Seven Seas
-DAY18-

|
潜航日誌 diary message battle2 battle event status
ワカメ
--------------------------------------------------------

エイニがディドと話をしたらしい
ディドはすごく怒ってる
いつも怒ってるけど

エイニを殺すとか言ってる
協力しろと言われた

エイニは何を言ったんだ?



Icon


 エイニがディドに話した内容そのものは想像に容易かったが、その何がディドをああも憤慨させたのかはクロニカには分からなかった。
 自分の意思でないことを他人に強いられたからだろうか。
 ディドは自ら選ぶということを強く重視しているというのがクロニカの認識だった。雇用関係を切る切らないの話をした時も、クロニカが血を求める事情を言うか言わないかの話題の時も、ディドの根源はそう在った。
 自分の中に残っている、誰のものとも知れぬ言い付けを守りながら、多くは求めず日を生きるクロニカとの会話は当然ながら噛み合わない。クロニカの言葉はいつもディドを苛つかせた。
 もともと朗らかな人格の持ち主ではないが、常に渋面を作っているのは自分の言動に依るところも大きいのだろうとそろそろクロニカは察しつつあった。

 だがそのクロニカでもディドをあそこまで激昂させたことはない。
 殺す、と言った。ディドは。エイニを殺す。
 その言葉は怒り任せのそれであるようにも思えたが、さりとて頭が冷めて気が変わった、となるほど軽いものであるとも考え難かった。
 実際、ディドは準備をすると言って一人で宿を出て行ってしまった。探索も今日はお互い個人でだ。
 空になった隣のベッドを眺めて、そろそろ自分も出立せねばならぬかとぼんやり考える。
 おかしな敵に遭遇しなければよいが。魔力で吹き飛ばせない相手はクロニカの手に余る。持久戦は苦手なのだ。



 殺すのか、と問うたクロニカに、それが確実だろう。ディドはそう答えた。

「後腐れがない」

 海に潜っていたのはエイニに突き落とされてのことだったのだろう。クロニカがやった真逆をやられたわけだ。
 濡れた髪を布で拭きながら、ディドの言葉は相変わらず簡潔で短い。

「次の追い手が来たらそこでまた殺せばいい」
「え、えーと……殺さなきゃダメか?」
「なぜ?」

 心底から訝しがるような顔をされて逆に言葉に詰まる。

「……えーと……。……生きてるんだし……」
「面倒なことだ」

 吐き捨てるような言い方をしたディドに、あれはどういう生き物だなどと問われるがクロニカがそれを知る筈もなかった。ニールネイルは混血の一族で、同族とは言え全く異なる特徴を持った者たちの集まりで、里を出て久しいクロニカに思い当たるものがあるはずもなく。
 それでも何か出てこないかと首を捻りかけたところで、あ、と思い当たる。数日前にエイニに会った時、そのことを日記に記した筈だった。同族のことは忘れやすいから書いてあるはずだ、そう思って自分の荷から日記帳を探し当てる。
 よれよれの装丁を開いて、二日前。

「……とりあえず、逃げたから追いかけてきてる……?」
「それは知っている」

 思ったよりも新情報がなかった。

「連れて帰るつもりだろう」
「うん。……あ、あと、狩人は、そういう役目だから」

 そういう役目。狩人。追跡能力が高く、腕に覚えのある者たち。これは日記にあったからではなく、クロニカ個人が覚えていることだ。
 ニールネイルがどういう一族であるか。その在り方。仕組み。しきたり。そういった知識はまだクロニカの中からは抜け落ちていない。
 覚えられないのは、個人のことだ。

「だから、だいたい戦えるやつが選ばれて……戦えるやつは、そういう風に生まれてることが多いから……」

 だから、エイニは強い筈。
 そう繰り返そうとして、途中で疑問に舌が止まる。

「どうした」
「なんで逃げたんだ?」
「…………」

 ディドからのいらえはない。
 当事者であっても分からないのならクロニカが今更分かる筈もない。
 諦めて日記帳を閉じた。自分の脳に頼る。二日前のことだ。流石にまだ残っている。自分が逃げたときのことも思い出せる。

「……この前はスキルストーン、持ってなかったみたいだけど」
「テリメインでならスキルストーンはいくらでも手に入る。次は海の中で戦うことになるか」

 あくまで戦う気だ。ディドは。
 こんなにも積極的な雇い主は初めて見たかもしれない。金を稼ぐためにテリメインを訪れた、そう言いながら、然程には欲深さを見せずにいた。
 その点を問えば、

「邪魔をされるのはごめんなんだよ」

 唸るような返答が戻った。

「邪魔」
「そうだ。目障りだ」

 考え込む。どうやらディドは相当にエイニに憎悪の念を向けているし、エイニを排除したいと願っているし、その為に手段を選ぶつもりはなさそうだった。
 金を稼ぐと言いながら海賊行為を働くことはしてこなかったから、そういった他人を害す行為は嫌っているように思ったのだがそうでもなかったのか。
 違うか。相手を見て言っているのだ。
 無差別に人を襲うことは好まずとも、殺すべきと定めた相手ならば、殺してもいいと思っているのか。

「……ディドの言い分はわかっ……うーん……分かったことにするけど」

 とはいえ一応エイニはニールネイルの者で、クロニカの身内で、しかも割とクロニカの身勝手ゆえにここまで来る羽目になったといった気配もあり。
 分かった、と断言するのはなかなか心情的には難しく。

「……殺すのかぁ」

 殺すというのも、やはり、どうにも。

「付きまとわられたいか」
「それはやだけど……」
「応援を呼ばれても面倒だ」
「それもそう、だけど……」

 完全に丸め込まれる流れである。相手が雇い主だから仕方ないと言えば仕方ない。基本的にはディドが優位である。
 しかも問題を持ち込んだのはクロニカの側だ。
 それにしたって随分とぐいぐい来る。

 ――クロニカがエイニのことを、追手が掛かっていることをディドに話さなかったのは、話を整理するのが面倒というのもあったが――それが言い訳に過ぎなかったから、という面もあった。
 つまり、里に連れ戻されるのが嫌で、ディドとの雇用契約の話を持ち出したのだ。これがあるから帰れない、と。
 だが、クロニカはディドとの契約関係が強固なものではないことを知っている。お互いの、或いは片方の意思で容易く縁も契約も切れてしまうことを知っているし、それを悲観するつもりもなかった。
 ディドの側もそうだろう。クロニカはディドにとっては便利な戦力に過ぎない。安く雇える。血を与えるのは嫌だがその点に目を瞑っても構わない程度には使いやすい。その程度のものだろう。
 だから、つまり、要するに、

