Seven Seas

line1
C1659 海上拠点《エスカベーシュ》
line3-2
line

帆が膨らんで、猫のドクロマークがテリメインの海を走る。
誰が見ても海賊船だとわかるその船はしかし、貴方を襲うことはないし、荒くれ者の声も聞こえてこないだろう。

テリメインの海で偶然出会ったのか、はたまたスキルストーンの誤作動で偶然転送されてきたか。
貴方がこの船を訪れれば、楽器を演奏するような声が、貴方を歓迎するだろう。
ここは、船上拠点――エスカベーシュ号。
楽しい日々が、貴方を待っているかもしれない。

***

■設備等
狭い四人部屋多数《空き部屋:多》
客室《空き部屋:少》
テリメインバーガー《窓口:ユニ》
浴場《風呂船》
樽型魔力式キッチン《船尾甲板》

■四人部屋状況
ドラジェ・リンス(・マヒル)
アニー・岩(・マヒル)
名無しの白狐・ミトー
チコ

※把握しているだけなので、他にもいろんな人が部屋を使っているかもしれません。
このあたりはふんわりな感じでよろしくお願いします。

■告知とか
七海の全更新予定は50回更新とゲーム開始時に掲載されていました。
もちろん予定が変わった等によって50回更新以上になるかもしれませんが、残り8更新の可能性もあります。当コミュニティや、それ以外のメッセージ等、キャラクターが七海の世界を最後まで走り抜けられるよう、頑張りましょう。



***

海上拠点《エスカベーシュ》へようこそ!
ここはテリメインを探索しながら、船内を拠点に生活するロールプレイコミュニティです。
マナーを守りながら、キャラクター達の生活を描く場としてご利用下さい。


■説明とか
・海賊船ですが、キャラクター達はPKとしての海賊ではありません。どなたでもお気軽にご参加下さい。
・プレイヤーとして発言することは極力控えて下さい。
・コミュ主や船員だけでなく、いろんなキャラクターとの会話を楽しみましょう。
・参加者がイベントを起こしても構いません(例:面白いアイテム見つけたよ!等)
・寝泊まりは船内にある寝室を利用して暮らしています(ほとんどが狭い4人部屋になります)
・スキルストーンの転送機能を使って、いつでもやってこれます。
line

|
コミュニティメッセージ
ワカメ
--------------------------------------------------------
PNo.24 クロア・レプトーン
からのメッセージ:
>ユニさん

自分の発言で相手の心を乱したことなど気付かぬまま、嬉しそうにしっぽを振っています。

Icon クロア
「ううむ、素晴らしい船だ。
わたしがマンガや昔の文献等でよく見た、いわゆる海を移動するための船だな。
わたしの住む船は全然違う形をしているから、エスカベーシュはとても新鮮だ」

意外と帆船に対する憧れもあったらしく、とても好意的です。

Icon クロア
「そうだユニ、先日のハンバーガーはとてもおいしかった。
あのハンバーガーのお礼も言いたかったのだ。
この船の新鮮さと、ユニとちゃんと会えた嬉しさで言うのを忘れていた」

しっぽをふりふり、ぺこりと頭を下げました。

PNo.600 マグノリア・ジーニアス
からのメッセージ:

>ユニ
Icon マグノリア
「やっぱり何か勘違いしてないか?」
Icon マグノリア
「まぁ、そのような心配はないと思うがね」
──リンスがユニに対してそうゆう行動に出るとは思えないのだから。
Icon マグノリア
「何も難しい事は言っていない。ようするに買い物に付き合うだけなのだからね。……むしろ、私はユニの方が心配になってきたぞ」
Icon マグノリア
「リンスの方が案外いい子にしてるかもなぁ……」

PNo.601 ストラクリス・エスメラルダ
からのメッセージ:
>>>PNo.1663 ユニ("Juni")

Icon クリス
「な、なんかここまでそれっぽくされるとちょっとドキドキしてきますね……」


そーっとテリメインバーガーに口を近づけ、ゆっくりと口をあーん、と広げ食べさせてもらうのを待つことだろう

Icon イスカ
「……私の持ってる情報によると、おそらく白いのは特殊な生まれだからこれがはじめての『あーん』になるかもしれないね」
Icon クリス
「最初から大きかったら必要もないだろうからね」


