Seven Seas

line1
C1128 槍使いの集い
line3-2
line

まったく槍という武器は素晴らしい。
この世界には数多の武器が存在するが、それらの中でも一際輝くのが我らが相棒である槍だ。

さて、最初に言っておこう。
テリメインの探索に参加するに当たり、得物とする武器を迷った者も多いだろう。
特に我らが得物である槍は、飛び抜けた数値も無い上に「回避力↓」という重い枷を背負っている。

…これが銛のように「魔防力↓」だったら、まだ悩みも少なく済んだかもしれない。
なにせ身体防具は何を選んでも魔防力は変わらないのだ。
身体防具選択の自由は確保されている。

しかし「回避力↓」は厳しい。
大事な事なので二度言おう…厳しい。

この効果と探索用水着を組み合わせたりすると…
「回避できず、打たれ弱い」という致命的な弱点を背負ってしまうかもしれないからだ。
槍と言う武器を選んだ時点で「回避で生存する」と言う選択肢を心理的に制限されてしまうのだ。

また、そんな重い枷を背負った上で数値が平凡なのは極めて悲惨だ。
同じ射程「2」の錨と殴り合ったら負ける運命が探索開始前から見えてしまう。
あちらの命中力もすこぶる悪いが、こっちも回避力ダウン。
なのに攻撃数値は「2:1」……おい、ちょっと待て。

この無茶振りには昔から槍を愛用しているオレでさえ…

「よし、おっちゃん。錨を一つ宜しくね。」

と武器屋に注文したくなった。

それでも、だ。
槍を好きになり、敢えてこの武器を選んだキミはそれだけで既に一人前の探索者だ。
逆境を前にして退かぬ媚びない、その己の覚悟こそが探索者の証なのだから。
その覚悟があれば、荒れ狂う暴風も、光差さぬ新月の闇も恐れる事はない。

さあ、槍使いの同志よ、集え!
皆の知恵と技術でこのテリメインという大海原を乗り切ろうではないか!

尚、このコミュニティへの参加条件は「槍を愛する」という心意気だけだ。
例えば、槍という名前の「錨」の持ち主でも参加は自由としたい。
line

|
コミュニティメッセージ
牛
--------------------------------------------------------
メッセージはありません。
--------------------------------------------------------


|
コミュニティメンバー
ヤドカリ
--------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------