CNo.1659 海上拠点《エスカベーシュ》
Seven Seas

line1
C1659 海上拠点《エスカベーシュ》
line3-2
line

帆が膨らんで、猫のドクロマークがテリメインの海を走る。
誰が見ても海賊船だとわかるその船はしかし、貴方を襲うことはないし、荒くれ者の声も聞こえてこないだろう。

テリメインの海で偶然出会ったのか、はたまたスキルストーンの誤作動で偶然転送されてきたか。
貴方がこの船を訪れれば、楽器を演奏するような声が、貴方を歓迎するだろう。
ここは、船上拠点――エスカベーシュ号。
楽しい日々が、貴方を待っているかもしれない。

***

■設備等
狭い四人部屋多数《空き部屋:多》
客室《空き部屋:少》
テリメインバーガー《窓口:ユニ》
浴場《風呂船》
樽型魔力式キッチン《船尾甲板》

■四人部屋状況
ドラジェ・リンス(・マヒル)
アニー・岩(・マヒル)
名無しの白狐・ミトー
チコ

※把握しているだけなので、他にもいろんな人が部屋を使っているかもしれません。
このあたりはふんわりな感じでよろしくお願いします。

■告知とか
七海の全更新予定は50回更新とゲーム開始時に掲載されていました。
もちろん予定が変わった等によって50回更新以上になるかもしれませんが、残り8更新の可能性もあります。当コミュニティや、それ以外のメッセージ等、キャラクターが七海の世界を最後まで走り抜けられるよう、頑張りましょう。



***

海上拠点《エスカベーシュ》へようこそ!
ここはテリメインを探索しながら、船内を拠点に生活するロールプレイコミュニティです。
マナーを守りながら、キャラクター達の生活を描く場としてご利用下さい。


■説明とか
・海賊船ですが、キャラクター達はPKとしての海賊ではありません。どなたでもお気軽にご参加下さい。
・プレイヤーとして発言することは極力控えて下さい。
・コミュ主や船員だけでなく、いろんなキャラクターとの会話を楽しみましょう。
・参加者がイベントを起こしても構いません(例:面白いアイテム見つけたよ!等)
・寝泊まりは船内にある寝室を利用して暮らしています(ほとんどが狭い4人部屋になります)
・スキルストーンの転送機能を使って、いつでもやってこれます。
line

|
コミュニティメッセージ
ワカメ
--------------------------------------------------------
PNo.499 装甲水鬼
からのメッセージ:
>ドラジェ(1116)

Icon

いつも通りモップを片手に甲板に出る。
と、そこには手すりにもたれかかる船長。
が、いつもと様子が違う事に気付く。

Icon ヨロイ
「……船長ヨ、何カ…悩ミ事カ……?」

声をかけてみたヨロイ。

その声は、何故か不思議といつもの無機質な風とは
違っていた・・・かも知れない。



■  甲板の雪  ■

>チコ(1138)

Icon ヨロイ
「……成程ナ……
……私モ、似タヨウナ…モノダロウカ……」

PNo.600 マグノリア・ジーニアス
からのメッセージ:
>ユニ
Icon マグノリア
「基本的に好きなモノで釣るのが手っ取り早い。子供というのは損得に実に正直だ。自分にプラスにならないと判ればまず断られるだろう。…まぁ大人だってそうだろうが」
Icon マグノリア
「ただ、そうだな。気を付ける事と言えば、約束は守る事だ。そして、いくらお返しをすると言っても、付き合わせる時間が長過ぎないようにするべきだ。子供は思ったよりも早く駄々をこねるぞ?」
Icon マグノリア
「……ん?ユニ、お前何か勘違いしてないか?」

流石に、張り切る所で違和感を感じたらしく。それは顔にも出ているような。

PNo.634 ノナ・ガチチャ
からのメッセージ:
≫PNo.1659 リンス・アライアス
≫PNo.1663 ユニ("Juni")

Icon ノナ
「海中なら電磁流体誘導推進が使えるので重量は意味を為さないです。
 奇居子……、あのノナの鉄球も、地上での運用には大きな制約が伴うです」
Icon ノナ
「もっとも、ガチチャの責務は海中だけに留まるものではないですし、
 きちんと地上での運用を想定した機構も装備しているのです」

 得意げに解説されているその鉄靴の底を見れば、小さなキャスターが付いているのでした。
 超技術を持つ彼女らにしてはやたらとアナログな機構でしたが、その精度は異様に高いらしく、
 重量を感じさせない程に軽く動かせる上にほぼ無音、さらには前進、後退、静止と、ほぼ自由に動かせそうです。
 足回りを隠していれば、それこそ滑るように優雅に動けることでしょう。
 ただし、舗装された道や床、板張りの上では自由に動けそうですが、荒地や砂地では全く使い物になりそうもありません。
 あくまで儀礼用と言っていたのも、この辺りが実用するには課題が多い為なのでしょう。

