Icon 助手
「ええ、そうですね。
可愛くてふわふわで、手足があってこれくらいの大きさで…。
人をきままにもてあそぶあたりも魅力でしょうか。」
手で示すのは人のサイズの様だったが。
Icon 助手
「では科学者らしく…種族的な到達点の一つとして有名な逸話に、
星一つ分の意識の同調を試みた種族の話がありますから。
 
…結果として何が生まれたか?
そこには1%のエゴと98%の絶望が混ざり合っていたそうですよ。」
個というものを定義する際に語られる話ですが、遠回りな自殺というにはいい一例ですね。
と続けて。
 
Icon 助手
「びっくり顔コンテストなら優勝できそうです。
いたずら心を見事に刺激するお墨付きを差し上げますよ?」
Icon 助手
「あるはずのものが無い、とでもいうのでしょうか。
そのイメージはどれも的を射ているようです。
どうしても半ば機械化していると、そういう側面もでるものですから。」
頭部の機械角に光のラインが走り。
口元の端をわずかに上げてみせる。
 
Icon 助手
「定めたからこそ生まれるものもあるようですよ。
科学も、生み出す学問でもありますから。
卵が先か、鶏が先か。と続けるとそちらの起源の話に戻りそうです。」
 
Icon 助手
「びっくり箱だからといって箱として使わないのはもったいないですから。
そうですね。名前を付けてしまえば食べることも簡単です。」
自らの分のクッキーをさくりと。
ホテルの売店とかに売ってそうなものだったが。
Icon 助手
「天使と言われている…ですか。
それは天秤の両側にあるようなものですから、
対照ではあっても反存在である必要は無いです。」
重さが釣り合っていればそれで、と。
 
Icon 助手
「その右腕は文字通り、でしょうか。
――やっぱり義手、いりますか?」
わずかに気遣う様にも。
Icon 助手
「そして、学者の類に 面白くないよ という言葉はおそらく禁句かと。
…予想以上の反応というか。ここまでいくと少し狼狽します。」
そうもみえないが。
 
Icon 助手
「そういう考え方もありますね。
ただ…完璧は疵の無い璧を意味するものですから。
…完全と呼ぶほうが正しいような気もします。ただ…」
そういった概念の変遷もまた、哲学的なのだろうとつぶやきながら。
Icon 助手
「文字の根源は紋様、その縛りが多ければ情報量が増えるものです。
いろいろとなるといっそQRコードでも?」
 
 
Icon 助手
「はい、後天的なものです。
機械化の実例として目前にあるものと思っていただければ。」
怖くないですよーコワクナーイ。
Icon 助手
「記憶喪失はまた別の問題もありますが。
一気に崩れるかどうかは、忘れがちな悪魔としてはどうでしょうか、と問いたいですけれど。
同一の”自分”であるとは言えません。」
Icon 助手
「こういうパーツもありますし、
確かに専門ではあります。
フィールドも装備さえあれば多少は何とかなりますから。」
専用の装備…スーツとかを主に着ていて。 
 
Icon 助手
「スキルストーンがあればおぼれる心配はなさそうですよ?
水責めは確かに一種の拷問ですけれど。」
船上の人は陸に上がると逆に揺れている感覚に陥る、という話は確かにありますね、と頷く。
 
Icon 助手
「でも外見がそうですから。
間違われそうではあるかなと。」
じっと相手の胸元を見つめて。いや見上げて?
Icon 助手
「…修理用の木材を切断する話だったような。
どこから一体手術台に…。」
おや?と言った様子で首をかしげてみせた。

PNo.1442 青髪の少女
からのメッセージ:
Icon 「どうでしょう…はったりという可能性もあるのでは無くて?
 本当に強い力を持っているのなら、殊更にそれを隠す必要も無いはずです
 結構用心深いのですね、てっきり細かい事は気にしないのかと」


Icon 「…と思いましたけれど前言撤回ですね
 もういいと言いましたのにわざわざ教えて下さるなんて…
 もしかして自分を苦境に追い込む事がお好きなのかしら…?」


Icon 「心配せずともおそらくそんな事態にはなりませんわ
 悪魔どうこうと言う前に、貴女みたいなお人好しと争う理由なんて思いつきませんもの」


Icon 「折角身を切って教えてくれたのです
 覚えておきますわ、特別な制約があるという事を」


        真剣そうな顔で頷く
        ついで掘り下げるような事はしない、貴女が譲るギリギリのラインなのだろうから
        これ以上聞いても詳細を話さないだろうと判断したようだ

        話が自分の周囲にいる女性らしい存在、に切り替わり
        これみよがしに貴女がじーっと見てくると
        一瞬きょとんとした顔になって自分を指差した

Icon 「私…ですか? 私は悪魔ではありませんし、所詮は子供ですからね
 参考にはならないと思います、ともあれ貴女に外見を磨くという考え自体が
 常識としてあまり無い事はわかりましたわ」


Icon 「悪魔は中身で勝負…という事ですね
 普通の生き物とはステータスとなる部分が違うのでしょう
 一見ただのヒトのような姿をしていらっしゃるから、勘違いしてしまいますけれど」






