Seven Seas

line1
C1082 パフェカ
line3-2
line
パフェカ



★ダイスパフェ祭り★
皆でダイスを振って大きなパフェを作りました。誰でも食べられます。
ダイスを振って変なのにあたってもいいし、普通に食べてもいいしご自由にどうぞ。
もぐもぐしている人がいなくなったら終了です。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

パフェが食べたくて作った小さなお店です。冒険の合間に不定期で営業しています。
とりあえずやれるとこまでやってみます。来店ありがとうございます!

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

■■■メニュー■■■

★通常★
・チョコレートパフェ
・バナナパフェ
・ストロベリーパフェ
・プリンパフェ
・抹茶パフェ
・キャメラルパフェ
・マロンパフェ   
・紅茶パフェ    
・ウィンウィンパフェ 
・ミニパフェ※
・オーダーパフェ※

-----------------------------------------------

★ダイスパフェ★
1・イカ墨パフェ
2・イワシパフェ【抹茶ベースのパフェに焼きイワシがどーん!】
3・ナマコパフェ【生クリームとナマコのこりこり新食感!】
4・ぱちぱちパフェ【口の中でぱちぱち弾けるキャンディー入りの派手なパフェ】
5・ひえひえパフェ【ミルクとソーダのシャリシャリフローズンなパフェ】
6・ラブパフェ

-----------------------------------------------

★ドリンク★
・紅茶・コーヒー・各種ジュース
(ホットとかアイスとかオレンジとか言えばそれで出てきます。たぶん)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

■■■その他■■■

※ダイスパフェについて
普通のパフェじゃつまらねぇぜ!という人向けのパフェ。注文と同時にダイスを振りましょう。
次回、出た目のパフェが出てきます。またダイスを振らなくてもラブパフェ以外は普通に注文もできます。
味についてはお任せです。口に合う合わないはお好きなように。ダイスで決めたっていいんだよ!



※オーダーパフェについて
メニューにあるパフェから好きな材料をチョイスしてお好みのパフェを作ります。
【例】チョコレートストロベリーなパフェ、ぱちぱちとひえひえのコラボパフェなど



※お代について
特に細かく決めていないのでお勘定ここに置いておくぜとか、
支払いの旨を言っていただければ伝票をお持ちします。



※ミニパフェとお土産
頼めばできるらしい。


※店での過ごし方について
のんびりまったりパフェを食べるも、果敢にダイスパフェに挑戦するも、
それを見て優雅にコーヒーだけ飲むのも自由です。ただ暴れたりするのはご遠慮ください。



※店員について
Icon 作ってる人です。
知り合いが来たら出て行ったりもします。


Icon ウェイトレスです。注文は彼女にお願いします。
普段は小さな妖精ですが、店内に限り人間サイズです。




★★★★★オープン→4/15更新日より★★★★★

気がついたら一周年でした!!!!(遅い)
line

|
コミュニティメッセージ
ワカメ
--------------------------------------------------------
PNo.1082 絆
からのメッセージ:

Icon バン
「追加アイス案とか、お土産のパフェ作ってて思ったんだけどー
 ミニパフェもメニューに入れてみようかなぁ。
 ちょっと食べたい時とか。あとお持ち帰り用に。」
Icon バン
「そんなわけでミニパフェを追加しましたー
 よろしくよろしく-」



――――――――――――
>リーヴィア
――――――――――――
Icon バン
「わーナマコパフェ完食ありがとうー
 さすが食べ慣れてる人は違う!
Icon バン
「そしてラブパフェだ!ラブパフェがでた!!すごい!!!
 おめでとーーーーー!」

Icon バン
「というわけでラブパフェです。
 仕上げはエステルにおねがーい。」
Icon エステル
「ええ…本当にやるの……」

Icon バン
「えーだってそういう決まりだったからー」

Icon エステル
「………。」

Icon エステル
「ん、んん。では……」

Icon エステル
「ラ・・…ラブパフェ、ラブパフェ、らぶらぶどっきゅーん♡

【とかなんとか言いながら、ハート型のチョコを天辺に乗せた】

Icon エステル
「…………」

Icon エステル
「……」

Icon エステル
「…ド、ドウゾ。早く食べてネ。」

■――――――――――――――――――――――――――――――――――■
Icon  【ラブパフェ】
 食べると不思議と幸せな気分になれる、ラブリーな限定パフェ。
 チョコにクッキーにマシュマロ、マカロン!お菓子がいっぱい!
 結構なボリューム。
■――――――――――――――――――――――――――――――――――■