「えーと……意外?」
「意外?」
「連れ去られても関係ないみたいな感じかと……」

 ディドは、クロニカが問題を抱えていると分かれば、その場で契約関係を切ってしまうだろうと思っていたのだ。
 エイニは何か対価を示したことだろう。それがディドの意に添うものであるかは分からないが、クロニカが提供できる以上のものは恐らく用意できたのではないだろうか。狩人にはある程度の自活能力、調達能力が求められる。それは即ち目標へと確実に辿り着き、連れ戻すための能力だ。
 だから、意外なのだ。ディドがエイニの話を蹴って、クロニカとの雇用関係を選んだことが。

 そうして欲しかったのか。ディドに問われて、クロニカは首を傾げた。

「……そうじゃない方がいいけど、殺すのは、なんか」

 なんか、というより、

「……ていうかできる気しないし……」
「それはどういう意味でだ」
「え、狩人だいたい強いし。強いからそういう役目なわけだし」

 エイニはなにせ上背があった。クロニカが全力で押してもびくともしなかった。鍛え上げられた身体をしているのだろう、身体能力も恐らく自分たちとは比べ物にならない。
 獣人の類はただでさえ高い俊敏性を備えていることが多かった気がする。あれは犬や狼の類か、であれば鼻もきくしなんなら聴覚も鋭い。

「……あの体が一瞬動かなくなったような力か」
「そんなのあったのか。……まあ、総合的にだいたい、結構強い」

 それは初耳だが。クロニカに対しては使われなかった。使うまでもなかったのか。すぐ腕掴まれたしな。
 どちらにせよ運動能力に加えてそういった力まで持ち合わせているとなるとさらに難敵だ。敵に回してどうにかなる気がしない。
 さてはてどうしたものか。というか。

「……なんで逃げたんだ?」
「…………」

 やはりディドからのいらえはなく。

「……とりあえず、俺が言えるのはそんな感じで……そんな感じなので、えーと……うーん……」

 殺すとは言えないけど。言えないけどそれ以上もそろそろ止める説得力がないことを認めざるを得ない。
 ディドの言うとおり、クロニカも帰りたくはないのだ。連れ戻されたくない。殺したくもない。我儘を言っても通らないということか。
 煮え切らない口調で日記をしまうクロニカには、

「やり方は考える」
「……そうか」

 そういう問題じゃなくて、などとは最早言えよう筈もなかった。



「まあ、じゃあ、それはそれとして」
「…………」
「そろそろ血が欲しいので、えーと、ください」
「…………」

 ――一瞬だけナイフの切っ先を向けられたような気がするが、恐らく気のせいだろう。

--------------------------------------------------------

|
パーティメッセージ
ワカメ
--------------------------------------------------------
PNo.68 クロニカ・Y・ニールネイル
からのメッセージ:
Icon
Icon クロニカ
「ひとり……」
--------------------------------------------------------

|
メッセージ diary message battle2 battle event status
ワカメ
--------------------------------------------------------
PNo.63 ぽち
にメッセージを送った。

PNo.66 シンテツ・ウナミ
にメッセージを送った。

PNo.71 迷探艇エルキュール&ポワロ
にメッセージを送った。

PNo.465 イグニス=ファタス
にメッセージを送った。

PNo.557 ナダル・コリエンテ
にメッセージを送った。

PNo.735 サフィル・ド・シャニィ
にメッセージを送った。

PNo.934 フラック
にメッセージを送った。

PNo.958 ミアー・サイニス
にメッセージを送った。

PNo.964 アズテア・ドーン
にメッセージを送った。

PNo.970 ギベオン=ナミビア
にメッセージを送った。

PNo.988 キィス・アトリー
にメッセージを送った。

PNo.1165 クラック
にメッセージを送った。

PNo.1359 アルトリウス=ペンドラゴン
にメッセージを送った。

PNo.1386 マリナ・マーマル
にメッセージを送った。

PNo.1395 Rhizaria Furiae
にメッセージを送った。

PNo.1439 おさかなとかみさま
にメッセージを送った。

PNo.1454 ガーデン・イール
にメッセージを送った。



PNo.76 ノクティルカ
からのメッセージ:
Icon ルカ
「ディド?」
[やはりわからなかったようで首を傾げ]
Icon ルカ
「お金……あっ、働かせてくれる人。不機嫌な人のところで働いてるんだ」
Icon ルカ
「なんでなんだろ……クロニカは意地悪な感じしない。と、僕は思う。なにか悪いことした?」
[悪いことをしていないのに相手が不機嫌になる、という状況をルカはあまり想像できず、経験もしたことがなかった。ので何か失敗でもしたのかな、と軽い言い方で聞いた。]
Icon ルカ
「うー……?でも血って、体の中にあるのだよね。もらうと何かいいことある?お金は買い物ができるけど」

PNo.164 水の精霊『ディーネ』
からのメッセージ:
Icon ディーネ
「・・・・・・・・・・・・。」

Icon ディーネ
「そうですよね。痛いものは痛いですし・・・・・・。一攫千金を
 求めてカジノに向かう人達であれば、『対価』を要求するはずですものね」

Icon ディーネ
「・・・・・・確かに欲が強い人であれば、いきなり言われても・・・・・・ですものね」

Icon ディーネ
「何かいい方法を考えてみましたがいい手段ではありませんでしたね。
 なんだかごめんなさい」

PNo.239 レイルーム・ミルラ
からのメッセージ:
Icon レイルーム
「…………。空の向こうに、ある国があることをご存知ですか?」
Icon レイルーム
「私はそこの出身の種族なのです。珍しい格好してるのも、それのせいでしょうかね…?」

 今の姿は本当の姿ではないですけど、と小さく呟いて。

Icon レイルーム
「私ですか? レイルーム・ミルラと申します。
クロニカさん……ですね? 覚えました。

またいらして下さい。貴方に歌って差し上げるのは大歓迎ですので」

PNo.488 水底の亡霊
からのメッセージ:
Icon 『フィリア』
「~♪ ♪」

暖かくも冷たくもなかった海が、ふたりのまわりだけ氷水のように冷え切っていきます。
けれど、幽霊は歌うことを止めません。
むしろ冷えていく空間こそが心地よいのか、うっとりと瞼を閉じたまま――




Icon 『フィリア』
「…………?」

どうも様子がおかしいと彼女が気付いたのは、それから暫く経ってからでした。
歌いながら何となく薄目を開けて青年の方と見ると、服装が変わっているような気がしたのです。
あれ?と思った幽霊は、歌うことをやめてぼーっと青年を見つめています。

PNo.645 ヴィンセント・イドール
からのメッセージ:
Icon ヴィンス
「テリメインがっていうか、大人がっていうか・・・うん、時々しんどいけど、大人もいいもんだよ。うん。」
Icon ヴィンス
「へへっ、どうもありがと。そう言ってもらえるだけでも嬉しいよ。ひょっとしたらまたお願いするかも。」
Icon (それからふっと表情を変え)
Icon ヴィンス
「・・・どうした?ディド?」
Icon (なにか覚えのない単語に、眉をひそめた)