Icon 「その三点では確かに細工、になってしまいますね
 自分を偽る事になっては元も子もありませんし、姿を変えても自分を磨く事にもなりませんもの」


Icon 「悪魔にも成長期があるのですね、でしたら今後に十分な期待が持てるというもの…
 ちなみに今の姿くらいに成長したのはどれくらい前になるのですか?
 ヒトと同じような成長をするのなら、最初からその姿という事は無いでしょうし…」


Icon 「悪魔が悪魔に契約する事もできるのかしら、それならば注意しなければいけませんね
 成長させる事ができる上手に悪魔に唆されて、実はただの変身能力だったなんて
 お話の悪魔っぽい詐欺の仕方ですし…まあ流石に悪魔に騙される悪魔なんて居ないでしょうけど」


        かまをかけるような話方だ、しかしあまりにわかりやすすぎる返し
        会話の繋ぎとして引っかかるような言い方にしたのだろう
        貴女のうろんな表情の意味は別のところにあると考えているからこそ
        出てきた言葉ではあるが…まさかそんな単純な話では…あるまい



        人間だったとしても、そんな話を聞いて
        少女は口元を手で抑え、思慮するように伏し目がちになる
        気づかされた、というような対応だ
Icon 「ヒトにもヒトの心なんてわからない…言われてみればそうかもしれませんね
 本質は結局誰にもわからない、心を取り出して開いて見せる魔法でもない限りは」




Icon 「でも、自分の事も自分で良くわからないのでしたら
 その"利己的な気持ち"すらも正確な本質はどうなのかわからないのではなくて?
 上手く言葉にできませんが…利己にも理由があって、根差す大元があるのでは無いかと」


Icon 「【誰かが傷つくのが苦しいから自分を差し出す方が楽】という気持ちが
 自分勝手なものであるとするなら…それは何よりも優しい利己だと思います
 真実が違ったとしても、今私から見えているものはそうなっているのです」


Icon 「そんな優しい利己を持っているヒトが一体どれくらいいるのかしら?
 【自分のためなら他者を傷つけても構わない】という利己と
 一体どっちが多いのでしょうね」




Icon 「少々複雑な話になってしまいましたが、実際のところ言いたいのは
 もっとご自分を大切にしたほうが良いのでは、という事です
 貴女の腕が蜥蜴の尻尾のように生えてこない限りは…ですね」





        天使を語る貴女、少女も深くその存在を考えていたわけでは無かったが
        天使とはかくあるもの…そんな言葉が出て来る様子から
        悪魔の中にきちんとした天使像…あるいは実際に天使を知っているのかもしれない
        悪魔がいるくらいだから天使がいても全くおかしい事ではないが…

Icon 「悪魔がいるのだから天使もいそうなものですけれど
 実際天使は自己犠牲的な行動はしないのでしょうね、私達の目の前に
 現れたりしないのですもの」


Icon 「ですからこれは行動を指した例えとしての言葉になりますわ
 天使のような…という意味です
 実際目の前に天使すらしないような自己犠牲をしている方もいらっしゃる事ですし」





        確かに驚かすような事を言ったのだが、想像以上に大げさに吃驚したり
        怖がったりする(ように見える)様子を見て
        クスクスと少女はおかしそうに笑う
Icon 「勿論…ちょっとした冗談ですわ、一々大きく反応して下さるから
 ついつい楽しくなってしまいます」


Icon 「悪魔を浄化して天使に…とはならないでしょうね
 お話で言えば、死んだ時に天使として生まれ変わるとか…かしら
 それでしたら貴女にも可能性がありますね」


Icon 「悪魔からしたら天使になるのは屈辱になるのでしょうか
 あまり良い事ばかりしていると天使になってしまいますよ、なんて
 悪魔の世界で言われていたら、面白いですわね」






Icon 「……いつの間にか結構長く話し込んでしまいましたね
 初対面でしたのに、悪魔と話すなんて貴重な体験ですから
 喉がカラカラに乾くまで話してしまいましたわ」


Icon 「最初は変なヒトが話しかけてきてどうしようかと思いましたけれど…
 意外にも普通のヒトで良かったです、悪魔なのですけれどね」


Icon 「話が落ち着いたら私はもう行きますわ
 色々教えて下さって有難うございました、確か貴女も協会に属していらっしゃるのですよね
 それならまたきっと会えますわ、悪魔の話はもっと聞きたいですし
 次に会えた時はもっと詳しい話を教えて下さると嬉しいです」

PNo.1596 音無 奏
からのメッセージ:
Icon カナデ
「はて、そうでしょうか。今はガイド、という立場ですから。もしかしたら社交辞令の可能性もありますが」

にこにこ、表情は崩れない

「このご時世、仕事を手にするのも辛いものでありますから」
--------------------------------------------------------

|
ボトルシップメッセージ
牛
--------------------------------------------------------
メッセージはありません。
--------------------------------------------------------

|
参加コミュニティ
ワカメ
--------------------------------------------------------
参加コミュニティはありません。
--------------------------------------------------------

|
アイテム
ワカメ
--------------------------------------------------------
ヴィヴィはアイテムNo.3 TGシェルボックス(Rank3) を使用しようとしたが、料理ではなかった。
Icon ヴィヴィ
「何が出るかな何が出るかな?」
--------------------------------------------------------

|
イベント
ワカメ
--------------------------------------------------------
海中島の海《アトランド》
line

