Seven Seas

line1
C1082 パフェカ
line3-2
line


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

パフェが食べたくて作った小さなお店です。冒険の合間に不定期で営業しています。
とりあえずやれるとこまでやってみます。来店ありがとうございます!

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

■■■メニュー■■■

★通常★
・チョコレートパフェ
・バナナパフェ
・ストロベリーパフェ
・プリンパフェ
・抹茶パフェ
・キャメラルパフェ
・マロンパフェ   
・紅茶パフェ    
・ウィンウィンパフェ
・フルーツパフェ   ☆new☆
・ミニパフェ※
・オーダーパフェ※

-----------------------------------------------

★ダイスパフェ★
1・イカ墨パフェ【名の通りイカ墨を使った暗黒のパフェ】
2・イワシパフェ【抹茶ベースのパフェに焼きイワシがどーん!】
3・ナマコパフェ【生クリームとナマコのこりこり新食感!】
4・ぱちぱちパフェ【口の中でぱちぱち弾けるキャンディー入りの派手なパフェ】
5・ひえひえパフェ【ミルクとソーダのシャリシャリフローズンなパフェ】
6・ラブパフェ【お菓子いっぱいラブラブどっきゅんなパフェ】

-----------------------------------------------

★サイドパフェ★ ☆new☆
・サンドイッチパフェ
・ポテトパフェ
・サラダパフェ

甘くない、いわゆるお食事パフェ。パフェ…パフェとは?
パフェグラスに入ってたらパフェだよ…でぇじょぶだ。


-----------------------------------------------

★ドリンク★
・紅茶・コーヒー・各種ジュース
(ホットとかアイスとかオレンジとか言えばそれで出てきます。たぶん)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

■■■その他■■■

※ダイスパフェについて
普通のパフェじゃつまらねぇぜ!という人向けのパフェ。注文と同時にダイスを振りましょう。
次回、出た目のパフェが出てきます。またダイスを振らなくてもラブパフェ以外は普通に注文もできます。
味についてはお任せです。口に合う合わないはお好きなように。ダイスで決めたっていいんだよ!



※オーダーパフェについて
メニューにあるパフェから好きな材料をチョイスしてお好みのパフェを作ります。
【例】チョコレートストロベリーなパフェ、ぱちぱちとひえひえのコラボパフェなど



※お代について
特に細かく決めていないのでお勘定ここに置いておくぜとか、
支払いの旨を言っていただければ伝票をお持ちします。



※ミニパフェとお土産
頼めばできるらしい。


※店での過ごし方について
のんびりまったりパフェを食べるも、果敢にダイスパフェに挑戦するも、
それを見て優雅にコーヒーだけ飲むのも自由です。ただ暴れたりするのはご遠慮ください。



※店員について
Icon 作ってる人です。
知り合いが来たら出て行ったりもします。


Icon ウェイトレスです。注文は彼女にお願いします。
普段は小さな妖精ですが、店内に限り人間サイズです。




★★★★★オープン→4/15更新日より★★★★★

気がついたら一周年でした!!!!(遅い)
line

|
コミュニティメッセージ
蟹
--------------------------------------------------------
PNo.1082 絆
からのメッセージ:

Icon エステル
「パフェでダイエットってなんかすごいわね。」

Icon バン
「女性に嬉しいヘルシーパフェ!」


――――――――――
>ディーネ
――――――――――
Icon バン
「そうだね。おれも一段落したら、また新しいパフェを作ってみようかな。」

Icon バン
「(……いつまでここで店をやれるのかは、ちょっとわからないんだけど)」

Icon バン
「よければお土産にもできるから、気軽に言ってね。」


――――――――――
>シャウラ
――――――――――
Icon バン
「そっか。そういう感じかぁ……
 でも戦争が多いと中々そういうところには目がいかないものかな。」
Icon バン
「食べ物の改良とか、その辺のことにはあまり詳しくないけど
 シャウラたちの世界にもいつかそういったものが広まっていくといいね。」
Icon バン
「抹茶はそうだね、独特な味と香りで好き嫌いも分かれるかもしれないけど、おれは好きだよ。
 パフェにするとまた少し違った味わいになるよね。餡子と一緒食べても美味しい!」