Icon ノナ
「胸の方はユニの方が専門だと思うので任せるです」

Icon ノナ
「……あ、よかったらノナの分も用意してくれても構わないのです。
 胸が大きくなるのはどのような感覚なのか、少しだけ気にならないでもないのです」

 その言葉とは裏腹に、ノナのキラキラした瞳には、大いに期待している様子が覗えます。

PNo.1116 ドラジェ・バッカニーア
からのメッセージ:
■  甲板の雪  ■

>PNo.499 装甲水鬼

Icon ドラジェ
「「うおっ!すげぇ…なんか熱くなってんぞ。」」

Icon ドラジェ
「「こりゃあ便利だが、ヨロイ、無事…だよな?」」

いままでから考えると大丈夫そうそう思いつつ、
念のため無事を確認した。ぬくぬく暖をとりながら。

PNo.1138 チコ=S=ラスティーシャ
からのメッセージ:
Icon チコ
「~♪」

キッチンでは少女が鼻歌交じりに調理をしている。
エスカベーシュ号の生活も長く、キッチンの扱いにもすっかり慣れたものだ。

PNo.1473 アイリーン・ガラルド
からのメッセージ:

>リンス(1659)

Icon アイリ
「─────」

ぼへーーーっとしている。
ほぼ間違いなくリンスの言葉が耳に入ってなさそう…
と思ったら、少しずつ瞼が開いてきた。

Icon アイリ
「はっ。
……あ、あたし今何かしてた???」

どうやら自覚はないようです。

PNo.1663 ユニ("Juni")
からのメッセージ:
■ PNo.24 クロア・レプトーン  ■

Icon ユニ
「……?」

ユニは首を傾げた。誰かの足音が聞こえるのに見回しても姿はないのである。
気のせいかと思ったその時、視線の下で何か動くものがあった。

Icon ユニ
「あ……」

視線を下げると、そこには見覚えのある丸っこい生き物――以前出会った竜の子、クロアが
行儀の良いぬいぐるみのように鎮座していた。

Icon ユニ
「こんにちは、クロア」

ユニは幼子に視線を合わせるかのようにその場にしゃがみ込み、微笑んでみせる。


■ PNo.601 ストラクリス・エスメラルダ ■

Icon ユニ
「いえ、そのようなものは目指しておりませんが……不要でしたらそれで」

断られるとあっさりと引き下がるユニ。特に残念でも――いや、少し残念だろうか?
しかし小柄なイスカはとは違い、ほぼ同じくらいの背丈のクリスにハンバーガーを食べさせてやる
自分を想像すると、なんというか、それは餌付けというよりは……

Icon ユニ
「わかりました。それでは、その、別な機会に……」

変なことを考えてしまった。
そして、変なことを考えていたせいで、妙に尾を引くようなことを口にしてしまった。
そんなことをしている間にイスカがハンバーガーを殆ど食べ終えていることに気が付き、
ユニは指につまんだ残り一欠片を、あーんっと口を開けて待つイスカに放り込むようにして食べさせる。
本当に小鳥の餌付けのようで、知らず笑みがこぼれた。

Icon ユニ
「……当店のテリメインバーガーお気に召しましたか?」



■ PNo.1473 アイリーン・ガラルド ■

アイリは、つまり同性愛であることがユニが素直になれない理由であるのかと問う。
……そもそも天使は両性具有であり、ドラジェも――その言葉が真であることを前提とすれば、
本当は男性であるのだが、ややこしくなるのでそれは言わないでおこう。

ただ、そのアイリの勘繰りはユニにとっては真でないことはすぐに断言できた。

Icon ユニ
「同性……? いいえ、それは関係ありませんが ……あ――」

そこでなるほどと、ユニは思い至る。
アイリはどうやら自分を『一度も想いを告げられていない程に奥手である』と思っているようだ。
しかしそれは勘違いだ。ユニはただ、『本人のいないところで惚気るつもりはなく、濫りにそれを
第三者に話して聞かせるのは恥ずかしいことであるという考え』なだけであり、
例えば好きな相手と二人っきりの時などは『話は別』なのである。

Icon ユニ
「――ご心配には及びません、アイリーン。 こういうことはやはり、自ら解決すべきとユニは考えますから」

……とはいえ、そんなことをわざわざ細かく訂正するほうが恥ずかしい。
ユニはあえて訂正することなくアイリの勘違いに乗っかりつつも、その善意の申し出には
やんわりとお断りを入れるのであった。
--------------------------------------------------------


|
コミュニティメンバー
ワカメ
--------------------------------------------------------
PNo.1659 リンス・アライアス
PNo.104 リール・ラ=ミウ

PNo.134 ハイヨルテ

PNo.142 ウボゴリト

PNo.159 ミトー

PNo.162 近藤アントニオ

PNo.164 水の精霊『ディーネ』

PNo.328 ヒミコ

PNo.499 装甲水鬼

PNo.600 マグノリア・ジーニアス

PNo.601 ストラクリス・エスメラルダ

PNo.622 フランチェスカ・ヘルゼ

PNo.634 ノナ・ガチチャ

PNo.706 宝瓶のアクアリウス

PNo.775 アヒルのマヒル

PNo.837 キララ=C=ティルフォ

PNo.934 フラック

PNo.1002 カナタ・A・ホシノ

PNo.1016 シアノ・レイバー

PNo.1045 メルエット

PNo.1093 呼吸メーデ

PNo.1116 ドラジェ・バッカニーア

PNo.1138 チコ=S=ラスティーシャ

PNo.1177 シャズィール=シレス・オサ・プルゥ

PNo.1213 弁天ちゃん

PNo.1299 オリナ・クレツキ

PNo.1372 ウィス・ルーヴィス

PNo.1473 アイリーン・ガラルド

PNo.1663 ユニ("Juni")

PNo.1735 名無しの白狐

PNo.1736 パシル・パリスト
--------------------------------------------------------