かつて――この世界、テリメインは海に覆われていなかった、と唱える者もいる。
その根拠が、この沈んだ島々の海域……アトランドだという。

他の海域の遺跡とは違い、都市そのものが海中に存在している……と表現してもいいような、
様々な建造物があちらこちらに密集している。
それらのほとんどが海藻や魚の住処になっているのだが、
建造物のところどころから、様々な色のほのかな光が漏れている。

その光は、スキルストーンによる発光なのか、
それとも原生生物によるものなのか、
はたまた――かつて存在していた古代人の文明によるものなのだろうか――

遺跡探索
line
テリメインを調査する者たちならば、
己の目で見たいと口を揃えて言うであろう海域が、ここアトランドである。
他の海域とは違い、建物同士が密接な遺跡群や、建築物の奥からこぼれる淡い様々な色の光。
まるで大きな都市がそのまま海中へ沈んだかのように、未だに誰かが住んでいるのではと
錯覚してしまうくらいには状態が美しい。
もしかするとこの遺跡群の中に、
テリメインの謎に近づくような資料も眠っているかもしれない。
しかし、浮かれて気を抜いてはいけないだろう。
状態が美しい遺跡、淡い光が零れる建物。
それらは遥か昔の魔導が未だに生きている証拠なのかもしれない。
ともすると、この都市のような遺跡群を守る魔導が
侵入者に牙を剥く可能性も考えられるのだ。
もちろん、ここを根城にする原生生物も、
密集した建物のどこからか狙っているのかもしれない……。
--------------------------------------------------------

|
通常戦闘 diary message battle2 battle event status
ワカメ
--------------------------------------------------------
デビルフィッシュキャット アトランド遺跡の魔物たち☆☆
PNo.1112 クトス VS 古代の斧A
PNo.1345 ヴィヴァーチェ クラーケン
PNo.1361 ねこ 古代の斧B
--------------------------------------------------------

line
Icon くーちゃん
「え、なに、なにー?わたしわるいたこさんじゃないよー」
Icon ヴィヴィ
「よっし、がんばりますか」
Icon ねこ
「(尻尾のように髪の毛を揺らし相手を警戒している)」


Icon 突然錆びついた斧が勢いよく向かってきた!
Icon クラーケン
「海の平穏を乱す者よ……」
Icon 突然錆びついた斧が勢いよく向かってきた!
line

|
戦闘開始!
蟹
--------------------------------------------------------
くーちゃん(後)
HP
4098/4098
HPHPHP
MP
952/952
MPMPMP
 
ヴィヴィ(前)
HP
6781/6781
HPHPHP
MP
523/523
MPMPMP
 
ねこ(前)
HP
2506/2506
HPHPHP
MP
351/351
MPMPMP
SP
170/170
SPSPSP
古代の斧A(前)
HP
1302/1302
HPHPHP
MP
173/173
MPMPMP
 
クラーケン(前)
HP
1421/1421
HPHPHP
MP
350/350
MPMPMP
SP
141/141
SPSPSP
古代の斧B(前)
HP
1302/1302
HPHPHP
MP
173/173
MPMPMP
 
--------------------------------------------------------

line

line

くーちゃんはアイテムNo.1 うねうねたこ触腕 を武器に装備!
くーちゃんはアイテムNo.2 ひーらーひーらーふく を防具に装備!
くーちゃんはアイテムNo.10 くーちゃん専用じぇっと を装飾に装備!

ヴィヴィはアイテムNo.10 拾った錨 を武器に装備!
ヴィヴィはアイテムNo.6 ファイアパターンの水着 を防具に装備!
ヴィヴィはアイテムNo.4 怪しい影 を装飾に装備!

ねこはアイテムNo.1 ねこのつめ を武器に装備!
ねこはアイテムNo.2 ぴっちりぼでぃらいんすーつ を防具に装備!
ねこはアイテムNo.9 野生の勘 を装飾に装備!

line




line

ヴィヴィのフォームチェンジA!
ヴィヴィの装備射程が1減少!
ヴィヴィの物理攻撃力が増加!
ヴィヴィの物攻!
ヴィヴィの物理攻撃力が増加!
ヴィヴィの物攻!
ヴィヴィの物理攻撃力が増加!
ヴィヴィの地属性!
ヴィヴィの地属性が増加!

ねこの空気!
ねこのMSPが34増加!
ねこのSPが34増加!
ねこの回避!
ねこの物理回避が増加!
ねこの魔導回避が増加!
ねこの生命!
ねこのMHPが501増加!
ねこのHPが501増加!
ねこの回避!
ねこの物理回避が増加!
ねこの魔導回避が増加!
ねこの回避!
ねこの物理回避が増加!
ねこの魔導回避が増加!
ねこの熱耐性!
ねこの熱耐性が増加!
ねこの物攻!
ねこの物理攻撃力が増加!
ねこの回避!
ねこの物理回避が増加!
ねこの魔導回避が増加!
ねこの空気!
ねこのMSPが41増加!
ねこのSPが41増加!
ねこの空気!
ねこのMSPが49増加!
ねこのSPが49増加!
ねこの物攻!
ねこの物理攻撃力が増加!
ねこの物攻!
ねこの物理攻撃力が増加!