――――――――――
>ルサルカ
――――――――――
Icon バン
「ねー。旅先で偶然出会ったりしないかなー
 弟子とか無理でも、話とかちょっとできるといいんだけどなぁ。
 あ、でも憧れてる人はいるんだよ。」

Icon バン
「おー。さすがルカ!いい食べっぷり!かっこいいー!」

Icon バン
「ん?そうだよ、ポテトサラダだよ(きっぱり言った!)」

Icon バン
って、わ!?大丈夫!?あわわ!水水ー!

アイドルがパフェ屋で窒息死なんて一大事だ!
慌てて水の入ったコップを持ってくると、口の前に差し出した。

――――――――――
>結馬
――――――――――
Icon バン
「そうだよ、パフェっぽいサラダだよ!
 だからサラダパフェなんだよ。何も間違っていないよ。」
Icon バン
「そうそう、おかずクレープっていうのがあるからさ。
 あんな感じで真似てみたんだ。」
Icon バン
「甘いものに飽きたらこういうのもいいんじゃないかなって。
 耐熱の器を用意して、スープとか入れてみるのもいいかな!」

しかしちょっと食べづらそうではある。


――――――――――
>シア
――――――――――
Icon バン
「うん、そう!軽食メニューなんだ!
 へへ。ありがとー!わかって貰えて嬉しい。」
Icon バン
「サンドイッチパフェとサラダパフェ、それにコーヒーだね。了解!
 すぐにお持ちしまーす!」

と、注文を受ければ足取り軽やかに奥へ消えてく。
暫くして、パフェが二つとコーヒーがテーブルに届けられた。


■―――――――――――――――――――――――――――――――■
Icon  【サラダパフェ】
 見たまんま!野菜もりもりなパフェ!さっぱりサラダ!


Icon  【サンドイッチパフェ】
 食べやすい一口サイズのサンドイッチがパフェの器にはいって登場!
 具はスタンダードにハムとかチーズとか卵とか!

■―――――――――――――――――――――――――――――――■


Icon バン
「……。こうして並べるとなんかわちゃわちゃしてるね。」

Icon バン
「(単品ならいいけど…)
 んー。もう少し器の形にバリエーションを持たせようかな。」

 

PNo.77 リーヴィア
からのメッセージ:
Icon リーヴィア
「いただきま~す!」

フルーツパフェにスプーンを差し込み、一口頬張った!
Icon リーヴィア
「もぐもぐ……」



Icon リーヴィア
「~~~~美味しい!
フルーツが果物でフルーティ! 」
Icon リーヴィア
「りんご🍎~れもん🍋~ぶどう🍇~めろん🍈~
 いちご🍓~ばなな🍌~みかん🍊~きうい~♪」

PNo.697 フレデリック・アンカーソン
からのメッセージ:
>>絆くん
Icon シャルル
「まあ、味の好みは文化や個人差が大きいですからね……」


Icon フレディ
「もちろんだとも! というよりもう設置しておいたぞ!自由に使うといい!」
Icon フレディ
「む、あのヴァラコヤール殿からだと!? これは後でお礼を申しておかねばいかんな!」
Icon シャルル
「へえ、でもヴァラコヤールさんの事だからきっと……ああ、やっぱりそういう……」

【シャルルですらいい加減慣れてしまったものの、顔はしかめている。フレディは……これが異常であることに気づいていない……!】
Icon フレディ
「では、早速いただくとしよう!ハッハッハ!」


4

1:一口食べて、高笑いしながらトイレに直行
2:笑いが止まる
3:うーん、まあまあ
4:意外とイケる
5:美味しい!
6:高笑いしながら頬張る!!



