Seven Seas

line1
C1101 海底遺跡
line3-2
line
海底遺跡

 比較的、浅い水深にある、住居遺跡。
 其処に有るのは、最上階らしき部位のみで、砂に埋まった階下がどうなっているのかは定かでない。
 家財らしい家財は何も無く、窓と扉も既に朽ち、仕切りの役目は果たせていないが。
 石造りの壁と屋根だけは、綺麗に残っている。

 部屋が幾つ有るかは判らない。
 見えている範囲には、片手で数える程だが。
 砂に埋もれた階段があることを鑑みるに、使える部屋はもっと沢山あるのかも知れない。
 ……掘り出す手間は掛かるが。

 とまれ、魔力探知なり、音波感知なりの結果。
 特異なものが階下に埋もれている気配は、無かったらしい。

 出入りを咎める者が居るでなく。
 特に何が起きるわけでもない。
 寝床にするもよし。
 日除けにするもよし。

 ただ、穏やかな海底にひっそりと佇む。
line

|
コミュニティメッセージ
ワカメ
--------------------------------------------------------
PNo.1101 闇
からのメッセージ:
Icon
「………」
 若干、渋い顔をしつつ、巣材に群がるうにを窓から投げ捨てている……

ラーウス[805]
 あたたかな日差しに照らされ、泳ぐおさかなたち……
 と、思っていた矢先!


 >゜]))))))< バーン

    > 突然の巨大魚襲撃! <

 もごもごと動く口からは、食われたらしき磯巾着の残骸がちょっぴりはみ出ている……
 そのおさかなの視線が、さりげなくイ・ソギンとギ・ンチャクを見ている、気がする……!

>===[遺跡]===
【最上階】
 巣材部屋の窓外に積み上がるうに。今なら食べ放題の様相を呈している……
 別の空き部屋では、ハーヴェスタが新たに自分用個室として、環境を整える準備を進めているようだ……

【地下一階】
 日当たりのいい場所に集まるおさかな。
 そして突然の巨大魚。
 成長を始めた磯巾着を食っているようにも見えるが、ラーウスの肩にいるイ・ソギンとギ・ンチャクの今後の動向が注目される(?)。

PNo.74 ハーヴェスタ
からのメッセージ:
Icon 部屋の隅に刈った海草を敷き詰めて、寝床めいた物を作ってみるが――
Icon ヴェス
「うーん、あんまり寝心地良くないなぁ。何かコツがあるのかな……?」
Icon あれやこれやと、試行錯誤を続けている――

PNo.568 フェルテウス
からのメッセージ:
Icon フェルテウス
「…魚が、餌が、たくさんいる…?」
飢えた悪霊猫モドキが現れた

PNo.805 ラーウス・リシリィ・コンブリオン
からのメッセージ:
(地下一階。日当たりの良い場所で相変わらずウロウロ中。)
Icon ギ・ンチャク
んぽ。
(磯巾着の幼生を見つけて喜々として寄っていく。)
Icon ギ・ンチャク
ぽ。ぽ…んぼぅ!!!

(突如、大きな影に吹き飛ばされるギ・ンチャク!)
Icon ラーウス
「…?! な、なんだ…と?!」
★大きな影の正体は? →→→ 1

1~5:ギガントミノウミウシ(とにかくデカい!)
6:ギガロヒトデスピナー(動きヤバめ)
--------------------------------------------------------


|
コミュニティメンバー
ワカメ
--------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------