Seven Seas

line1
C1082 パフェカ
line3-2
line


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

パフェが食べたくて作った小さなお店です。冒険の合間に不定期で営業しています。
とりあえずやれるとこまでやってみます。来店ありがとうございます!

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

■■■メニュー■■■

★通常★
・チョコレートパフェ
・バナナパフェ
・ストロベリーパフェ
・プリンパフェ
・抹茶パフェ
・キャメラルパフェ
・マロンパフェ   
・紅茶パフェ    
・ウィンウィンパフェ
・フルーツパフェ   ☆new☆
・ミニパフェ※
・オーダーパフェ※

-----------------------------------------------

★ダイスパフェ★
1・イカ墨パフェ【名の通りイカ墨を使った暗黒のパフェ】
2・イワシパフェ【抹茶ベースのパフェに焼きイワシがどーん!】
3・ナマコパフェ【生クリームとナマコのこりこり新食感!】
4・ぱちぱちパフェ【口の中でぱちぱち弾けるキャンディー入りの派手なパフェ】
5・ひえひえパフェ【ミルクとソーダのシャリシャリフローズンなパフェ】
6・ラブパフェ【お菓子いっぱいラブラブどっきゅんなパフェ】

-----------------------------------------------

★サイドパフェ★ ☆new☆
・サンドイッチパフェ
・ポテトパフェ
・サラダパフェ

甘くない、いわゆるお食事パフェ。パフェ…パフェとは?
パフェグラスに入ってたらパフェだよ…でぇじょぶだ。


-----------------------------------------------

★ドリンク★
・紅茶・コーヒー・各種ジュース
(ホットとかアイスとかオレンジとか言えばそれで出てきます。たぶん)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

■■■その他■■■

※ダイスパフェについて
普通のパフェじゃつまらねぇぜ!という人向けのパフェ。注文と同時にダイスを振りましょう。
次回、出た目のパフェが出てきます。またダイスを振らなくてもラブパフェ以外は普通に注文もできます。
味についてはお任せです。口に合う合わないはお好きなように。ダイスで決めたっていいんだよ!



※オーダーパフェについて
メニューにあるパフェから好きな材料をチョイスしてお好みのパフェを作ります。
【例】チョコレートストロベリーなパフェ、ぱちぱちとひえひえのコラボパフェなど



※お代について
特に細かく決めていないのでお勘定ここに置いておくぜとか、
支払いの旨を言っていただければ伝票をお持ちします。



※ミニパフェとお土産
頼めばできるらしい。


※店での過ごし方について
のんびりまったりパフェを食べるも、果敢にダイスパフェに挑戦するも、
それを見て優雅にコーヒーだけ飲むのも自由です。ただ暴れたりするのはご遠慮ください。



※店員について
Icon 作ってる人です。
知り合いが来たら出て行ったりもします。


Icon ウェイトレスです。注文は彼女にお願いします。
普段は小さな妖精ですが、店内に限り人間サイズです。




★★★★★オープン→4/15更新日より★★★★★

気がついたら一周年でした!!!!(遅い)
line

|
コミュニティメッセージ
ワカメ
--------------------------------------------------------
PNo.1082 絆
からのメッセージ:

Icon バン
「えーっと、まぁ…そろそろお客さんもいなくなりそうだし
 おれも冒険者だから、この店もこの辺までかなーって感じではあるんだけど…」
Icon バン
「あ、でもそんな急には閉店しないから安心してね。
 ただお客さんが来てくれているうちに挨拶はしておこうと思ってさ。」
Icon バン
「ひょんなことから始めた店だけど、来てくれてありがとう。
 またどこかで出会えたらその時はよろしくお願いしまーす。 」


* * * * * * * * * * * * *


Icon バン
「ねぇ、エステル。あれやってあげたら?」

Icon エステル
「え… なんでよ嫌よ。」

Icon バン
「最後になるかもしれないし!求められてるし!」

Icon エステル
「えーーーえーーーーっ」

Icon エステル
「…………」

Icon エステル
………ら、らぶらぶどっきゅーん♡

Icon エステル
「…何の罰ゲーム?!