line

古代の斧Aの物攻!
古代の斧Aの物理攻撃力が増加!
古代の斧Aの物攻!
古代の斧Aの物理攻撃力が増加!
古代の斧Aの物攻!
古代の斧Aの物理攻撃力が増加!
古代の斧Aの物攻!
古代の斧Aの物理攻撃力が増加!
古代の斧Aの物攻!
古代の斧Aの物理攻撃力が増加!
古代の斧Aの物攻!
古代の斧Aの物理攻撃力が増加!
古代の斧Aの命中!
古代の斧Aの物理命中が増加!
古代の斧Aの魔導命中が増加!
古代の斧Aの命中!
古代の斧Aの物理命中が増加!
古代の斧Aの魔導命中が増加!
古代の斧Aの命中!
古代の斧Aの物理命中が増加!
古代の斧Aの魔導命中が増加!
古代の斧Aの命中!
古代の斧Aの物理命中が増加!
古代の斧Aの魔導命中が増加!
古代の斧Aの命中!
古代の斧Aの物理命中が増加!
古代の斧Aの魔導命中が増加!
古代の斧Aの命中!
古代の斧Aの物理命中が増加!
古代の斧Aの魔導命中が増加!
古代の斧Aの生命!
古代の斧AのMHPが260増加!
古代の斧AのHPが260増加!
古代の斧Aの生命!
古代の斧AのMHPが312増加!
古代の斧AのHPが312増加!
古代の斧Aのアトランド適応力!
古代の斧Aの地属性が増加!
古代の斧Aの地耐性が増加!

クラーケンの物攻!
クラーケンの物理攻撃力が増加!
クラーケンの物攻!
クラーケンの物理攻撃力が増加!
クラーケンの魔攻!
クラーケンの魔導攻撃力が増加!
クラーケンの魔攻!
クラーケンの魔導攻撃力が増加!
クラーケンの回避!
クラーケンの物理回避が増加!
クラーケンの魔導回避が増加!
クラーケンの回避!
クラーケンの物理回避が増加!
クラーケンの魔導回避が増加!
クラーケンの機敏!
クラーケンの素早さが増加!
クラーケンの機敏!
クラーケンの素早さが増加!
クラーケンの機敏!
クラーケンの素早さが増加!
クラーケンの生命!
クラーケンのMHPが284増加!
クラーケンのHPが284増加!
クラーケンの生命!
クラーケンのMHPが341増加!
クラーケンのHPが341増加!
クラーケンのアトランド適応力!
クラーケンの地属性が増加!
クラーケンの地耐性が増加!

古代の斧Bの物攻!
古代の斧Bの物理攻撃力が増加!
古代の斧Bの物攻!
古代の斧Bの物理攻撃力が増加!
古代の斧Bの物攻!
古代の斧Bの物理攻撃力が増加!
古代の斧Bの物攻!
古代の斧Bの物理攻撃力が増加!
古代の斧Bの物攻!
古代の斧Bの物理攻撃力が増加!
古代の斧Bの物攻!
古代の斧Bの物理攻撃力が増加!
古代の斧Bの命中!
古代の斧Bの物理命中が増加!
古代の斧Bの魔導命中が増加!
古代の斧Bの命中!
古代の斧Bの物理命中が増加!
古代の斧Bの魔導命中が増加!
古代の斧Bの命中!
古代の斧Bの物理命中が増加!
古代の斧Bの魔導命中が増加!
古代の斧Bの命中!
古代の斧Bの物理命中が増加!
古代の斧Bの魔導命中が増加!
古代の斧Bの命中!
古代の斧Bの物理命中が増加!
古代の斧Bの魔導命中が増加!
古代の斧Bの命中!
古代の斧Bの物理命中が増加!
古代の斧Bの魔導命中が増加!
古代の斧Bの生命!
古代の斧BのMHPが260増加!
古代の斧BのHPが260増加!
古代の斧Bの生命!
古代の斧BのMHPが312増加!
古代の斧BのHPが312増加!
古代の斧Bのアトランド適応力!
古代の斧Bの地属性が増加!
古代の斧Bの地耐性が増加!

line

|
ターン1 diary message battle2 battle event status
ワカメ
--------------------------------------------------------
くーちゃん(後)
HP
4098/4098
HPHPHP
MP
952/952
MPMPMP
 
ヴィヴィ(前)
HP
6781/6781
HPHPHP
MP
523/523
MPMPMP
 
ねこ(前)
HP
3007/3007
HPHPHP
MP
351/351
MPMPMP
SP
294/294
SPSPSP
古代の斧A(前)
HP
1874/1874
HPHPHP
MP
173/173
MPMPMP
 
クラーケン(前)
HP
2046/2046
HPHPHP
MP
350/350
MPMPMP
SP
141/141
SPSPSP
古代の斧B(前)
HP
1874/1874
HPHPHP
MP
173/173
MPMPMP
 
