Seven Seas

line1
C1395 魔道図書室
line3-2
line
魔道図書室

どこをどう辿ったのか。
貴方は気が付けば薄暗く黴臭い部屋に立っている。

決して広くない部屋には、大きな本棚がいくつも並んでいる。
どれにもぎっしりと隙間なく本が詰め込まれているようだ。

奥には読書と筆記のための机と椅子が申し訳程度に設置されており、女が一人座っている。どうやら管理人らしい。
女はあなたが入ってきたことも知らぬげに、書物に没頭している。

壁には紙が貼り付けられており、こう書かれていた。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

当図書室は術士関連、もしくは関連と思われる書物のみ集められております。
一般の参考書や小説、絵本、コミックなどは一切扱っておりません。
魔術を学習されておられる方のための図書室であり、そのような方の利用をお待ちしております。

当図書室の蔵書は全て貸し出し禁止となっております。
決して外には持ち出せません。
閲覧のみ可能です。ご了承ください。

また、一部書物は非常に危険なため、棚にはありません。
見つからない場合は管理人にお尋ねください。

当図書室のご利用は以下のような方に特にお勧めです。

○本来は書物を媒介にして術や召喚を使用される方、またその研究をされておられる方、スキルストーンを利用してテリメインにてその力を発現させようと試みられている方

○術や召喚に関係あると思われる書や品を身に付けておられる方、またその研究をされておられる方、スキルストーンを利用してテリメインにてその力を発現させようと試みられている方

○術に興味があるが予備知識がなく、参考書を探しておられる方

〇テリメイン固有の魔力、スキルストーンの魔導の解析を研究されておられる方

○他の術者と交流したい方





※周りの迷惑になりますので大声で話したり走ったりするのはご遠慮願います。

※窓は開けないでください。命の保証はできません。
line

|
コミュニティメッセージ
ワカメ
--------------------------------------------------------
PNo.207 クロウ・A・ウエザラル
からのメッセージ:
Icon クロウ
「・・・・・・・・」

呼んでいた教本や諸々を元の場所へ戻し帰り支度をする青年。
名残惜しい事だが、この世界も色々と変わるようなので、この場所が如何なるかが分からない・・・・故に一度ここを去ろうとしているのだ。

Icon クロウ
「(小声で)人外さん勉強、頑張って・・・・それでは、またどこかで

と・・・・もう一人、ずっとここで勉強していた『人外さん』に向けて小声で声をかけ小さく手を振り魔導図書館から出て行く。
また機会があったら今度は、ちゃんと会話できるようになっていたいなぁと思いながら・・・・。

PNo.1101 闇
からのメッセージ:
Icon
「………」
 応援されている気がする!!
 ……気がするだけかもしれないが、気はする。
 それだけで、幾らか嬉しい気持ちが湧いたのか、不意に背鰭がひらひら、機嫌よさそうに波打ち始める。

Icon
「………」
 魔王が倒れ、海の大半から、潮が引いてしまうらしい。
 海が狭くなっても、ここには変わらず来ることができるのだろうか。
 ……そんな悩みも、多少、蒼白の貌の裏に過らせつつ、未だ見えぬ管理人の健勝を、ひそやかに願い続けるのである。
--------------------------------------------------------


|
コミュニティメンバー
亀
--------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------