Icon エステル
「ねぇ、このセリフいる?!いる?!」

Icon バン
「だ、だって天の声が!(?)
 それにだからダイス6でしか出ないんじゃんー」


――――――――――
>ディーネ
――――――――――
Icon バン
「チョコレートパフェだね、了解ー」

Icon バン
「あ、フレディさんの奢りなんだね。さすがフレディさん、太っ腹だー
 じゃあ、ちょっと待っててね。」

【そう言ってその場を離れ、程なくして――】

■―――――――――――――――――――――――――――――■
Icon  【チョコレートパフェ】
 スタンダードなチョコレートパフェ!
 チョコが好きならやっぱりこれ!
■―――――――――――――――――――――――――――――■

Icon バン
「はーい。ご注文のチョコレートパフェでーす。」


――――――――――
>ヴァラコヤール
――――――――――
Icon バン
「あ!ヴァラコヤさん!いらっしゃいませー」

Icon バン
「え…?乳を提供…あ。生クリームのこと?
 材料は街で仕入れてるよ。ちょっとお高いけど。」
Icon バン
「チョコレートパフェだね。おっけー
 いつも色々ご馳走になってるしね、頑張るよー」

【と、奥へ引っ込んで間もなく】

Icon バン
「よーし、できたー!お待たせしましたー!」

■―――――――――――――――――――――――――――――■
Icon  【チョコレートパフェ】
 今人気のチョコレートパフェ!
 みんなー!!コヤ様がパフェを食べるよー!!
■―――――――――――――――――――――――――――――■


――――――――――
>シャウラ
――――――――――
Icon バン
「そうだね、きっと喜んでもらえるよ。
 そういう話聞くだけでもおれは楽しいかなーって思う。」
Icon バン
「あはー基本的にはパフェしかないけど
 シャウラに食べてもらえて良かったって、本当にそう思うよ。」

Icon バン
「そっか、結構色んな人が行ってるのかな。
 このお店にも色んな人が来てくれてるし…」
Icon バン
「わかったー。じゃあ、堂々と行くね(?)」

――――――――――
>ルサルカ
――――――――――
Icon バン
「ほんと?ありがとー
 でもラブソングかぁ…おれまだ経験ないんだけど、大丈夫かな?
 ルカはどう?あったりする?」
Icon バン
「おー、ライブで一緒に歌うの楽しそう!
 歌う歌うー!」

Icon バン
「そうだね、一応魔法使いやってます。ふふ。
 おれはあんまり個性的な魔法とかは使えないんだけどー
 応用すれば色々できないこともないかな。」
Icon バン
「得意な魔法かー んーん。
 回復魔法とかは得意な方かな?」


――――――――――
>結馬
――――――――――
Icon エステル
「あ…そう…
 まぁ、えっと…じゃあ、機会があればね…」

【なにか耐えらえず、すいっと視線を逸らした】


Icon バン
「そうそう!兄貴の槍技はこんな感じだよね!」

Icon エステル
「いやー…でもさすがに刺さりすぎじゃない?」

Icon エステル
「ん?んーん。別にーなんでもないわよー」

【そしてエステルは勝手にパフェからポッキーを一本抜くと、そのまま自分の口に運んだ!】
【身内というか、結馬くんに対してはかなり自由だ!ぽりぽりぃ】



――――――――――
>デジデリオ
――――――――――
Icon バン
「お祭りに参加してくれてありがとー
 こうして大きなパフェが作れたのも、デジデリオさんや皆のおかげだからさ。」
Icon バン
「うん。デリシャス美味しいよねー
 おれも作ってる時にちょっと味見しちゃった。へへ。
 普通に林檎パフェを作ってもいいかもしれないね。」

【そしてそんな風に食べてもらえたら、もうにこにこが止まらないのである(?)】


Icon エステル
「あたしみたいに?あら、良いこと言うわね。ふふ。
 でも苺パフェは本当におすすめなの。」
Icon バン
「いえいえーこちらこそありがとー。お仲間さんにもよろしくね。
 あ、お会計だね。はーい、確かに。」

【お土産の分のお代を受け取り、ぺこりと頭を下げる】

Icon バン
「またいつでもきてね。まってまーす。」


――――――――――
>アルストリア
――――――――――
Icon エステル
「自分を上げていくことは大切よ。自信は持つべきだわ!
 あら、お姉さんがいるのね。いいじゃない。」
Icon エステル
「どっちって… まぁ、一応エステルって名前があるけど。」

Icon エステル
「なんならお姉さんって呼んでくてもいいわよ?ふふ。」

Icon エステル
「絆とは旅の仲間ってところね。
 特に契約とか、そういうのを交わしてるわけじゃないわ。
 偶に力は貸したり借りたりするけど。」

 

PNo.77 リーヴィア
からのメッセージ:
Icon リーヴィア
「…………」
Icon アイラ
「…………」
Icon リーヴィア
「…………」




Icon リーヴィア
「ラ、ラブパフェです!!!!!!」


何度目をこすっても、ダイス目は6!