PNo.740 オレガノ
からのメッセージ:
Icon オレガノ
「話が勢いよく空の彼方に行ったね。
 血がまずいのはわかったから帰ってきて。」
Icon オレガノ
「つまり、呪いで死産になるけど、それを解く鍵が血を飲むことだから
 ディドって人に頼って血をもらっているってこと?」
Icon オレガノ
「……いや、それより一番疑問なのは……。」
Icon オレガノ
「君、さっきしれっと不妊って言ったけどまさか女の子だったの?」

PNo.912 ドリスルーブラ・メルゴモルス
からのメッセージ:
Icon ドリス
「でも、陸地が少ないってことは、そこに必要なものは大体揃ってるのよ」
Icon ドリス
「これを買った店なら、教えてあげてもいいけど……
 でも、アナタに合うかは分からないから。
 自分で探してみなさいな」
Icon ドリス
「アナタの言ってること、よく分からないわね。
 近親者のことを忘れていく、とでも言いたいの?」
Icon ドリス
「あら、そう。律儀なのね」
Icon ドリス
「私なら、得体の知れないモノなんて。
 きっとすぐに捨てちゃうわ」

PNo.927 ミカンテ
からのメッセージ:
Icon

<め、めっちゃふにふにされてる…>
(恥ずかしがりながら耐えている)

(ふにふにが止み、「お前も触る?」と問われ、自分の手を差し出される)
Icon

<えっ… いや… あの… じぶんのてを さわっても…>
(困惑する黄色い生物)

Icon
<やわらかいのが そんなにいいかな…?
 ぼくは ちょっとかたいくらいが すき…>
Icon

<…💡!>
(黄色い生物は、「触る」の対象を意図的に曲解し、差し出された自分の右手ではなく、クロニカの腕を左手でつかみ、感触を確かめようとする)

PNo.948 鉄山紘介
からのメッセージ:
Icon 紘介
「船で沖合にでていたんだけど、どうも気を失っていた時に流されたらしくて、方角も何もわかったもんじゃなくてね。」
Icon 紘介
「やみくもに船を走らせても燃料ばかりなくなって、それこそ行き倒れてしまうから、地道に手がかりを探してるんだよ。」
Icon クリス
「でももう一度流されてみるのも手かもしれませんね。」
Icon クリス
「もしかしたら気が付いたら戻っているかも。」
Icon 紘介
「そんな偶然に期待するしかないのか…。」

PNo.1244 ユリウシュ・ウゴリロトフ
からのメッセージ:
Icon ユリウシュ
「はぁ? 金があるからの間違いだろ。
貧乏人にゃ、お妾なんて囲ってる余裕はねえからな。」
Icon ユリウシュ
「…にしてもナンだな。
雇うだのなんだの、ねーちゃんも色々と訳ありみてえだな。」

ユリウシュは少しバツが悪そうな顔をした。

Icon ユリウシュ
「血が云々つうのは、ひとまず置いといてだ。
つまりねーちゃんは恋人つうより、一時の寂しさ凌ぎで雇われてるわけか。」
Icon ユリウシュ
「まあディドさんにも、100人の奥方への体面ってもんがあらぁな。
ぽっと出の身分で家を乗っ取ろうなんてのは、ちと大それた考えだったな。」
Icon ユリウシュ
「だが、ねーちゃんがディドさんを好きだって気持ちはよぅく分かったぜ。
好きな奴に嫌われたり、離れられたりするのは嫌なもんだもんな。」
Icon ユリウシュ
「なら子供が居ようが居めぇが関係ねぇや!
大事なのは、そのディドさんと一緒に居てえっていうその気持ちよ!」
Icon ユリウシュ
「それに、あんま自分のことを卑下する必要も無いと思うぜ。
ねーちゃんより良い相手なんて、そうそういる筈ないじゃんか。」
Icon ユリウシュ
「なんたって、ディドさんがねーちゃんを選んだんだからな。
少なくとも、今のねーちゃんとは一緒に居たいって思われてるってこったろ?」
Icon ユリウシュ
「それに、わざわざ旅の道連れに女を雇うくらいだからな。
案外、ディドさんってのは寂しがり屋なのかも知れないぜ? ヘヘッ。」
Icon ユリウシュ
「…まあ、それを差し引いてもだな。
血をくれって言われたら、普通は嫌がるモンだとは思うけどよ……」

Icon シャチ
「プァー」
Icon ユリウシュ
「だいたい何で血なんて欲しがるんだ?
あんなもん、飲んだって美味いモンでも無いだろうにさ。」
Icon ユリウシュ
「…待てよ。 でもディドさんの血だもんな。
金持ちの血なら、貧乏人とは全く別モンだとしても不思議じゃねぇな。」
Icon ユリウシュ
「思い出してみりゃ、ディドさんは桃とか毎日食ってそうな顔してるもんなぁ。
ひょっとしたら、血も桃の味や香りがするのかも知れねえな!」
Icon ユリウシュ
「どうなんだ、ねーちゃん!
ディドさんの血は、そんなに美味しい血なのか!?」
Icon ユリウシュ
「もしそうならよ。
今度会った時にゃ、俺も一口で良いから味見してみてぇもんだな…。」

PNo.1245 Z姫
からのメッセージ:
Icon Z姫
わっ
突然、声をかけられて飛び上がるが、少年の姿を確認すると、

Icon Z姫
「……あっ、れんしゅーじあいのヒトだ」

Icon Z姫
「……えっと?」

Icon Z姫
「うーん?つよいのはすごくてどうしてる……え?えっと??」

わたわたと伝えてくる言葉を首を傾げながら聞いているが、

Icon Z姫
「あ!」
どうやら、どうやったら強くなれるかを聞かれてると気付いたようで、

Icon Z姫
「あのナー、私はこれを使ってるんだ。『すきるすとーん』」
少年に自分の持ってる石を見せる、

Icon Z姫
「それでナー、これに、この『じぇむ』をこうやって……こう」
石に宝石をガチャッとはめる。

Icon Z姫
「これを、両方なー、お店でコインと交換していっぱい集めて、持ってると、魔法が強くなるゾ」

Icon Z姫
このときに気をつけないといけないのは、勝手に持って行っちゃダメってことだ。
コインを出さないと怒られるからナ」

Icon Z姫
「コインはマモノを殴ると出てくるから……だから、そう……マモノをたくさん殴ると強くなる

Icon わかったか?
というように少年をジッと見る

PNo.1310 WHO-L
からのメッセージ:
【クロニカが腹を撫でる仕草を見て、楓選は興味深げに目を開く】

Icon 楓選
「む…ぬし、孕む側であったか」
Icon 楓選
「見たところでは男のように見えるが、特異なる生体をしておるの。
雌雄同体の生物やらは確かにおるが、人型の個体と出会うのは初めてじゃ」
Icon 楓選
「そしてその口振り。
生きる糧は血であろうか。
それも血により糧となり得るかの是非があると」
Icon 楓選
「実に興味深いの。
婆はぬしへの興味が深まった。
良ければぬしという種族について色々と聞かせては貰えぬかの」

