Seven Seas

line1
C1659 海上拠点《エスカベーシュ》
line3-2
line

帆が膨らんで、猫のドクロマークがテリメインの海を走る。
誰が見ても海賊船だとわかるその船はしかし、貴方を襲うことはないし、荒くれ者の声も聞こえてこないだろう。

テリメインの海で偶然出会ったのか、はたまたスキルストーンの誤作動で偶然転送されてきたか。
貴方がこの船を訪れれば、楽器を演奏するような声が、貴方を歓迎するだろう。
ここは、船上拠点――エスカベーシュ号。
楽しい日々が、貴方を待っているかもしれない。

***

■設備等
狭い四人部屋多数《空き部屋:多》
客室《空き部屋:少》
テリメインバーガー《窓口:ユニ》
浴場《風呂船》
樽型魔力式キッチン《船尾甲板》

■四人部屋状況
ドラジェ・リンス(・マヒル)
アニー・岩(・マヒル)
名無しの白狐・ミトー
チコ

※把握しているだけなので、他にもいろんな人が部屋を使っているかもしれません。
このあたりはふんわりな感じでよろしくお願いします。

■告知とか
七海の全更新予定は50回更新とゲーム開始時に掲載されていました。
もちろん予定が変わった等によって50回更新以上になるかもしれませんが、残り8更新の可能性もあります。当コミュニティや、それ以外のメッセージ等、キャラクターが七海の世界を最後まで走り抜けられるよう、頑張りましょう。



***

海上拠点《エスカベーシュ》へようこそ!
ここはテリメインを探索しながら、船内を拠点に生活するロールプレイコミュニティです。
マナーを守りながら、キャラクター達の生活を描く場としてご利用下さい。


■説明とか
・海賊船ですが、キャラクター達はPKとしての海賊ではありません。どなたでもお気軽にご参加下さい。
・プレイヤーとして発言することは極力控えて下さい。
・コミュ主や船員だけでなく、いろんなキャラクターとの会話を楽しみましょう。
・参加者がイベントを起こしても構いません(例:面白いアイテム見つけたよ!等)
・寝泊まりは船内にある寝室を利用して暮らしています(ほとんどが狭い4人部屋になります)
・スキルストーンの転送機能を使って、いつでもやってこれます。
line

|
コミュニティメッセージ
ワカメ
--------------------------------------------------------
PNo.1659 リンス・アライアス
からのメッセージ:

■ PNo.634 ノナ・ガチチャ
■ PNo.1663 ユニ("Juni")

Icon リンス
「む。それは確かにそうかも
 でもユニはお姉ちゃんじゃないしなー、リンスのほうがお姉ちゃんだしなー……ユニって子供っぽいしー……」

 姉という立場に謎のこだわりを持つリンスは、どうにもユニを姉呼ばわりすることには抵抗があるようだ。
 リンスはしばらくうんうんと唸っていたが、ノナが独り言のように「嘘おっぱいって何です?」と口にすると、

Icon リンス
「んひ」

 笑った。無邪気な笑みだった。

Icon リンス
「よーくぞ聞いてくれましたー! ……のです!
 実はねー、ユニはねー、ちょっと前までおっぱい大きかったんだけどそれは嘘――」

Icon リンス
「もごもごもご……!!!!」



■PNo.1473 アイリーン・ガラルド

Icon リンス
「うーわー……」

 むしろ効きが半端な分、余計に酷く見えてしまう。まるで酔っぱらいを見ているようだ。

Icon リンス
「うーん、リンスこういう魔法も得意だったのかなあ……
 というかなんでこんなことにしたんだっけ……」

Icon リンス
「あ、そうだ。宝石をもっと持ってきて貰いたいからだ」

 そうではなかった気がする。

Icon リンス
「それじゃあそうだなー……
 貴方はだんだん秘密をはなしたくなーる……人には言えない秘密をリンスにこっそり教えたくなーる……」

 この少女、催眠術で弱みを握るつもりである。

PNo.601 ストラクリス・エスメラルダ
からのメッセージ:
>>>PNo.1663 ユニ("Juni")

Icon イスカ
「……何を考えてるか知らないけど、よほどの状態じゃないと人の手は食べないよ
死にそうなぐらいお腹が減ってるとかそういう状態のことだね」
Icon クリス
「他の世界でそういう状態になっていたのを知っていたのではないでしょうか?他の世界にも居るのでしょうあなた」
Icon イスカ
「そういう伝聞か……じゃあ正確な情報を知らないのも無理はないね」

