Seven Seas

line1
C25 マルクト社 テリメイン支店
line3-2
line
マルクト社 テリメイン支店

別世界にある巨大企業「マルクト社」のテリメイン支店です。

とはいえ、従業員はS.i.SとアシストAIと、備品扱いのアンドロイドが数名居るだけです。

<ここでできること>
・売りたいもの、その価値に応じた貴金属の交換
・食料品の販売
・廃品回収
・不明なアイテムの鑑定

要するに、個人経営の商店です。

<外見>
港に停泊している全長約700mの探査用宇宙船 「アートレーヤ 2880-Ⅲ」の格納スペースを一部開放して、立て看板が出ているだけです。

宇宙船の外観と港に停泊中のイメージは
http://insanity.fool.jp/empire/sevenseas/Tenpo02.jpg
こちらです。

余り商売っ気は感じられないかもしれません。
入ると、メカニカルな格納庫にラックが大量に置かれた光景が目に入るでしょう。

S.i.S、またはアンドロイドが入ってすぐ脇の受付スペースに座っています。

お茶くらいなら出るでしょう。多分。
line

|
コミュニティメッセージ
ワカメ
--------------------------------------------------------
PNo.25 S.i.S
からのメッセージ:
Icon >クリミーネ・ディ・ノーヴェさん
Icon ゆっくり、箱を担いで扉を潜って自分の船へと戻っていく。
ちらっと、消えた扉のあった場所を振り返る……
Icon A.n.A
「それでも、見たことがある場所に繋げられるというのは大きいです。
輸送コストを大幅に削減、時間の短縮とメリットは多いです。」
Icon A.n.A
「値段ですか、こういった魔法技術が幾らの値段をつければ良いのか悩ましいですね。
金銭的……貴金属で払えば良いのでしょうか。」
Icon A.n.A
「はい、ではこの箱を保管させていただきますので……S.i.Sが参りますので。」
Icon 近くにあったコンテナに向かうA.n.A。
そして、ミーネが歩いて行くのに合わせて、S.i.Sが近づいてくるようであった。

PNo.219 アウレリア=キストラー
からのメッセージ:
Icon アウラ
「ん、それじゃあ、今度ルイーザを連れて来た時にちょっと練習試合でもして見せようか?拠点島の訓練場とかで。それ位の時間は取れるだろうから」

【そんな提案をしてみる。一旦帰るのは、その返事を聞いてからになるだろう】
--------------------------------------------------------


|
コミュニティメンバー
ワカメ
--------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------