--------------------------------------------------------

line

line

くーちゃんの魔導回復!
くーちゃんのMPが0回復!
くーちゃんの魔導回復!
くーちゃんのMPが0回復!
くーちゃんの行動!
Icon くーちゃん
「ほーら、ぺちぺちしちゃうぞー」
どくどく触腕!No.6 テンタクルウェブ
古代の斧A17のダメージ!
くーちゃんの猛毒!
古代の斧Aに猛毒を2追加した!
古代の斧Aに猛毒を0追加した!
クラーケン9のダメージ!
クラーケンに猛毒を0追加した!
古代の斧B17のダメージ!
くーちゃんの猛毒!
古代の斧Bに猛毒を2追加した!
古代の斧Bに猛毒を0追加した!

line

ねこの生命回復!
ねこのHPが0回復!
ねこの行動!
Icon ねこ
「――――!!」
超音波の様なものを相手にぶつけている…!
クリック音!No.1 バンシークライ
古代の斧Aに恐怖を2追加した!
クラーケンは恐怖に抵抗した!
古代の斧Bは恐怖に抵抗した!

line

くーちゃんの魔導回復!
くーちゃんのMPが40回復!
くーちゃんの連続行動!
Icon くーちゃん
「ほーら、ぺちぺちしちゃうぞー」
どくどく触腕!No.6 テンタクルウェブ
古代の斧A17のダメージ!
くーちゃんの猛毒!
古代の斧Aに猛毒を2追加した!
古代の斧Aに猛毒を0追加した!
クラーケン11のダメージ!
くーちゃんの猛毒!
クラーケンに猛毒を2追加した!
クラーケンに猛毒を0追加した!
古代の斧B16のダメージ!
くーちゃんの猛毒!
古代の斧Bに猛毒を2追加した!
古代の斧Bに猛毒を0追加した!

line

ねこの生命回復!
ねこのHPが0回復!
ねこの連続行動!
波の流れに乗り速度を上げている…
なみのり!No.2 トラックスタート
ねこ行動カウントが4増加!

line

ヴィヴィの行動!
Icon ヴィヴィ
「カモーン!!」
ライトニングロッド!No.1 ライトニングロッド
古代の斧A標的度上がった!
古代の斧A2401のダメージ!
Icon ヴィヴィ
「斬り捨て御免、なんちゃって」
古代の斧Aは倒れた!
Icon 鈍い音を立てて海底に沈んだ!
Icon クラーケン
「…………」
Icon 心なしか斧が威嚇しているようにも見える……
クリーンヒット!
Icon ヴィヴィ
「よいっしょー!」
Icon クラーケン
「……!?」
クラーケン2540のダメージ!
SP消費! (141 → 75)
Icon ヴィヴィ
「斬り捨て御免、なんちゃって」
古代の斧B1871のダメージ!
Icon ヴィヴィ
「斬り捨て御免、なんちゃって」
古代の斧Bは倒れた!
Icon 鈍い音を立てて海底に沈んだ!
Icon クラーケン
「…………」

line

クラーケンは猛毒におかされている……!
クラーケンに138のダメージ! (2)
クラーケンの魔導回復!
クラーケンのMPが0回復!
クラーケンの生命回復!
クラーケンのHPが85回復!
クラーケンの行動!
アンコール!No.1 アンコール
クラーケン物理攻撃力上がった!
クラーケン魔導攻撃力上がった!
猛毒(2→1)

line

クラーケン
は倒れた!
Icon クラーケン
「これほどまでの力が……」
line


|
戦闘終了!
ワカメ
--------------------------------------------------------

デビルフィッシュキャットは勝利した!
くーちゃんはEXPを44取得!
TPを9取得!
SCを1165取得!
EXPを23追加取得!
TPを5追加取得!
SCを597追加取得!

ヴィヴィはEXPを44取得!
TPを9取得!
SCを1165取得!
EXPを23追加取得!
TPを5追加取得!
SCを584追加取得!

ねこはEXPを44取得!
TPを9取得!
SCを1165取得!
EXPを24追加取得!
TPを5追加取得!
SCを618追加取得!


Icon くーちゃん
「はふー…諦めてくれてよかったー」
Icon ヴィヴィ
「どーんなもんだい?」
Icon ねこ
「(ゴロゴロと喉を鳴らしている)」

Icon 糸が切れたかのように、動かなくなった……
Icon クラーケン
「この先へ進み何を望む……?」
Icon 糸が切れたかのように、動かなくなった……
--------------------------------------------------------

|
終了時
ワカメ
--------------------------------------------------------
くーちゃん(後)
HP
4098/4098
HPHPHP
MP
882/952
MPMPMPMP
 
ヴィヴィ(前)
HP
6781/6781
HPHPHP
MP
448/523
MPMPMPMP
 
ねこ(前)
HP
3007/3007
HPHPHP
MP
341/351
MPMPMPMP
SP
214/294
SPSPSPSP
--------------------------------------------------------

|
イベント
ワカメ
--------------------------------------------------------
建物から零れる淡い光が、足元や行く先を柔らかく照らす。
様々な色の光はまるでスポットライトのように、
まだまだ続く道のりを、淡く浮かび上がらせている……。





多くはその残骸やガラクタばかりが行く手を阻む中、
ふと、その朽ちかけた遺跡から気になる4枚の壁画を発見した。
壁画にこびりつく海藻を払いのけながら、その壁画を見やる。

1枚目は、多くの人が繁栄し、豊かな生活をしているかのような平和な画。
その隣の2枚目は、黒い影が次々に人々の営みを破壊し、多くの人が嘆きながらその様を見つめている画。
そしてそのさらに隣の3枚目は、七色に彩られた様々な武具が悪意あるものの周りを取り囲んでいる画――。

そして最後の4枚目は、……残念ながら損傷が激しく原型を留めていなかった。
文字だけは一部、スキルストーンの力で読み取ることができるようだ。

『――時、魔王の封印は解かれる』

これらの壁画は一体、何を表しているものなのか――?