PNo.1312 氷山
からのメッセージ:
Icon イッカク
「ウッ!シャベル、デキル!」
肯定する姿はどこか誇らしげだ。
Icon イッカク
「ビン?……イッカク、ヒョウザン。ビン、クル、オオイ。ビン、ナガス、マチガイ?カエス、ホシイ?カエス、イイ。モッテテモッテテ!」
間違えて流してしまったのだろうか。なら、返さない理由はない。

PNo.1341 デジデリオ
からのメッセージ:
Icon デジデリオ
「器……あ、そういえば!」

Icon デジデリオ
「これ、酔い冷まし用の保険の水だったんだけど、さすがに今は使わないし使っちゃおうか」

【と、デジデリオは腰元からいそいそと水の入った小瓶を取り出すと、
 中身を地面に潔く捨てているかもしれない】

Icon デジデリオ
「ひとまず、手首……でいいのかな? っと」

【などと、貴方の反応を見ながら手首を切ってみる。
 おそらく小瓶は貴方に持たせているか、そうでなければ彼が自ら注いでいるだろう】

Icon デジデリオ
「血を飲んだら冴える、かぁ……世の中にはまだまだ知らない種族が多いね〜」

Icon デジデリオ
「まあ、俺もお酒とか飲んだりしたらテンション上がったりしちゃうし……って、お酒は薬じゃないから一緒にしちゃダメか」

Icon デジデリオ
「あ、全然見てなかったけど、血ってこのくらい? どのくらいの量まで入れたらいいんだろう?」

PNo.1391 アルストリア=エーテルフォージ
からのメッセージ:
Icon アルス
「…なんか、
逆にアンタがディドって奴の事が大好きさんなのはよっく分かったわ…。
気をつけろよ、アンタ簡単に騙されやすそうだし(*いましつれいなことをいったぞ)」
Icon アルス
「…ま、そのディドって奴とは俺が顔合わせるとケンカしそうだな。
話聞く限りじゃなんとなく。」
Icon アルス
「…ン。」
Icon アルス
「おいおい、最後に今なんかサラっとすげぇ事言わなかったか?
殺すって誰が誰をだよ?」
--------------------------------------------------------

|
ボトルシップメッセージ
ワカメ
--------------------------------------------------------
メッセージはありません。
--------------------------------------------------------

|
参加コミュニティ
ワカメ
--------------------------------------------------------
コミュニティNo.68 混ざり血の溜まり場
 で、3人の発言がありました。
コミュニティNo.45 かに
 で、17人の発言がありました。
コミュニティNo.162 潜航日誌がんばりたい!
 で、18人の発言がありました。
コミュニティNo.428 【うちの子】貸し借りOKコミュ【よその子】
 で、0人の発言がありました。
コミュニティNo.557 フヴェズルング級巡洋艦四番艦ミドガルズオルム
 で、3人の発言がありました。
コミュニティNo.582 海の家”かもめ亭”
 で、2人の発言がありました。
コミュニティNo.644 學校
 で、0人の発言がありました。
コミュニティNo.676 巡航潜水艇ケトゥス
 で、2人の発言がありました。
コミュニティNo.931 私的なラジオをする為のコミュニティ
 で、7人の発言がありました。
コミュニティNo.1103 突撃メッセコミュ
 で、3人の発言がありました。
コミュニティNo.1199 画像・日記・台詞抽出許可
 で、0人の発言がありました。

コミュニティNo.45 かに
 で、1件発言しました。
コミュニティNo.68 混ざり血の溜まり場
 で、1件発言しました。
--------------------------------------------------------

|
アイテム
ワカメ
--------------------------------------------------------
クロニカはアイテムNo.8 TGシェルボックス(Rank2) を使用した。

TGシェルボックス(Rank2)
その辺に落ちていた貝殻。中に何か入っているかもしれない。

貝開封!
無付与をゲット!
Icon クロニカ
「ぱかぱか」

line
クロニカはアイテムNo.10 温泉魚卵 を使用した。

温泉魚卵
温泉熱でちょっと火が通った半生の魚卵。
そのままでも、サラダに混ぜても、テリメイン米と一緒にOTKGにしても良い。

器用が7上がった!
Icon クロニカ
「むしゃむしゃ」
--------------------------------------------------------

|
特殊戦闘
ワカメ
--------------------------------------------------------
合言葉チェック!
現在あなたの闘技大会合言葉を設定しているメンバーは、あなたを含めて3人います。
--------------------------------------------------------

|
練習戦闘 diary message battle2 battle event status
ワカメ
--------------------------------------------------------
彼方より来たりて たかが石ころ一つ
PNo.68 クロニカ・Y・ニールネイル VS PNo.1539 石
--------------------------------------------------------

line
Icon
Icon クロニカ
「いし?」


line

|
戦闘開始!
ワカメ
--------------------------------------------------------
クロニカ(後)
HP
1657/1657
HPHPHP
MP
679/679
MPMPMP
SP
250/250
SPSPSP
石(中)
HP
3053/3053
HPHPHP
MP
687/687
MPMPMP
 
--------------------------------------------------------

line

line

クロニカはアイテムNo.1 格闘 を武器に装備!
クロニカはアイテムNo.2 着の身着のまま を防具に装備!
クロニカはアイテムNo.3 リング を装飾に装備!

line

はアイテムNo.10 地魔の宝石 を武器に装備!
はアイテムNo.2 石 を防具に装備!
はアイテムNo.3 石 を装飾に装備!

line

クロニカの魔攻!
クロニカの魔導攻撃力が増加!
クロニカの魔攻!
クロニカの魔導攻撃力が増加!
クロニカの魔攻!
クロニカの魔導攻撃力が増加!
クロニカの機敏!
クロニカの素早さが増加!
クロニカの魔攻!
クロニカの魔導攻撃力が増加!
クロニカの生命!
クロニカのMHPが331増加!
クロニカのHPが331増加!
クロニカの生命!
クロニカのMHPが398増加!
クロニカのHPが398増加!
クロニカの生命!
クロニカのMHPが477増加!
クロニカのHPが477増加!
クロニカの生命!
クロニカのMHPが573増加!
クロニカのHPが573増加!
クロニカの熱属性!
クロニカの熱属性が増加!
クロニカの氷耐性!
クロニカの氷耐性が増加!
クロニカの魔攻!
クロニカの魔導攻撃力が増加!
クロニカの魔攻!
クロニカの魔導攻撃力が増加!
クロニカの魔攻!
クロニカの魔導攻撃力が増加!
クロニカの命中!
クロニカの物理命中が増加!
クロニカの魔導命中が増加!
クロニカの魔導!
クロニカのMMPが136増加!
クロニカのMPが136増加!
クロニカの熱属性!
クロニカの熱属性が増加!
クロニカの熱属性!
クロニカの熱属性が増加!
クロニカの熱属性!
クロニカの熱属性が増加!