 

――――――――――――
>フレディ&シャルル
――――――――――――
Icon バン
「おー!ラストダイスパフェだね!」

さーて、結果は…?

Icon
 ひえひえ。フレディさんの。

Icon
 なまこ。シャルルくんの。


Icon エステル
「チョ、ちょっとこれ逆でしょ?
 逆にしてあげた方が良いやつでしょ?」
Icon バン
「……。」

Icon バン
「ふたりとも、ありがとう!
 おれがここまでお店をやれたのはふたりの支援があってこそだよ!」
Icon エステル
「いい話風にまとめようとするんじゃないわよ。」

Icon バン
「……でもなまこをパフェにしたのは正直反省してます!!」


――――――――――
>ルサルカ
――――――――――
全然大丈夫ですよー!むしろラストご来店ありがとうございます!

Icon バン
「うん、そうだね。
 強くなって…いつかその人に認めてもらうのが今の目標かな!」

Icon バン
「よ、よかった…。うん、次は落ち着いて食べてね?
 誰もとったりしないしさ。」
Icon バン
「美味しく食べてもらえてなにより!こちらこそありがとうだよ。」

Icon バン
「ライブもとってもよかったよ。
 ああ、これがアイドルなんだなぁって。おれ本当に感動したんだ。」
Icon バン
「おれも魔法の練習、頑張るよ。ルカもアイドル活動頑張ってね。
 機会があればまた行かせてもらうからさ。」
Icon バン
「うん!またねー」

ありがとうございましたーと、手を振ってお見送り。
アイドルは最後まできらきらだ。

――――――――――
>結馬
――――――――――
Icon バン
「あ!兄貴ありがと!」

Icon バン
「お店の方は頃合いを見て…かな?
 ちょっと付き合わせちゃうことになるけど…」
Icon バン
「兄貴用にまたパフェ作るからさ。許して?」


――――――――――
>ロウタ
――――――――――
Icon バン
えーーーー!わーーーー!
 ロウタさん!?ロウタさんだ!!

Icon バン
「いらっしゃいませー!!」

Icon バン
「びっくりしたっ!
 でも来てくれて嬉しいなあ!あ、パフェ、食べてくよね?」
Icon バン
「色々あるんだ、どれにする?」

思わぬ来訪者に驚き喜びつつも、席へと案内してメニューを差し出す。
怒りイカ焼きが好きな彼は何を頼むのだろうか?
どきわくしながらその答えを待つのだった。


―――――――――――
>アルストリア&フォル
―――――――――――
Icon バン
「あ!アルストリア!いらっしゃーい。」

Icon バン
「ふふ。二人は仲がいいんだね。
 プリンパふたつ、りょうかーい!」

Icon
 説明するまでもなくプリンパ


Icon バン
「友達かつルームシェアの間柄かぁ」

Icon バン
「あ、星の精霊だったんだね!ごめん。
 へぇ…じゃあ他にも色々な精霊がいるんだね。」
Icon バン
「精霊との契約かぁ…」


Icon バン
「…へ?お嫁?おれのこと?」

Icon バン
「えーーーおれお嫁さんは貰いたいなぁ。逆にして?」

Icon バン
「なーんて、ふふ。冗談だけど。
 大丈夫!おれたちはズットモだからさ!
 これからも末永くよろしくよろしくー!」


 

PNo.77 リーヴィア
からのメッセージ:
Icon リーヴィア
「らぶらぶどっきゅん! らぶらぶどっきゅん!」
Icon アイラ
「らぶらぶどっきゅん! らぶらぶどっきゅん!」
Icon リーヴィア
「やっぱり美味しい! ここはまるで七海のピラミッドです!」
Icon アイラ
「それを言うならオアシスなのです!」
Icon リーヴィア
「おなかいっぱいになったし、満足です!
 しばらく遠出しちゃうけど、またこの辺りに来たら寄りたいなあ」
Icon アイラ
「そのときは新作があると嬉しいのです」
Icon リーヴィア
「人生の楽しみが増えちゃいました!」



