Seven Seas

line1
C1004 水中ガーデニング広場
line3-2
line

※水中ガーデニングとか、アクアリウムとかやるコミュです※
(ネタが被ったら消します)

水中に、砂地だけが続く場所がある。
ところどころに岩がある程度で、海藻ひとつ生えていない。
探索協会の職員が、聞いてもいないのに説明してくれた。

「ここ、何もないでしょう?
前は、ここに大きな沈没船があったんですけどね。

なんか、その船の装飾技術に価値があるとかで、お金持ちが丸ごと引き上げちゃったんですよ。

それはいいんですけど、沈没船があったところが更地みたいになっちゃって……。殺風景ですよね。
そうだ、よかったら花壇でも作ってみませんか?」

どうやら、好きに花壇を作っていいらしい。



※花壇作れるスライド作りました。テスト運用中。

https://docs.google.com/presentation/d/1li2eLiAil2Gdsjo6AyJAdB41lcbWr0HqJWx_oCaFiZs/edit?usp=sharing
line

|
コミュニティメッセージ
蟹
--------------------------------------------------------
PNo.1101 闇
からのメッセージ:
Icon
「………」
 今日は、少し慌てて。
 幾つもの花壇にある、海草や、ホヤや、ウミユリや……他の、色々なものも。
 少しずつ、少しずつ。大事に抱えては、別の場所へと、運び出していく。
 ……海が、元に戻ったとき。
 ここが、地上になってしまうのか、そうでないのか、海洋棲物にはわからない。
 判らないが、もし、地上になってしまったら。
 花壇から動けないものは、みんな、枯れてしまうだろう。折角、ここに根付いたというのに、それはどうにも偲びない。
 だから、潮が引いても尚、海で在り続けるはずの、もっと深いところへ。花壇の土ごと、抱え持って、泳ぎ運ぶ。
 今日一日では、終わらないかもしれないが――それでも、ひとつずつ、枯れないように、そっと。
 かつて、ここに、花壇を造った者達がいた、その記憶と一緒に……
--------------------------------------------------------


|
コミュニティメンバー
牛
--------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------