line

の生命!
のMHPが611増加!
のHPが611増加!
の生命!
のMHPが733増加!
のHPが733増加!
の地属性!
の地属性が増加!
の地属性!
の地属性が増加!
の地属性!
の地属性が増加!
の地属性!
の地属性が増加!
の地属性!
の地属性が増加!
の魔攻!
の魔導攻撃力が増加!
の魔攻!
の魔導攻撃力が増加!
の魔攻!
の魔導攻撃力が増加!
の小吉!
の運命力が増加!
の魔攻!
の魔導攻撃力が増加!
の魔攻!
の魔導攻撃力が増加!

line

|
ターン1
ワカメ
--------------------------------------------------------
クロニカ(前)
HP
3436/3436
HPHPHP
MP
815/815
MPMPMP
SP
250/250
SPSPSP
石(前)
HP
4397/4397
HPHPHP
MP
687/687
MPMPMP
 
--------------------------------------------------------

line

line

クロニカの魔導回復!
クロニカのMPが0回復!
クロニカの行動!
クロール!No.1 クロール
クロニカ素早さ上がった!

line

クロニカの魔導回復!
クロニカのMPが5回復!
クロニカの連続行動!
ヒートウェイブ!No.3 ヒートウェイブ
効果増!
1045のダメージ!
966のダメージ!
は攻撃を回避した!

line

の生命回復!
のHPが165回復!
の魔導回復!
のMPが0回復!
の行動!
弾ける!No.1 ヒートウェイブ
狙撃!
クロニカ899のダメージ!
クロニカ935のダメージ!
クロニカ1058のダメージ!
の水圧!
クロニカに水圧を2追加した!
の追加攻撃!
クロニカ510のダメージ!
line

|
ターン2
ワカメ
--------------------------------------------------------
クロニカ(前)
HP
34/3436
HPHPHPHP
MP
765/815
MPMPMPMP
SP
200/250
SPSPSPSP
石(前)
HP
2551/4397
HPHPHPHP
MP
579/687
MPMPMPMP
 
--------------------------------------------------------

line

line

クロニカは圧迫されている……! 素早↓ (2)
クロニカの魔導回復!
クロニカのMPが31回復!
クロニカの行動!
ヒートウェイブ!No.3 ヒートウェイブ
効果増!
1057のダメージ!
989のダメージ!
985のダメージ!
は倒れた!
水圧(2→1)

line

クロニカは圧迫されている……! 素早↓ (1)
クロニカの魔導回復!
クロニカのMPが31回復!
クロニカの連続行動!
ヒートウェイブ!No.3 ヒートウェイブ
効果増!
ターゲットはいなかった……。
ターゲットはいなかった……。
ターゲットはいなかった……。
水圧(1→0)
line

|
戦闘終了!
ワカメ
--------------------------------------------------------

彼方より来たりては勝利した!

Icon


--------------------------------------------------------

|
終了時
ワカメ
--------------------------------------------------------
クロニカ(前)
HP
34/3436
HPHPHPHP
MP
727/815
MPMPMPMP
SP
175/250
SPSPSPSP
--------------------------------------------------------

|
イベント
ワカメ
--------------------------------------------------------
海中島の海《アトランド》
line

かつて――この世界、テリメインは海に覆われていなかった、と唱える者もいる。
その根拠が、この沈んだ島々の海域……アトランドだという。

他の海域の遺跡とは違い、都市そのものが海中に存在している……と表現してもいいような、
様々な建造物があちらこちらに密集している。
それらのほとんどが海藻や魚の住処になっているのだが、
建造物のところどころから、様々な色のほのかな光が漏れている。

その光は、スキルストーンによる発光なのか、
それとも原生生物によるものなのか、
はたまた――かつて存在していた古代人の文明によるものなのだろうか――

地域調査
line
様々な謎と秘密と、そしてロマンを秘めながら静かに眠るアトランドの遺跡群。
この遺跡群の中に、財宝や、この世界の秘密も眠っているのだろうか?

未だ手つかずの遺跡も数多いようだ。
この遺跡群を、アトランドの海域を踏破する探索者たちを待ち受けているだろう。

だが、気を付けるといい。
近頃アトランドの何処からか――地の底から響くような咆哮が聞こえるとの噂がある。

それはこのアトランドの亡霊なのか?
それとも、ここを根城にする原生生物なのか?

どちらにせよ、この海域にも遺跡を根城にする原生生物は多そうだ。
慎重に進むに越したことはなさそうである――
--------------------------------------------------------

|
通常戦闘 diary message battle2 battle event status
ワカメ
--------------------------------------------------------
彼方より来たりて アトランド遺跡の魔物たち☆6
PNo.68 クロニカ・Y・ニールネイル VS ナンパ船
--------------------------------------------------------

line
Icon



Icon ナンパ船
「ヘイヘイヘイ! ちょっと乗ってくゥ? 遠慮すんなよ~!」
line

|
戦闘開始!
ワカメ
--------------------------------------------------------
クロニカ(前)
HP
1657/1657
HPHPHP
MP
679/679
MPMPMP
SP
250/250
SPSPSP
ナンパ船(前)
HP
1886/1886
HPHPHP
MP
755/755
MPMPMP
 
--------------------------------------------------------

line

line

クロニカはアイテムNo.1 格闘 を武器に装備!
クロニカはアイテムNo.2 着の身着のまま を防具に装備!
クロニカはアイテムNo.3 リング を装飾に装備!

line


line

クロニカの生命!
クロニカのMHPが331増加!
クロニカのHPが331増加!
クロニカの生命!
クロニカのMHPが398増加!
クロニカのHPが398増加!
クロニカの生命!
クロニカのMHPが477増加!
クロニカのHPが477増加!
クロニカの生命!
クロニカのMHPが573増加!
クロニカのHPが573増加!
クロニカの魔攻!
クロニカの魔導攻撃力が増加!
クロニカの魔攻!
クロニカの魔導攻撃力が増加!
クロニカの魔攻!
クロニカの魔導攻撃力が増加!
クロニカの機敏!
クロニカの素早さが増加!
クロニカの魔攻!
クロニカの魔導攻撃力が増加!
クロニカの熱属性!
クロニカの熱属性が増加!
クロニカの氷耐性!
クロニカの氷耐性が増加!
クロニカの熱属性!
クロニカの熱属性が増加!
クロニカの熱属性!
クロニカの熱属性が増加!
クロニカの熱属性!
クロニカの熱属性が増加!
クロニカの魔攻!
クロニカの魔導攻撃力が増加!
クロニカの魔攻!
クロニカの魔導攻撃力が増加!
クロニカの魔攻!
クロニカの魔導攻撃力が増加!
クロニカの命中!
クロニカの物理命中が増加!
クロニカの魔導命中が増加!
クロニカの魔導!
クロニカのMMPが136増加!
クロニカのMPが136増加!
クロニカの地耐性!
クロニカの地耐性が増加!
クロニカの熱属性!
クロニカの熱属性が増加!