奥からは何か大きな気配が漂っている……。
--------------------------------------------------------

|
アイテムの探索
ワカメ
--------------------------------------------------------
ヴィヴィは周辺を探索…………。

クラーケンリングを手に入れた!
--------------------------------------------------------

|
diary message battle2 battle event status
くらげ
--------------------------------------------------------

ヴィヴィは体力を訓練した。
ヴィヴィは体力を訓練しようとしたが、EXPが足りなかった。
ヴィヴィは体力を訓練しようとしたが、EXPが足りなかった。
ヴィヴィは精神を訓練した。
ヴィヴィは精神を訓練した。

EXPを149ポイント入手した。
TPを5ポイント入手した。

line


スキルNo.20 ライトニングロッド をアイテムNo.20 生命 で改造!
スキルNo.20 ライトニングロッド に 生命 を付加!

スキルNo.20 ライトニングロッド をアイテムNo.21 魔導回復 で改造!
スキルNo.20 ライトニングロッド に 魔導回復 を付加!

スキルNo.20 ライトニングロッド をアイテムNo.23 魔導回復 で改造!
スキルNo.20 ライトニングロッド に 魔導回復 を付加!

スキルNo.21 ディープブリーズ をアイテムNo.8 熱耐性 で改造!
スキルNo.21 ディープブリーズ に 熱耐性 を付加!

スキルNo.21 ディープブリーズ をアイテムNo.12 氷耐性 で改造!
スキルNo.21 ディープブリーズ に 氷耐性 を付加!

スキルNo.21 ディープブリーズ をアイテムNo.16 地耐性 で改造!
スキルNo.21 ディープブリーズ に 地耐性 を付加!

line
--------------------------------------------------------

|
目的の決定
ワカメ
--------------------------------------------------------

目的の決定
line

PNo.1112 くーちゃん
は目的:パーティメンバーに任せるを選択!

PNo.1345 ヴィヴィ
は目的:アトランドで遺跡探索を選択!

PNo.1361 ねこ
は目的:パーティメンバーに任せるを選択!


目的:アトランドで遺跡探索☆☆☆(6)に決定!

--------------------------------------------------------

|
次回予告
ワカメ
--------------------------------------------------------
デビルフィッシュキャット アトランド遺跡の魔物たち☆☆☆
PNo.1112 クトス VS トルネードシャーク
PNo.1345 ヴィヴァーチェ トルネードシャーク
PNo.1361 ねこ 古代の斧
--------------------------------------------------------

|
探索者の叫び
ワカメ
--------------------------------------------------------
探索者の声が聞こえてくる……!


Icon ???
「強敵登場か」
--------------------------------------------------------

|
イベント
ワカメ
--------------------------------------------------------
シーチキンレース
line
Icon ベティ
「全海の競魚ファンが待ったシーチキンレース、セルリアンワールドカップ」
Icon ベティ
「選び抜かれた10尾の魚たちが、ついに出泳を迎えます」
Icon ベティ
「こんにちは皆さん。司会はこの私、ベティが務めさせていただきます」
Icon ベティ
「……あ、その前に。今いる探索者の皆様に探索者協会会長代理からプレゼントが送られております。御確認ください」
Icon ベティ
「今回手に入らなかった方は次回手に入りますので、ご安心ください」