 このぐらい説明しておけば大丈夫だろうとイスカは再びハンバーガーを口にしだした

Icon クリス
「……イスカと言う神様は過去の記録によると存在していないんですよね、だから自称神様、と」
Icon イスカ
「白いのの言ってることはおそらく正しい、けど私としては同郷の神様、というのが正しい答えになるかな」
Icon クリス
「この返答に対する答えをロジカルに考えると彼女は未来から来た神様、ということになるんですよね。肯定も否定もしてくれませんが」

イスカはユニにしか聞こえないような声で一言付け加える

Icon イスカ
あの子にははぐらかして答えたけど、答えることができないって言うと察しのいい人にはわかるんじゃないかな、と思ってるよ

PNo.934 フラック
からのメッセージ:
Icon フラック
「そうか、もうすぐここを離れた後のことも考えなきゃ、なのか…」
Icon フラック
「出来ればずっとここに居たかったが…ユニにもう会えなくなるのも、な…」

(外を眺めながらそんな事を呟くのであった)

>PNo.1659 リンスさん

Icon フラック
「あ、ああ…」

(言われるがまま口を開けると、ハチミツまみれのパンケーキが押し込まれていく。
リンスも食べてくれてるとはいえ…この量を最後まで食べきれるのだろうか。食べ終わる頃には完全にダウンしているであろう)

PNo.1116 ドラジェ・バッカニーア
からのメッセージ:
■  甲板の雪  ■

Icon ドラジェ
「頭をさらにでかく……できんのか?」

雪だるまに盛り上がる一行を見つめつつ、
へっくし、とくしゃみと身震いをひとつ。

Icon ドラジェ
「あーしかし…さすがに冷えてきたな。
あったまるもん、なんかあったか。」

そうつぶやきつつ、キッチンへと向かった。


PNo.1138 チコ=S=ラスティーシャ
からのメッセージ:
■  甲板の雪  ■

Icon あおごけ(【青苔】のくらげ)
「~~……」

しょうがないなぁ、と言いそうな顔をしながらもぞもぞする。
程なくしてあおごけの身体が発光し、ももも、っとサイズが大きくなる。

Icon あおごけ(【青苔】のくらげ)
「――?」

こうして程よいサイズになった頭の人は『こんな感じ?』といった様子でほんのり光る。

>PNo.499 装甲水鬼
Icon あおごけ(【青苔】のくらげ)
『それなら大丈夫そうだね。
やっぱりそうなっちゃうのかな? 不思議だけど馴染むとかそういうものなんだろうか』

Icon あおごけ(【青苔】のくらげ)
『お安い御用さ。それに結構いい眺めだから悪くないよ』
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

>PNo.1659 リンス・アライアス
Icon 初老の男性
「ほう、運命の人ですか……この子に一目惚れ? ふふっ、そうかもしれないね」
Icon 初老の男性
「……では可愛らしいお嬢さん。運命の人として、私はどうだい……?」
Icon チコ
「おじさんは、うーん……」
Icon チコ
「いい感じだけど、運命の人、ではないかなぁ……?」
Icon 初老の男性
「ははは、それは残念だ」

じっと見て少し考えた後、NGを出すチコ。
撃沈した男性はOh...と天を仰ぎながらもこのやり取りを楽しんでいるようだ。

Icon 初老の男性
「うーむ、おじさんも結構いい線だと思っていたのだが……もう少し若い方がよかったかね……?」

一通りリアクションを取ったのち、リンスに寸評を求める。


>PNo.775 アヒルのマヒル

Icon チコ
「あっ、かわいい……うん、おしゃれアヒルさん」
Icon チコ
「あっ、そうじゃ、なくて……」
Icon チコ
「これは、輪っかを、こうやって投げて、あっちの棒に、入れるお遊び」

そう言って投げた輪っかはふんわりとした弧を描き、三本あるうちの右側の棒に収まる。

Icon チコ
「横向きに、くるくるするように、投げると、いい感じだよ」

PNo.1473 アイリーン・ガラルド
からのメッセージ:

>ユニ(1663)

Icon アイリ
「へっ、あたし??」

ユニが赤面している理由も、突然切り返された理由も全く分からないままうーんと唸って目を細める。
恥じらいだとかそういった類の乙女らしい素振りは一切見られないものの、返答が今までと比べてだいぶ遅い。

Icon アイリ
「キルム…あいつはねぇ。なんていうか……なんだろ。
親代わりのような、先生のような、友達のような…??
頼もしいって思える時もあるし、ムカつくって思うこともあるし、好きって思うこともある…のかなぁ」