line

ナンパ船の渦属性!
ナンパ船の渦属性が増加!
ナンパ船の渦属性!
ナンパ船の渦属性が増加!
ナンパ船の渦属性!
ナンパ船の渦属性が増加!
ナンパ船の渦属性!
ナンパ船の渦属性が増加!
ナンパ船の物防!
ナンパ船の物理防御力が増加!
ナンパ船の生命!
ナンパ船のMHPが377増加!
ナンパ船のHPが377増加!
ナンパ船の生命!
ナンパ船のMHPが453増加!
ナンパ船のHPが453増加!
ナンパ船の魔導!
ナンパ船のMMPが151増加!
ナンパ船のMPが151増加!
ナンパ船の魔導!
ナンパ船のMMPが181増加!
ナンパ船のMPが181増加!
ナンパ船のアトランド適応力!
ナンパ船の地属性が増加!
ナンパ船の地耐性が増加!

line

|
ターン1
ワカメ
--------------------------------------------------------
クロニカ(前)
HP
3436/3436
HPHPHP
MP
815/815
MPMPMP
SP
250/250
SPSPSP
ナンパ船(前)
HP
2716/2716
HPHPHP
MP
1087/1087
MPMPMP
 
--------------------------------------------------------

line

line

クロニカの魔導回復!
クロニカのMPが0回復!
クロニカの行動!
クロール!No.2 クロール
クロニカ素早さ上がった!

line

クロニカの魔導回復!
クロニカのMPが5回復!
クロニカの連続行動!
ヒートウェイブ!No.3 ヒートウェイブ
効果増!
ナンパ船883のダメージ!
ナンパ船895のダメージ!
ナンパ船833のダメージ!

line

ナンパ船の魔導回復!
ナンパ船のMPが0回復!
ナンパ船の行動!
ウィンドガード!No.1 ウィンドガード
受身!
ナンパ船に守護を1追加した!
ナンパ船の受身!
ナンパ船の被ダメージが30%下がった!(1ターン)
line

|
ターン2
ワカメ
--------------------------------------------------------
クロニカ(前)
HP
3436/3436
HPHPHP
MP
765/815
MPMPMPMP
SP
200/250
SPSPSPSP
ナンパ船(前)
HP
105/2716
HPHPHPHP
MP
954/1087
MPMPMPMP
 
--------------------------------------------------------

line
Icon ナンパ船
「水漏れが! 水漏れが!」

line

クロニカの魔導回復!
クロニカのMPが31回復!
クロニカの行動!
ヒートウェイブ!No.3 ヒートウェイブ
効果増!
パリィ! (1→0)
ナンパ船は攻撃を回避した!

Icon ナンパ船
「面舵どっせーい!」
ナンパ船596のダメージ!
Icon クロニカ
「……当たった」
ナンパ船は倒れた!
Icon ナンパ船
「お呼びじゃねェってか!」
ターゲットはいなかった……。

line

クロニカの魔導回復!
クロニカのMPが31回復!
クロニカの連続行動!
ヒートウェイブ!No.3 ヒートウェイブ
効果増!
ターゲットはいなかった……。
ターゲットはいなかった……。
ターゲットはいなかった……。
line

|
戦闘終了!
ワカメ
--------------------------------------------------------

彼方より来たりては勝利した!
クロニカはEXPを80取得!
TPを15取得!
SCを2201取得!


Icon クロニカ
「おわったぞー」

Icon ナンパ船
「俺だってなぁ! カワイ子ちゃん乗せたいんだよォ!」
--------------------------------------------------------

|
終了時
ワカメ
--------------------------------------------------------
クロニカ(前)
HP
3436/3436
HPHPHP
MP
727/815
MPMPMPMP
SP
175/250
SPSPSPSP
--------------------------------------------------------

|
イベント
ワカメ
--------------------------------------------------------
――時折、遺跡の隙間から漏れる多彩な光が海底を照らしている。
光は点々と、まだまだ続くこの先を案内するかのように落ちている……。
--------------------------------------------------------

|
アイテムの探索
ワカメ
--------------------------------------------------------
クロニカは周辺を探索…………。

シェルボックス(Rank2)を手に入れた!
--------------------------------------------------------

|
diary message battle2 battle event status
ワカメ
--------------------------------------------------------

PNo.68 クロニカ・Y・ニールネイル
PNo.790 サクラ=スズミヤ
に100SCを送った。
PNo.68 クロニカ・Y・ニールネイル
PNo.1030 テオフィリン
に1000SCを送った。
PNo.68 クロニカ・Y・ニールネイル
PNo.1386 マリナ・マーマル
に140SCを送った。

PNo.1838 レヴィエ・アーチェ
PNo.68 クロニカ・Y・ニールネイル
に450SCを送った。

line

PNo.68 クロニカ・Y・ニールネイル
PNo.1492 イルカ(仮)
にアイテムNo.18 結界斬 を送った。

PNo.790 サクラ=スズミヤ
PNo.68 クロニカ・Y・ニールネイル
にアイテムNo.11 【味SP○%以下】 を送った。
Icon サクラ
「はい、どうぞ♪」

PNo.1030 テオフィリン
PNo.68 クロニカ・Y・ニールネイル
にアイテムNo.4 SS:【アイテム購入枠10】 を送った。
Icon テオ
「確かにお渡ししました。」

PNo.1386 マリナ・マーマル
PNo.68 クロニカ・Y・ニールネイル
にアイテムNo.4 テリマンジャロ を送った。
PNo.1386 マリナ・マーマル
PNo.68 クロニカ・Y・ニールネイル
にアイテムNo.4 を送ろうとしたが、アイテムが存在しなかった。

line

クロニカはショックウェーブを購入した。

クロニカは魔攻を購入した。

クロニカは生命を購入した。

クロニカはチャージを購入した。

クロニカは熱付与を購入した。

line

クロニカはアイテムNo.19 ショックウェーブ と、アイテムNo.24 チャージ を合成!
ハイドロサーマルを取得!

line

クロニカは魔力を訓練した。
クロニカは敏捷を訓練した。
クロニカは精神を訓練した。
クロニカは器用を訓練した。
クロニカは精神を訓練した。
クロニカは器用を訓練しようとしたが、EXPが足りなかった。

EXPを113ポイント入手した。
TPを5ポイント入手した。

line

クロニカはアイテムNo.19 ハイドロサーマルを私有化!

line

スキルNo.5 クロール をアイテムNo.20 魔攻 で改造!
スキルNo.5 クロール に 魔攻 を付加!

スキルNo.6 インシュアランス のスロットを1増加!(5→6)

スキルNo.6 インシュアランス をアイテムNo.22 生命 で改造!
スキルNo.6 インシュアランス に 生命 を付加!