Icon ベティ
「それではセルリアンワールドカップ、出走魚の紹介です」
Icon ベティ
「1番シャチクオーク。セルリアンの刺客、豚っ鼻が特徴の牡魚。
 ややヘビー級ではありますが、スピードをカバーする持ち前のスタミナで一着を狙います」
Icon ベティ
「2番カイテイロウドウオー。この大海の深いところからやってきたブラック種。
 黒光りするボディと擦れた鋭い眼光が他を圧倒するツナブレッド。
 その秘めた凶暴性は、レース終盤に魅せてくれるのでしょうか」
Icon ベティ
「3番ロザリンラブ。珍しい桃色のボディを持つピンクサーモン種の牝魚です。
 見るものを魅了する美しいボディで周囲を釘付けにし、終盤以降は魚が変わったかのような攻撃性でゴールを目指します」
Icon ベティ
「4番ブラックシュナイダー。主にセルリアン原種の大型種。その巨大さは、他種と並ぶと圧倒的です。
 見た目通りのスタミナと、瞬発力が強烈ですが猪突猛進なところが心配点でしょうか」
Icon ベティ
「5番マチカネポレローン。テリメインで幅広く活躍されているポレローン商会による改良種。
 何度も改良して理想のツナブレッドとして仕上げて来ましたが、このセルリアンの海に馴染めているのかどうか」
Icon ベティ
「6番エアクラスター。ストームレインからやってきた暴れん坊。
 尾びれから大量のSPをジェット噴射し驚異的なスピードで他を追い上げ引き離すのが特徴です。
 スタミナが持つかどうかが勝敗の分かれ目でしょう」
Icon ベティ
「7番ナマコブライアン。やや特徴的な姿が印象に残る、テリメインナマコ種の期待の星。
 一見するとレースとは無縁のようなボディをしておりますが、その秘めたるポテンシャルは他の追従を許さないほど。
 今回もその独特な泳ぎで一着を狙います」
Icon ベティ
「8番イワシインパクト。突如セルリアンから参戦した、大型集合体種のツナブレッドです。
 威圧感を放ちながらコースを猛進するその様は、まるで海の王者のような風格を漂わせます。決してイワシではありません」
Icon ベティ
「9番コンブ。ヒラヒラとした海藻のような姿が目を引くグリーンプラント種、その辺の海原産の回避壁。
 軽量型なので波の影響を受けやすいのですが、一旦追い波に乗れば絶好調、そのままゴールを目指します」
Icon ベティ
「10番マシマシガーゴイル。まるで石のような色合い、質感のツナブレッドです。
 見た目の割に滑らかに動くその様子は、さすが古代の歴史が数多に眠るアトランド原産といったところでしょうか。
 ボディは重たいですが一度軌道に乗ると安定した泳ぎを見せます。時折目からビームが出るのも特徴的です」
Icon ベティ
「以上、10頭だてのレースとなります」




・※ショップ画面から10種類の魚券を購入可能です。
※今回SS:【スキルスロット増加(7)】がプレゼントされています。スキルスロット増加(7)を選択すると、TPが続く限り、7スロットまで増加します。
--------------------------------------------------------

line1
diary message battle2 battle event status
ワカメ
PNo.1345 ヴィヴァーチェ  >> 各種宣言 <<
キャラクターイメージ プロフィール
愛称 ヴィヴィ
種族 悪魔
性別 女性
外見年齢 13歳
【一人称】私
【二人称】○○君、さん 親しい相手には呼び捨て
【身長】150cm程 【体重】40kg程
【好きなもの】甘いもの、挑戦心、面白いこと
【嫌いなもの】苦いもの、崇拝と信仰、面白くないこと


ある世界からふらりとやってきた悪魔の一柱。
華奢な体に短めの金髪、
肩から腰にかけてはしる大きな傷痕と隻腕、
そしてフードつきのコートを羽織っているのが特徴。

明るく社交的で人見知りをしないが、
会話の中に息をするように嘘と冗談を織り交ぜるので、
本当のことを言っているのか分からない部分がある。
悪魔らしく契約については誠実だが、それ以外では飄々として
つかみどころが無い部分も。

彼女自身は
『困難に挑み、己のあらゆるものを賭けてそれを乗り越える有り様』
を好む悪魔であり、それを見届ける為に契約を持ちかけてくることがある。

この契約は、先に対価を支払うことでヴィヴィを契約に基づく範囲で自由に使役することができるというものであり、
支払われる対価のレベルでその内容が異なってくる。
ただし、ヴィヴィも協力し便宜を図りはするが、
求められる対価が非常に困難であることから、
この契約を達成した者は僅かに三名しかいないという。