6!



6だ!!

Icon リーヴィア
「やったー!ラッブパフェ♪
ラッブパフェ♪」

Icon アイラ
「やったのです!
 これはもう七海を完全攻略したと言っても過言ではないのです!


――――――――――――――――――

>>アルスくん」

Icon リーヴィア
「あ、わ、アルスくんだ!」
Icon リーヴィア
「ふふふー、ラブパフェ当たりました!
 いいでしょ~」

ナマコパフェを食べていた時とは違い、すこぶる上機嫌だ!

PNo.280 アルテルス・ミィル
からのメッセージ:
Icon アルテルス
「初めて食べたというかまず聞いたことも見たこともなかったからね、大丈夫なのかなって思ったんだけど…おいしいよコレ!」
Icon アルテルス
「元々を考えれば生地を焼いたものだしかけるものが変わればイメージなんかと全然違うものになるんだねって…ちょっと色々考えてみるのもありかも。」
Icon アルテルス
「い、いやぁ、茶葉も使ってくれてありがとね、まさかあんなに砕けてるとは思わなくって…いつ砕けちゃったんだろ。この間もの探した時になんかと勘違いして握りつぶした時かな…?よく確認しなかったし…。」

PNo.294 ヴァラコヤール
からのメッセージ:
Icon ベアトリーチェ
「ビーフシチューパフェ……!
その悪魔的領地の発想はまるでおやじさん……、あぶないよ。今ならまだ間に合うよ。」
Icon ベアトリーチェ
「ほら、パフェとシチューならどっちも牛乳使うしさあ、生クリームと肉って意外と合うじゃない? とかね。まあ無茶振りだし言ってみてるだけなんだけどねっ!」
Icon ベアトリーチェ
「ああ、なるほどー!
じゃあサイコロ振ってみよう。えい!(コロコロ……)
6

PNo.697 フレデリック・アンカーソン
からのメッセージ:
>>絆くん(1082)
Icon フレディ
「わっはっは!まかせたまえー!」
Icon シャルル
「料理しようとしたら僕が止めますんで……(こっそりと」

Icon フレディ
「な、なんだかそれでは私がゲテモノばかり食べてるようではないか……」
Icon フレディ
「とはいえ、心配することはないぞ! 私は滅多なことではお腹は壊さない!」
Icon シャルル
「……前にフライフィッシュのお刺身でお腹壊してませんでした?」

>>ディーネさん(164)

Icon フレディ
「おお、ディーネくん!」
Icon フレディ
「うむ、絆くん。彼女の分は私が払っておくから、代金は私の方に付けておいてくれ」
Icon シャルル
(またいつの間に他人に奢る約束を——!?)

>>提督閣下(294)

Icon フレディ
「ヴァ、ヴァラコヤール氏!?」
Icon フレディ
「あ、ああ……そういえば牛乳を探していたな……しかしそれでは周りの者から勘違いされないかね?」

>>シャウラさん(794)

Icon フレディ
「ふ、ふむ……なかなか辛辣な評価よの……そちらの世界の神は、意外と信仰を強要してこないタイプなのかね?」
Icon フレディ
「フゥム……君臨すれども統治せず、……とはちと違うが、放任主義者のようなものなのだな」
Icon フレディ
「ああ、それだ! 『飛行機』というものだな。フゥム、”ぜろせん”というものもあって、それは時代遅れでもあるのか……世界の進歩というのは素晴らしいものだな」
Icon フレディ
「まあ、大抵の世界では武力は最も重要な関心ごとの一つだからな……私とて、軍部の依頼を幾度も受けているから人ごとではない」
Icon フレディ
「結局のところ、使う者次第ではあろうが……技術というものには真摯に向かい合うべきなのだろうなぁ……」

>>ルサルカさん(887)

Icon シャルル
「あ、ああ……なるほど、人魚が貝殻を付けてるのって、人でいう原始人的衣装なんですね……」
Icon シャルル
「どんな服が好み……うーん、今みたいな落ち着いた服装であればなんでも……」

>>結馬くん(1391)