スキルNo.6 インシュアランス のスロットを1増加!(6→7)

スキルNo.37 ハイドロサーマル を改造しようとしたがアイテムNo.79011 がなかった。

スキルNo.36 ウィンドブラスト をアイテムNo.25 熱付与 で改造!
スキルNo.36 ウィンドブラスト の属性が 熱 に変化!

line

格闘 に 魔導力強化 を実行!
格闘 の 魔導攻撃力 を 1回強化した。

着の身着のまま に 魔導力強化 を実行!
着の身着のまま の 魔導攻撃力 を 1回強化した。

リング に 魔導力強化 を実行!
リング の 魔導攻撃力 を 1回強化した。

line
スキルNo.35 バーストマジック をスキルNo.7 に移動!
スキルNo.36 ウィンドブラスト をスキルNo.8 に移動!
スキルNo.7 ターゲット をスキルNo.9 に移動!
スキルNo.8 トラックスタート をスキルNo.10 に移動!
スキルNo.9 リカバリー をスキルNo.11 に移動!
スキルNo.10 マジックブレイク をスキルNo.12 に移動!
スキルNo.11 ヒール をスキルNo.13 に移動!
スキルNo.12 ブレスケア をスキルNo.14 に移動!
スキルNo.13 グラビウォーター をスキルNo.15 に移動!
スキルNo.14 エアロシュート をスキルNo.16 に移動!
スキルNo.15 バタフライ をスキルNo.17 に移動!
スキルNo.16 ジェリーフィッシング をスキルNo.18 に移動!
スキルNo.17 ジェリーフィッシング をスキルNo.19 に移動!
スキルNo.18 グラビウォーター をスキルNo.20 に移動!
スキルNo.19 ドレイン をスキルNo.21 に移動!
スキルNo.20 グラビウォーター をスキルNo.22 に移動!
スキルNo.21 シュート をスキルNo.23 に移動!
スキルNo.22 ブレスケア をスキルNo.24 に移動!
スキルNo.23 ドルフィンキック をスキルNo.25 に移動!
スキルNo.24 マジックブラスト をスキルNo.26 に移動!
スキルNo.25 ブレスケア をスキルNo.27 に移動!
スキルNo.26 チャージ をスキルNo.28 に移動!
スキルNo.27 ヒートウェイブ をスキルNo.29 に移動!
スキルNo.28 グラビウォーター をスキルNo.30 に移動!
スキルNo.29 マジックブレイク をスキルNo.31 に移動!
スキルNo.30 マジックアロー をスキルNo.32 に移動!
スキルNo.31 ジェリーフィッシング をスキルNo.33 に移動!
スキルNo.32 グラビウォーター をスキルNo.34 に移動!
スキルNo.33 ジェリーフィッシング をスキルNo.35 に移動!
スキルNo.34 ウォークライ をスキルNo.36 に移動!
--------------------------------------------------------

|
目的の決定
ワカメ
--------------------------------------------------------

目的の決定
line

PNo.68 クロニカ
は目的:アトランドの地域探査を選択!

PNo.201 ディド
は目的:アトランドの地域探査を選択!


目的:アトランドの地域探査☆6(3)に決定!

--------------------------------------------------------

|
次回練習戦闘予告
ワカメ
--------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------

|
次回予告
ワカメ
--------------------------------------------------------
彼方より来たりて アトランド遺跡の魔物たち☆6
PNo.68 クロニカ・Y・ニールネイル VS 海の藻屑
PNo.201 ディド=パシャ ウィル・オ・ウィスプ
--------------------------------------------------------

|
探索者の叫び
ワカメ
--------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------

line1
diary message battle2 battle event status
ワカメ
PNo.68 クロニカ・Y・ニールネイル  >> 各種宣言 <<
キャラクターイメージ プロフィール
愛称 クロニカ
種族 混血の一族”ニールネイル”
性別
外見年齢 10代
Cronica Y Neillnail

褐色の肌に刺青のような紋様を浮かべた一本角の男。
背の丈は170に満たない程度。少年とも青年ともつかない容貌。
仄明るい朱の瞳にゆらりゆるやかに感情を覗かせる。

混血の一族"ニールネイル"に生まれたY。
長い耳を持ち、角を持ち、時に生き物の血を啜ることもするが、
エルフでも鬼でも吸血鬼でもない。

ただ、あるいはその血を幾らか含んではいるやもしれない。

"ニールネイル"はそういう一族だった。
あらゆる種と子を成し、多種多様の血を取り込み存続していく。
混ざる血の種類は多ければ多いほどいい。
一つでも多くの血を得て、"ニールネイル"は繁栄に近づく。