つまりされる必要のなかったあーんを初めて恋人のようにされることで妙にドキドキしているのかもしれなかった

クリスはというと、人があーんされてるときに変なふうに解説しなくていいですからとでも言いたげな目でイスカを少し睨みつけてからユニに向き合うことだろう

PNo.634 ノナ・ガチチャ
からのメッセージ:
≫PNo.1659 リンス・アライアス
≫PNo.1663 ユニ("Juni")

Icon ノナ
「これが、天使の技術……!」
Icon ノナ
「柔らかくてむにむにして、実に筆舌に尽くしがたい感触なのです。
 ……本物も、こんな感じなのです?」
Icon ノナ
「恥ずかしながら、ノナは本物に触れたことがないのです」

Icon ノナ
「……ノナは、いえ、我々の種族の胸は、大きくはならないのです。
 見て呉れこそ人型に収斂してはいるものの、哺乳動物ではないのです」
Icon ノナ
「なので、胸を大きくしたいという気持ちはあまりわからないです、けれど……」

Icon ノナ
「似たようなコンプレックスは、我々の種族の中にも存在しているです
 この胸と同じように、矯正する手法も存在しているのです」
Icon ノナ
「……だから、あまり気にしないほうがいいのです。
 自分の見て呉れくらい、好きにしたらいいと思うのです」

 それはユニの様子を見ていた、ノナなりのフォローの言葉だったのかもしれません。

PNo.1116 ドラジェ・バッカニーア
からのメッセージ:
Icon ドラジェ
「オレの探索はおわらねぇ、アイツらを見つけるまでな。」

PNo.1473 アイリーン・ガラルド
からのメッセージ:

>ユニ(1663)

自分と同じような恰好で応えてくれたのが嬉しかったのか、
ニカリと歯を見せつつ満面の笑みを浮かべる。
その様は、さながら少女というより少年のようだ。

Icon アイリ
「え…?
あははっ、任せといてよ!」

慰める。今そんな言葉を聞かされることは少々意外ではあったが、
彼女もやはり緊張や不安が残っているのだろうと解釈し、自らを納得させる。
彼女の苦笑の意味など、この少女に分かるはずもない。
否…そもそも考えすらしないのだ。そんなことは。

──つい先程までは、自分にとっていわゆるお姉さん的な位置にいたであろう相手が、
今度は自分を頼ってくるという光景は何とも感慨深い代物だった。
その分、それぞれの結果への応対を考えることにも力が入る。
お疲れさまと、力いっぱい抱き締めてやるのが良いか。
頑張ったわねと、頭を撫でてやるのが良いか。
いっそのこと、宝飾品・貝殻・花束……。何か綺麗なものでも見繕ってやると良いのか。
──意図を誤解される可能性などは、これっぽっちも考えやしない──

…あとどれくらい、この海での日々を楽しめるのかは分からない。
ただ、できることならば。この場を去る前に結果を知りたいなと。
少女は小さく願うのであった。

PNo.1663 ユニ("Juni")
からのメッセージ:
Icon ユニ
「探索者としての勤めも、もうじき満了となりますが……」

Icon ユニ
「ユニは、その後どうするか、ですか?」

Icon ユニ
「……そう、ですね」
--------------------------------------------------------


|
コミュニティメンバー
くらげ
--------------------------------------------------------
PNo.1659 リンス・アライアス
PNo.104 リール・ラ=ミウ

PNo.134 ハイヨルテ

PNo.142 ウボゴリト

PNo.159 ミトー

PNo.162 近藤アントニオ

PNo.164 水の精霊『ディーネ』

PNo.328 ヒミコ

PNo.499 装甲水鬼

PNo.600 マグノリア・ジーニアス

PNo.601 ストラクリス・エスメラルダ

PNo.622 フランチェスカ・ヘルゼ

PNo.634 ノナ・ガチチャ

PNo.706 宝瓶のアクアリウス

PNo.775 アヒルのマヒル

PNo.837 キララ=C=ティルフォ

PNo.934 フラック

PNo.1002 カナタ・A・ホシノ

PNo.1016 シアノ・レイバー

PNo.1045 メルエット

PNo.1093 呼吸メーデ

PNo.1116 ドラジェ・バッカニーア

PNo.1138 チコ=S=ラスティーシャ

PNo.1177 シャズィール=シレス・オサ・プルゥ

PNo.1213 弁天ちゃん

PNo.1299 オリナ・クレツキ

PNo.1372 ウィス・ルーヴィス

PNo.1473 アイリーン・ガラルド

PNo.1663 ユニ("Juni")

PNo.1735 名無しの白狐

PNo.1736 パシル・パリスト
--------------------------------------------------------