Seven Seas

line1
C1446 夜の鳴る洞
line3-2
line
夜の鳴る洞





穏やかな海《セルリアン》の沖の向こう、
海に囲まれた孤島のひとつに、
大きな洞を天に向けた島がある。

夜ごと海風がその洞を吹き抜けて、
遠吠えに似た音を鳴らす。

水や実りのある島でもない。
船乗りたちはそうした夜の声を合図に、
座礁を避けて遠巻きに行く。

《夜の鳴る洞》

いつからかそう呼ばれる場所を、
ねぐらとする三人の探索者があった。


ジャルド・ルジェレット。
サマク。
サ・グウィン。



=============================



パーティ用コミュニティです。


 
line

|
コミュニティメッセージ
ワカメ
--------------------------------------------------------
PNo.1446 ジャルド・ルジェレット
からのメッセージ:
Icon 「……海が引く、か……
 島がただの山になっちまうな。
 海の近くにあるならよかったんだがよ。
 サマクちゃん、大丈夫?」



Icon 「海がなくなるとなると、
 ここでやってくこともなくなりそうなもんだけどよ。
 オレにさ、
 ちょいと考えがあるのよ」


「この世界が海に沈んでたのは……魔王の力だ。
 オレはだからこそ海を経由して来たし、
 海があるから、ずっとここにいた。
 オレとサマクちゃんがテリメインに来たのは、密航でだ……
 オレはほかにクニを渡るやりかたを知らねえ。
 つまり、海がないことにゃあどうにもならねえ」



Icon 「七海封魔武器は、魔王の力の一端だ。
 ところでそいつが、ここに……四つある。
 【セルリアン】【サンセットオーシャン】【シルバームーン】【プリズン】。
 こいつのなかの魔王の力ってやつをうまく使えば、
 もしかしてまた、ここを海に沈められるんじゃねえか?
 なんて思うのよ。
 いや、ここだけじゃねえ、
 テリメインの外、海でつながるずっと遠くの世界まで、
 海の底に沈められたら、
 すっげえよな」



Icon すごそうで、
 面白そうで、
 悪いことだ。
 オレは……

 こいつをやってみてえなと思ってる。

 海を呼び戻す

 本来の姿とか気の抜けたことを言っていやがるテリメインに、
 海から逃げることはできねえって教えてやりたい。

 ……」




Icon 「……ま、
 サマクちゃんとグウィンがどうするかは自由だがね。
 オレはそうやって、
 この洞を、また海につったつ洞にしてえなと思ってるよ。……」



    

PNo.1447 サマク
からのメッセージ:
Icon 「……ジャルド……。
 すごい……!
 ……そういう……話だったのか……」
Icon 「う……」

Icon 「わ……わからない……。
 ……でも……水が……水があれば……?」

Icon 「おれは……。
 ……ついてくよ。
 もう、前にも……そう言ったけど……ついていく」

Icon 「……そうだなあ。
 それは……おれもそう思うよ。
 ……ここがこうじゃなくなるのは、……さびしいから」
--------------------------------------------------------


|
コミュニティメンバー
ワカメ
--------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------