そういう考えの下に生まれ、育った者が、一族を、世界を飛び出してテリメインに辿り着いた。
たったひとつだけでいい、大切なものを見つけるために。



凸メッセ、交流歓迎です。
何卒よろしくお願い致します。
[所持アイテム]
No. アイテム名 種類 強さ 備考
1 格闘 武器 28
装備中 魔導力強化
18
┗格闘 射程1 物攻力↓ 素早さ↑
2 着の身着のまま 防具 28
装備中 魔導力強化
17
魔防力強化
1
┗衣服
3 リング 装飾 28
装備中 魔導力強化
18
┗リング 魔攻力↑ 物回避↓ 魔命中↑
4 生命回復 TG 1
【行動開始前】HP回復
5 渦付与 TG 0
SS:渦属性付与
6 中吉 TG 0
【戦闘開始前】運命力増
7 無付与 TG 2
SS:無属性付与
8 シェルボックス(Rank2) 抽選 2
使用アイテム
9 スクウェアヒール SS 2
味:HP回復⇒味全:HP回復
10 【味SP○%以下】 TG 0
【使用条件】
11 SS:【アイテム購入枠10】 常駐 2
12 SS:【訓練枠10】 常駐 2
13 【自SP○%以上】 TG 0
【使用条件】
14 【敵○人以下】 TG 0
【使用条件】
15 【味○人以下】 TG 0
【使用条件】
16 【自HP○%以下】 TG 0
【使用条件】
17 TGシェルボックス(Rank2) 抽選 2
使用アイテム
18 テリマンジャロ 料理 2
使用アイテム
19
20
21 SS:【スキル改造枠6】 常駐 2
22
23 テリポークセット 料理 2
使用アイテム
24
25
26
27
28
29
30 ひとつめ 武器 19 魔導力強化
9
┗魔導石 射程2 物攻力↓ ※魔導攻撃
[習得スキル]
No スキル SHP SMP SSP 属性 Slot 射程 【使用条件】
1 マジックブラスト 5 20 15 3 2 自HP50%以上
┗マジックブラスト 敵:魔導攻撃
  ┗魔導回復 【行動開始前】MP回復
  ┗命中 【戦闘開始前】物命中・魔命中増
  ┗魔導 【戦闘開始前】MMP増
2 マジックアロー 0 10 15 3 4 通常時
┗マジックアロー 敵:魔導攻撃
  ┗魔攻 【戦闘開始前】魔導攻撃力増
  ┗魔攻 【戦闘開始前】魔導攻撃力増
  ┗魔攻 【戦闘開始前】魔導攻撃力増
3 マジックブラスト 5 10 15 3 2 自HP50%以上
┗マジックブラスト 敵:魔導攻撃
  ┗熱属性 【戦闘開始前】熱属性増
  ┗熱属性 【戦闘開始前】熱属性増
  ┗熱属性 【戦闘開始前】熱属性増
4 ヒートウェイブ 0 50 10 4 3 味SP○%以下
┗ヒートウェイブ 敵3:魔導攻撃
  ┗【味SP○%以下】 【使用条件】
  ┗熱属性 【戦闘開始前】熱属性増
  ┗氷耐性 【戦闘開始前】氷耐性増
  ┗効果増 SS:威力増
5 クロール 0 5 40 7 - 1行動目
┗クロール 自:素早さ増
  ┗魔攻 【戦闘開始前】魔導攻撃力増
  ┗魔攻 【戦闘開始前】魔導攻撃力増
  ┗魔攻 【戦闘開始前】魔導攻撃力増
  ┗機敏 【戦闘開始前】素早さ増
  ┗魔攻 【戦闘開始前】魔導攻撃力増
  ┗熱付与 SS:熱属性付与
  ┗魔攻 【戦闘開始前】魔導攻撃力増
6 インシュアランス 0 55 50 7 - 戦闘離脱前※
┗インシュアランス 自:HP回復
  ┗熱付与 SS:熱属性付与
  ┗生命 【戦闘開始前】MHP増
  ┗生命 【戦闘開始前】MHP増
  ┗生命 【戦闘開始前】MHP増
  ┗生命 【戦闘開始前】MHP増
  ┗生命 【戦闘開始前】MHP増
7 バーストマジック 0 55 10 3 - 1行動目
┗バーストマジック 自:魔攻力・魔命中増
  ┗熱付与 SS:熱属性付与
  ┗地耐性 【戦闘開始前】地耐性増
  ┗熱属性 【戦闘開始前】熱属性増
8 ウィンドブラスト 0 25 3 3 4 自MP50%以上
┗ウィンドブラスト 敵:SP魔導攻撃
  ┗熱付与 SS:熱属性付与
9 ターゲット 0 5 17 3 - 1行動目
┗ターゲット 敵:狙われやすくなる
  ┗熱付与 SS:熱属性付与
  ┗熱属性 【戦闘開始前】熱属性増
10 トラックスタート 0 0 20 3 - 1行動目
┗トラックスタート 自:行動カウント増
11 リカバリー 50 35 0 3 - 味HP30%以下
┗リカバリー 味:HP回復
  ┗熱付与 SS:熱属性付与
12 マジックブレイク 0 10 2 3 3 自SP50%以上
┗マジックブレイク 敵:魔導攻撃
13 ヒール 0 10 0 3 - 味HP50%以下
┗ヒール 味:HP回復
14 ブレスケア 0 20 0 3 - 味SP50%以下
┗ブレスケア 味:HP回復・SP回復
15 グラビウォーター 5 15 0 3 4 自HP50%以上
┗グラビウォーター 敵:魔導攻撃⇒水圧
16 エアロシュート 0 10 5 3 +2 自SP50%以上
┗エアロシュート 敵:物魔攻撃
17 バタフライ 0 0 3 3 - 自HP50%以下
┗バタフライ 自:(1T)回避・魔回避増
18 ジェリーフィッシング 0 15 1 3 4 全○人以上
┗ジェリーフィッシング 敵:魔導攻撃⇒麻痺
  ┗【全○人以上】 【使用条件】
19 ジェリーフィッシング 0 15 1 3 4 自SP50%以上
┗ジェリーフィッシング 敵:魔導攻撃⇒麻痺
20 グラビウォーター 5 15 0 3 4 自HP50%以上
┗グラビウォーター 敵:魔導攻撃⇒水圧
21 ドレイン 0 20 0 3 4 自HP50%以下
┗ドレイン 敵:物魔吸収攻撃
22 グラビウォーター 5 15 0 3 4 自HP50%以上
┗グラビウォーター 敵:魔導攻撃⇒水圧
23 シュート 0 0 5 3 +2 自SP50%以上
┗シュート 敵:物理攻撃
24 ブレスケア 0 20 0 3 - 味SP50%以下
┗ブレスケア 味:HP回復・SP回復
25 ドルフィンキック 0 0 7 3 +0 自SP50%以上
┗ドルフィンキック 敵:物理攻撃⇒自:(1T)物回避・魔回避増
26 マジックブラスト 5 10 0 3 2 自HP50%以上
┗マジックブラスト 敵:魔導攻撃
27 ブレスケア 0 20 0 3 - 味SP50%以下
┗ブレスケア 味:HP回復・SP回復
28 チャージ 10 0 1 3 +1 自HP50%以上
┗チャージ 敵:物理攻撃
29 ヒートウェイブ 0 30 0 3 3 通常時
┗ヒートウェイブ 敵3:魔導攻撃
30 グラビウォーター 5 15 0 3 4 自HP50%以上
┗グラビウォーター 敵:魔導攻撃⇒水圧
31 マジックブレイク 0 10 2 3 3 自SP50%以上
┗マジックブレイク 敵:魔導攻撃
32 マジックアロー 0 10 0 3 4 通常時
┗マジックアロー 敵:魔導攻撃
33 ジェリーフィッシング 0 15 1 3 4 自SP50%以上
┗ジェリーフィッシング 敵:魔導攻撃⇒麻痺
34 グラビウォーター 5 15 0 3 4 自HP50%以上
┗グラビウォーター 敵:魔導攻撃⇒水圧
35 ジェリーフィッシング 0 15 1 3 4 自SP50%以上
┗ジェリーフィッシング 敵:魔導攻撃⇒麻痺
36 ウォークライ 0 5 15 3 - 1行動目
┗ウォークライ 自:物攻・物防増
  ┗熱付与 SS:熱属性付与
  ┗地耐性 【戦闘開始前】地耐性増
  ┗熱属性 【戦闘開始前】熱属性増
37 ハイドロサーマル 20 80 0 3 2 通常時
┗ハイドロサーマル 敵:魔導攻撃⇒脱水

データ
目的 アトランドの地域探査(3)
MHP 1849
MMP 758
MSP 250 SP あり
体力 50 魔力 786
敏捷 411 精神 283
器用 192
PLV 5676
EXP 131 TP 17
SC 5149
パーティメンバー
PNo.201 ディド
68
68
 
アイコン
0 1 2 3 4
68
68
68
68
68
5 6 7 8 9
68
68
68
68
68
10 11 12 13 14
68
68
68
68
68
15 16 17 18
68
68
68
68
リンクリスト
PNo.201 ディド=パシャ
CNo.162 潜航日誌がんばりたい!
CNo.428 【うちの子】貸し借りOKコミュ【よその子】
CNo.45 かに
[リンク]
[リンク]
CNo.68 混ざり血の溜まり場
PL名:さかな