Icon シャルル
「え、僕が料理ですか?」
Icon シャルル
「……そういえばしたことなかったですね……でも出来るかな……」
Icon シャルル
「さすがに先生以下にはならないと思いますが」

>>アルスさん(1391)
Icon シャルル
「アルスさんは時々面白いことを言いますね。僕のどこが黒いんでしょう」
Icon シャルル
「どこも黒くない、いいですね?」
Icon シャルル
「その常套句、大抵危険なものについて言われるんですが……」
Icon シャルル
「”その手の筋”っぽいのは、先生のせいじゃないですかね?だいたいあの人のせいで大変なことになるので」
Icon シャルル
「ここに来てからは少し落ち着きましたが……以前は本当に…………」

PNo.956 結馬
からのメッセージ:
Icon 結馬
「うへ・・知った顔が多いなと思ったがヴァラのオッサンまで来てるじゃねーか
ま、客としておとなしくしててくれると信じよう」

PNo.1352 ウィンターフェロウ
からのメッセージ:
>バン
Icon ウィン
「こ、この器に山盛りのフルーツ!? そ、そんな贅沢なことをしていいの!? いや、けど、しかし……もしその時が来たら、ぜひとも呼んで。絶対さね。」
Icon ウィン
「??? え? タコは入ってないんだよね。それじゃあたこ焼きじゃ……あ、はい。たこ焼き、わたしも好きさね。」
(にこーーーっ、ぎこちない、精一杯の笑顔で写真に写った)
Icon ウィン
「う、うん、こちらこそ、ごちそうさま。ありがとうさ、ね。よく撮れたようなら何よりだよ。
……一歩前へ進めるとか大げささねぇ、もう。」
Icon ウィン
「それ、それ! ストップ!そういうの言わない! 禁止だよ!(シャー)」

PNo.1391 アルストリア=エーテルフォージ
からのメッセージ:
Icon アルス
「………。」
Icon アルス
「我ながらやっぱ島バナナは、甘ったるいパフェのアクセントとして…」
Icon アルス
合う!!!! #どっかのCM風」
Icon アルス
「これぞ福祉。
…最強だな、最強。
あ、おっさん先生のチョコも削って使えば、
パリパリ感あって良いじゃん、うん。
これぞ福祉。



ご満悦続行中。
**********************************************
>バン
Icon アルス
「あー悪ぃ悪ぃ。
困らせるつもりは無かったんだ。」
Icon アルス
「ともかく安心しろ。
ユーマは一度斃れた後に全ての魂の罪を赦され24時間の後に復活すると良いな! #良いな」
 
(※御存知の通り、この後、見事にカエリウチ。サツバツ!!)


Icon アルス
「…(こそ)
そいやさ、バン。
あそこの白いねーちゃん(※ウィンターフェロウさん)、お前のカノジョか何か?
…やることやってんだなぁ、バン♪」



>結馬
Icon アルス
「は? 俺はちゃんと人語を喋ってるだろ!
お前はぼうで叩かれ地に斃れ伏しその20と4の時間の後に復活し魂の穢れが祓われると良いな! #良いな」

(※しかし、その後見事にカエリウチ! ハラキリ!!)


>リーヴィア
Icon アルス
って、まだ喰うんか!カロリーの楔は何処へ断ち切ったお前!?

PNo.1491 シア・ジャールカンド
からのメッセージ:
Icon シア
「さくらんぼはさ…喫茶店の雰囲気がする果物で… なんというか、浪漫を感じるんだよな。
ほら、ソーダ水に浮かんでるヤツとか、ホットケーキに乗ってるヤツとかさ。」

さくらんぼへの想いをひとしきり語った後、ウキウキした表情でさくらんぼを摘み、ぱくりと頬張る。

Icon シア
「このチェリーアイスも美味いな。ほのかな酸味と香りが爽やかだよ。
…なるほど、彩りも兼ねてるのか。バニラの白とチェリーの赤、ソーダの水色のコントラストがいいね。」

そして…

Icon シア
「チョコレートたこ焼き。」

ダイスの目を確認して固まった虎。思わず店主の青年が発した呟きを繰り返す。

Icon シア
「………。」

少し躊躇ったのち、覚悟を決めて口に放り込む。

Icon シア
「………。」

Icon シア
「ふむ。ソースはチョコレートで…中身もチョコなんだな。たこ焼きっていうからタコが入ってるのかと思って焦ったよ。
ちょっとモッチリ感のあるチョコレート味のシュークリームみたいだ。悪くないな。」
--------------------------------------------------------


|
コミュニティメンバー
ワカメ
--------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------