そう言うと同時に、アイリーンは眉間に皺を寄せそうな勢いで首を傾げた。
自分で自分の言葉に疑問符を浮かべている様子が見て取れる。

Icon アイリ
「まぁ、好きか嫌いかで言うなら好き…だと思うわよ?
にしてもさ、これってユニの参考になるの??
なんかもっとこう、真剣な感じ…?に見えるからさ」

何となく、会話に温度差があるように感じたのかもしれない。
別段茶化すわけでもなく、彼女の意向を知ろうと問い返す。

PNo.1663 ユニ("Juni")
からのメッセージ:

■ PNo.600 マグノリア・ジーニアス ■

Icon ユニ
「リンスの望むもの……なるほど」

つまりご褒美で釣る、ということだが……しかしその塩梅は難しい。
そもそもリンスが欲しいものなんて……そうそうぱっとは思いつかなかった。
自身のアルバイトのように、労働力と金銭との明確なトレードとなればとても解りやすいのだが……

Icon ユニ
「……」

……しかし、金銭というものはその地に住まう万人にとって価値が認められているものだ。
あのリンスにとっても少なからず望むものであるのは間違いがない、とは思う――例えばリンスに
ユニと手をつないで出かけるという任を与え、ちゃんと最後まで完遂できれば成功とみなす場合、
いったいいくらのお金を用意すれば、リンスの時間を購入することが出来るだろうか。

Icon ユニ
「わかりました。必ず褒めます」

マグノリアの言葉に自分なりの解法を見出したユニの瞳には、微かに闘志にも似た熱が灯っていた。

Icon ユニ
「あの……例えばリンスに――その、買い物に付き合ってもらう程度の条件を出した場合、
そのご褒美とはマグノリアは如何ほどが妥当と考えますか?」

『手をつないで出かける』から随分と言葉を濁したその質問を、ユニは参考までに尋ねた。


■ PNo.634 ノナ・ガチチャ ■
■ PNo.1659 リンス・アライアス ■

嬉々として何事か語りだすリンスだったが、その口を万力のような強制力で以てユニの両手が塞いでいた。
心なしかじっとりとした視線で眼下のリンスを見下ろしていた彼女は、その目をノナに向けると――

Icon ユニ
「リンスが何か?ユニには何も聞こえませんでしたが……気のせいではありませんか?」

――と、途端に多くのお客様を魅了する営業スマイルを浮かべた。


■ PNo.1138 チコ=S=ラスティーシャ ■

チコへの助言はユニ自身の後悔でもあった。曖昧な関係は居心地が良くて、白黒つけるのを
先延ばしにしてしまう。しかし、きっとそれではいけなかった。
それはユニがこの海で――ドラジェやリンスとの生活の中で勝ち得た知恵でもある。

Icon ユニ
「……どういたしまして。あなたに良きご縁がありますよう、ユニも祈ります」

笑顔を見せる小さな後輩に、ユニも自然と微笑み返していた。
--------------------------------------------------------


|
コミュニティメンバー
ワカメ
--------------------------------------------------------
PNo.1659 リンス・アライアス
PNo.104 リール・ラ=ミウ

PNo.134 ハイヨルテ

PNo.142 ウボゴリト

PNo.159 ミトー

PNo.162 近藤アントニオ

PNo.164 水の精霊『ディーネ』

PNo.328 ヒミコ

PNo.499 装甲水鬼

PNo.600 マグノリア・ジーニアス

PNo.601 ストラクリス・エスメラルダ

PNo.622 フランチェスカ・ヘルゼ

PNo.634 ノナ・ガチチャ

PNo.706 宝瓶のアクアリウス

PNo.775 アヒルのマヒル

PNo.837 キララ=C=ティルフォ

PNo.934 フラック

PNo.1002 カナタ・A・ホシノ

PNo.1016 シアノ・レイバー

PNo.1045 メルエット

PNo.1093 呼吸メーデ

PNo.1116 ドラジェ・バッカニーア

PNo.1138 チコ=S=ラスティーシャ

PNo.1177 シャズィール=シレス・オサ・プルゥ

PNo.1213 弁天ちゃん

PNo.1299 オリナ・クレツキ

PNo.1372 ウィス・ルーヴィス

PNo.1473 アイリーン・ガラルド

PNo.1663 ユニ("Juni")

PNo.1735 名無しの白狐

PNo.1736 パシル・パリスト
--------------------------------------------------------