【契約】悪魔の力の及ぶ範囲において、契約者の願いを叶える。
【対価】契約者は悪魔の提示した刃で悪魔を斬り伏せなければならない。

【契約の刃】

『下級:刃が潰れ、常に脂にまみれている刃』
『中級:物に触れると、圧力を分散させる刃』
『上級:柄と鍔以外がホログラムで出来た刃』

【規則】
契約者は己の願いに応じた刃を悪魔より受け取り、
その刃で悪魔を斬ることで悪魔を使役することができる。
悪魔は対価の遂行に際して契約者に便宜を図りある協力することが許されている。
[所持アイテム]
No. アイテム名 種類 強さ 備考
1 受身 TG 2
SS:威力減・自:被ダメージ減(1T)
2 不思議なコート 防具 21 防御力強化
6
魔防力強化
5
┗重鎧 物防力↑ 物回避↓
3 TGシェルボックス(Rank3) 抽選 3
使用アイテム
4 怪しい影 装飾 36
装備中 防御力強化
10
魔防力強化
16
┗重盾 物防力↑ 物回避↓ 素早さ↓
5 【味SP○%以下】 TG 0
【使用条件】
6 ファイアパターンの水着 防具 36
装備中 防御力強化
17
魔防力強化
9
┗炎魔の水着 運命力↓ 熱耐性↑
7 クラーケンリング 料理 3
使用アイテム
8 SS:【スキルスロット増加(7)】 常駐 4
9 猛毒 TG 0
SS:猛毒付加
10 拾った錨 武器 36
装備中 攻撃力強化
16
命中力強化
10
┗錨 射程2 物攻力↑ 物命中↓ 素早さ↓
11 大吉 TG 0
【戦闘開始前】運命力増
12
13
14
15 【全○人以上】 TG 0
【使用条件】
16
17 集約 TG 3
SS:範囲を単体に・単体時威力増
18 SS:【スキル改造枠6】 常駐 2
19 【自SP○%以下】 TG 0
【使用条件】
20
21
22 TG:【TG除去アイテム化】 自動 2
23
24
25
26
27
28
29
30
[習得スキル]
No スキル SHP SMP SSP 属性 Slot 射程 【使用条件】
1 スラッシュ 0 0 3 3 +0 自SP50%以上
┗スラッシュ 敵:物理攻撃 実質SMP:10
2 クロール 0 0 5 3 - 1行動目
┗クロール 自:素早さ増 実質SMP:16
3 エアロシュート 0 10 5 3 +2 自SP50%以上
┗エアロシュート 敵:物魔攻撃 実質SMP:26
4 チャージ 10 0 1 3 +1 自HP50%以上
┗チャージ 敵:物理攻撃 実質SMP:4
5 ブレスケア 0 20 0 3 - 味SP50%以下
┗ブレスケア 味:HP回復・SP回復 実質SMP:20
6 ディフレクション 0 10 12 3 - 1行動目
┗タウント 自:狙われやすくなる 実質SMP:48
  ┗生命回復 【行動開始前】HP回復
7 プチバインド 0 5 4 3 +0 自SP50%以上
┗ダブルアタック 敵2:物理攻撃 実質SMP:18
  ┗麻痺 SS:麻痺付加
8 ヒール 0 10 0 3 - 味HP50%以下
┗ヒール 味:HP回復 実質SMP:10
9 ガードケア 0 10 13 3 - 自HP50%以下
┗ガードケア 自:(1T)被ダメージ減⇒自:HP回復 実質SMP:51
  ┗反撃 【被物理攻撃時】敵:攻撃
  ┗熱耐性 【戦闘開始前】熱耐性増
  ┗渦耐性 【戦闘開始前】渦耐性増
10 マジックブラスト 5 10 0 3 2 自HP50%以上
┗マジックブラスト 敵:魔導攻撃 実質SMP:10
11 クロール 0 0 5 3 - 1行動目
┗クロール 自:素早さ増 実質SMP:16
12 ヘビーショット 0 0 10 3 +2 1行動目
┗ヘビーショット 敵:射撃物理攻撃 実質SMP:32
13 グレイシアス 0 20 0 3 - 5行動毎
┗グレイシアス 敵:(3T)物回避・魔回避減 実質SMP:20
14 ハイパーベンチレーション 0 0 25 3 - ○行動目
┗ハイパーベンチレーション 自:(1T)ダメージ増 実質SMP:79
  ┗【○行動目】 【使用条件】
  ┗地属性 【戦闘開始前】地属性増
15 ポイズンウェーブ 0 75 10 3 +0 自SP50%以上
┗スイープ 敵全:物理攻撃 実質SMP:107
  ┗効果増 SS:威力増
  ┗猛毒 SS:猛毒付加
  ┗巨大化 【攻撃限定】SS:威力増・命中半減
16 ランダマイズアロー 0 70 15 4 4 1行動目
┗トリプルシュート 敵3:物理攻撃 実質SMP:117
  ┗巨大化 【攻撃限定】SS:威力増・命中半減
  ┗効果増 SS:威力増
  ┗ランダム化 SS:【使用条件】が同一の場合優先度がランダム化・Slot増
  ┗フォームチェンジA 【戦闘開始前】装備射程1減・減少時物理攻撃力増
17 グレイシアス 0 20 0 3 - 5行動毎
┗グレイシアス 敵:(3T)物回避・魔回避減 実質SMP:20
18 コンセントレイト 0 20 10 3 - 自MP50%以下
┗コンセントレイト 自:MP回復 実質SMP:52
  ┗物攻 【戦闘開始前】物理攻撃力増
  ┗効果増 SS:威力増
  ┗物攻 【戦闘開始前】物理攻撃力増
19 スイープ 0 0 10 3 +0 自SP50%以上
┗スイープ 敵全:物理攻撃 実質SMP:32
20 ライトニングロッド 0 20 35 3 +1 1行動目
┗ライトニングロッド 敵:狙われやすくなる・敵列:物理攻撃 実質SMP:130
  ┗生命 【戦闘開始前】MHP増
  ┗魔導回復 【行動開始前】MP回復
  ┗魔導回復 【行動開始前】MP回復
21 ディープブリーズ 0 0 45 3 - 自:状態異常時
┗ディープブリーズ 自:状態異常深度回復・祝福・物防増 実質SMP:141
  ┗熱耐性 【戦闘開始前】熱耐性増
  ┗氷耐性 【戦闘開始前】氷耐性増
  ┗地耐性 【戦闘開始前】地耐性増

データ
目的 アトランドで遺跡探索(6)
MHP 7204
MMP 570
MSP --- SP なし
体力 1293 魔力 88
敏捷 167 精神 350
器用 314
PLV 9165
EXP 193 TP 206
SC 11790
パーティメンバー
PNo.1112 くーちゃん
1345
1345
1345
PNo.1361 ねこ
アイコン
0 1 2 3 4
1345
1345
1345
デフォルト
デフォルト
5 6 7 8 9
デフォルト
デフォルト
デフォルト
デフォルト
デフォルト
リンクリスト
PL名:稲荷屋