――

Icon いろんなパフェがあって、楽しかったです。
ラブパフェを当てられた時は、七海やってて一番嬉しい瞬間でした。あとらぶらぶどっきゅんは可愛かった……。
憩いの場を用意して下さり、ありがとうございました。

PNo.697 フレデリック・アンカーソン
からのメッセージ:
>>前回の結果より
ダイスパフェ、フレディ:5(ひえひえパフェ)
ダイスパフェ、シャルル:3(ナマコパフェ)

Icon シャルル
「……」
Icon フレディ
「私のと交換しよう、な?」


>ルサルカさん(887)

Icon シャルル
「ルサルカさんたちは泡になって消えたりしないですよね……?」
Icon フレディ
「む、そうか。もう3人で自立しているのだな、さすがだ!」
Icon フレディ
「ワッハッハ! トークだけじゃなく演出の細工も派手なものにできるぞ!」
Icon シャルル
「ううう……可愛いフリフリ衣装って……出たくない……アゲジトライブは観たいですけど……
Icon フレディ
「む、もうそんな時間だったか……! そうか、時が経つのは早いな……」
Icon フレディ
「だが、私たちもルサルカくんと友達になれて良かったし、”らいぶ”という新しく楽しいものを観れた! ああ、これからも君たちの活躍を応援しているぞ!」
Icon シャルル
「…………」
Icon シャルル
「その……」
Icon シャルル
「ええ、また会いましょう。また、いつか……!」


<最後に>

Icon フレディ
「む、もうこのような時間か。本当に、楽しい時間はあっと言う間に過ぎるものだ……」
Icon フレディ
厨房も勝手に使ってしまったし、私も片付けくらいは手伝っておかねばな」
Icon シャルル
「僕もやります(パタパタと駆け寄る)」
Icon フレディ
「ほう、珍しいな……」
Icon フレディ
「そうだな、では一緒に——」
Icon シャルル
「……ところで、この鍋に入ってる料理のような何かは一体——」
Icon フレディ
「(しまったー!)」

PNo.794 シャウラ=G=アルニャート
からのメッセージ:
>バン

Icon シャウラ
「ええ、ここで食べた沢山のパフェ…どれも美味しかったです」
Icon シャウラ
「再現出来ないのは残念ですが、それも『今』のお話……」
Icon シャウラ
「なので『いつか』を目指してチャレンジしてみたいですね!! 」
>フレディ

Icon シャウラ
「フレディさんのおかげで、より、自分の世界を客観的に見直す事が出来たと思います。
 ありがとうございました」
Icon シャウラ
「まずは、故郷に帰ってから、管理神様に質問しにいかないと…ですね」

PNo.956 結馬
からのメッセージ:

>PNo.1082 絆
Icon 結馬
「お、おう パフェってところは譲れないのな・・・」
Icon 結馬
「そうそう イチゴ系を中心で真っ赤なパフェで「レッドバロンパフェ」とかさ
ここの冒険者も減るかもだが、そういうやつらには受けもいいだろう」
Icon 結馬
「ふむ・・そういや奇天烈な食材はよく食べたが、テリメイン料理ってあまり記憶がない
テリピーチパイとかは食べ飽きたが、そういうのを巡るのも面白そうだ」
Icon 結馬
「よし、宝探しのついでにグルメの旅としゃれ込むか
旦那達を待たせ過ぎない程度にさ」


>PNo.697 フレデリック・アンカーソン 
Icon 結馬
「おっと・・説得成功か 命拾いしたぜ
・・シャルルすまんな こんな俺を許してくれ」

PNo.1244 ユリウシュ・ウゴリロトフ
からのメッセージ:
Icon ユリウシュ
ここがバン様のお店だな!!

お店の扉がバーンと、勢い良く開かれた!