>>ディーネさん
Icon シャルル
「いえ、僕はまだ先生の弟子なので先生の手伝いがほとんどです。自分で作ったものだと……自分用の小物くらいです」
Icon フレディ
「なるほど! ディーネくんもかね! 確かに奇遇だ! 時に海のイタズラは面白いことをする」


Icon フレディ
「なるほど、まあ確かに私も魔法が実在するどころか、常識的に使われている世界があるなど思いもしなかったものだからな……」
Icon フレディ
「これは体感だが、魔法の世界、科学の世界は同じくらいあるような気がする」
Icon フレディ
「なるほど……! ふむ、私には無かった見方だ……実に興味深い。そう考えると、魔法や妖精は消えた、あるいは最初から無かった訳ではなく、見えなくなっただけとも考えられるな」


>>シャウラさん
Icon フレディ
「まあ、それが普通という世の中で、他の世界のことを知らなければ疑問に思うこともそうないわなぁ……私もここまで魔法が一般的だとは考えつかなかったし」
Icon フレディ
「うーむ……確かにどんな世界でも戦争というものは付き物だと思うが……少なくとも平和な期間はあるはずだ。それすら無いとなると、確かに疑問を感じる」
Icon フレディ
「うーん……まあ確かに、誰か一人、あるいは一国、一陣営の勝者が決まれば戦争は終わるだろうな。それも神に聞くべき事なのだろうなあ……」
Icon フレディ
「しかし、確かに統一王が立てば戦争は終わるが……決まってその後は後継者争いから国が分割されるものだ……もしかして、激しい戦争を起こさないために、逆にダラダラとした戦争を続けているのだろうか……?」


>>ルサルカさん
Icon シャルル
倫理的にNGです
Icon シャルル
「ウッ……うっかり言質を取られてしまった……ええ、良いでしょう」
Icon シャルル
「次会ったときは、そのフリフリした服と同じようなもの着てやりますよ!(やけっぱち」


>>結馬くん
Icon フレディ
「む、確かにここは調理設備があるし、ヴァラコヤール殿にはいつもご馳走になってるからな。ここで偶にはお返しを……」
Icon フレディ
帰っちゃったぞ
Icon フレディ
「うむ、まあ居なくなってしまっては仕方ない。では結馬くん! ぜひ試食役をやってくれんかね!!」

PNo.1352 ウィンターフェロウ
からのメッセージ:
>バン
Icon ウィン
「ふふふ、待ち侘びたよ。さあて、ご待望のパフェさんは、と──
こ、これは…!」
(精霊は思わず仰け反った。それほどに衝撃だったのだ)
(グラスから溢れんばかりの色とりどりのフルーツ!底から積み重なったクリームとフルーツ!天辺にちょこんと飾られたフルーツ!)
(目から攻めてくるフルーツの暴力は、精霊の頭をパンクさせるには十分だった)
Icon ウィン
「こ、こんな素敵なものをたくさん、一人で頂いていいの?うわあ、うわあ」
(スプーンを握りしめて目を回していたが、意を決して)
Icon ウィン
「い、いただきます。」
(マスカットとクリームを掬い、口へ運んだ)
Icon ウィン
「……はあ、おいしい。ほんと、最高。」

PNo.1391 アルストリア=エーテルフォージ
からのメッセージ:
Icon フォル
「あ、ホント?
っしゃ、じゃ、テケトーに座るねぇ。」
Icon フォル
「そして店の男の子は君だけかなぁ。
そっか、君がアルスと仲良しさんの子なんだねぇ。」
Icon フォル
「うんうん、仲良くしてあげてね!」

******************************************
Icon フォル
「わ、なんかコレすっげぇ…。」
Icon フォル
「これ、原価とか手間暇とか大丈夫?無理してない??大丈夫???(2回目)倒れない?大丈夫???(3回目)」
Icon フォル
「…と、何か心配になっちゃう位の出来映えだねぇ♪」
Icon フォル
「じゃ、早速戴きます♪」



Icon フォル
「…♪」



Icon フォル
「うんっ!マズイ訳がないっ!
美味しいし、色々食べれて楽しいねっ!!」



ご満悦の海棲類。
--------------------------------------------------------


|
コミュニティメンバー
蟹
--------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------