Icon ユリウシュ
「いやー、先日は失礼しました。
俺としたことが、焼肉の途中に寝こけちまったみたいでよ。」
Icon ユリウシュ
「とは言っても、もちろん約束は忘れてませんさ。
この通り、バン様の作る素晴らしい物を食べに来ましたよ。」

不敵な笑みを浮かべながら、少年は店内を見渡す。
それから空いた席につかつか歩みよると、ドカッと腰を下ろした。

Icon ユリウシュ
それじゃ、パフェ一丁!
謹んで、注文させていただきます!


大きな大きな声が、店内に響き渡った。

その後、少年が新たな味覚の扉を開くのは、また別のお話――

PNo.1352 ウィンターフェロウ
からのメッセージ:
Icon ウィン
「ああ……美味しかった……。しあわせ……。」
フルーツ祭り終了のお知らせ!
山盛りあった色とりどりのフルーツもクリームもムースもジュレも、ぺろりと頂きました。
生まれてから一番幸せそうです。

Icon ウィン
「ひえひえパフェみたいに氷が主役のパフェもあれば、これみたいに色んなフルーツが主役のパフェもあって、楽しいね。パフェ。」
Icon ウィン
「……よーし、ありがとう。ここに来れて良かったよ。ほんと。
そうじゃなきゃ、パフェの美味しさも知らなかったし。」
Icon ウィン
「それじゃ、一旦お勘定お願いしようかな」

PNo.1391 アルストリア=エーテルフォージ
からのメッセージ:
Icon アルス
「ん。やっぱ、プリンパは安心みあるな!」
Icon フォル
「うん♪安心みあるねぇ。」
Icon フォル
「けど、アルスが堂々とこういうの頼むのは意外だねぇ。
あ、別に悪い意味じゃないよ?」
Icon アルス
「うっせーよ、パフェ屋でパフェ喰って何が悪い。
で、あれば自分好みのパフェ喰うのが正義だろ!」
Icon フォル
「うんうん、そう思うそう思う。
いやぁ、オレもアルスが大きくなるのを見てちょっと感動した感じ。」
Icon アルス
「なんだそりゃ…。ま、良いケド。。。」


>バン
Icon アルス
「そいや、お前等もどっか別の世界行くんだろ?
そうすっと、この店も閉めるんだよな。」
Icon アルス
「…時々はこの世界に戻って来る予定なので、
なんかこー、拠点ぽい此処が無くなっちまうのは寂しい限りなんだが…」
Icon アルス
「まぁ、でも短い間だったけど良いモン喰えたし、良い居場所にもなった。
あんがとなぁ。」



>ディーネ
Icon アルス
あ、こちらにいらして居たんですね、お待たせしました!(敬語)
Icon アルス
「…にしても、精霊がパフェって、ふかーーく考えるとフシギな感じだよなぁ。
そのパフェは何処から来て何処へ行くのだろう…?」
Icon アルス
「ええと…」
Icon アルス
「ぱ、パフェ屋も良いけどさ、その…
うん…此処もじき閉まっちまうだろうしさ。
普段居る場所とか…こう…教えて貰えると…
ほら…ワカメだの何だの持って行けるんだけど…
その………うん…。」

PNo.1491 シア・ジャールカンド
からのメッセージ:
Icon シア
「はは。実際美味いからな。バンの腕前がいいからさ。」


Icon シア
「いや、礼を言うのはこっちの方だよ。」
Icon シア
正直なところ… この店に来るまで、パフェは俺のような男が食べるものじゃないんじゃないかって思ってたんだよ。」
Icon シア
「でも、実際は種類も豊富だし、味も盛り付けも色々工夫してあって、男の俺でも全然違和感なく食えるものだった。」
Icon シア
「バンが店に誘ってくれなけりゃ、いつまでたっても誤解したままだった…
いい経験をさせてもらったよ。ありがとう。ご馳走様。」


Icon シア
「ああ、またどこかに食べに行こう。
…しかし、食べてばかりだと食い過ぎて太りそうで怖いな!」
--------------------------------------------------------


|
コミュニティメンバー
ワカメ
--------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------