Seven Seas

line1
C578 七海の魔女会
line3-2
line

Icon 色々な情報を交換したり、雑談したりするコミュニティです。コミュニティ名が「七海の魔女会」となっていますが、もちろん魔女以外の方の参加も大歓迎です

Icon 探索や冒険だけじゃ疲れちゃうから、たまにはみんなでのんびりお茶会…なんてのもいいかもね
line

|
コミュニティメッセージ
ワカメ
--------------------------------------------------------
PNo.578 アギト・ブルーファング
からのメッセージ:
Icon アギト
「みんなー。次イベント決まったよ!」
Icon アギト
「ずばり、日帰り温泉旅行です!もちろんお泊りも可!!」
Icon アギト
「それじゃー詳しい説明をするねー」


Icon アギト
「というわけで、次回の26日目からイベント「七海の温泉会」を開始したいと思います。」

イベント内容
七海の魔女会のみんなはアギトがテリメインの旅行誌でみつけた「温泉街」へといくこととなります。
温泉街は色んな温泉に観光客向けのお土産店や出店など色々出店されています。
アギト達が来訪する旅館は日帰りOKの旅館で色んな温泉があることで有名です。
皆さんはそこで日ごろの探索の疲れを癒したり、旅館でお食事したり温泉街で買い物、出し物に興じたり自由に行動してください

予定では
準備パート1~2更新(更新26日目より)
入浴パート2~3更新
解散、お泊りパート1更新
になります

準備パートは温泉街や旅館に到達、または温泉に入るための脱衣所での会話などに使います

入浴パートは文字通り入浴、または旅館内部で食事、または温泉街でショッピングなどに使います

解散、お泊りパートはその場で解散(終了)や旅館におとまりしてお泊りロールを進行する(任意)に使います


温泉は『普通の温泉部門』と『僕の考えた最強の温泉部門』の二つに分かれます

普通の温泉は過度なネタ禁止の普通のロールを楽しむ部門です。この温泉は『性別別の温泉』と『混浴』の2種類があります

僕の考えた最強の温泉は自分で好きな温泉を作り(みつけ)カオスなロールを楽しむ部門です。この部門の温泉は『混浴』になります

Icon アギト
「次回より「準備パート」になります。
描写内容は「温泉街に到達」や「旅館に到達」や「脱衣所での会話」などになります。

旅館は和風のいかにも旅館ーっという感じでお願いします」

簡単な説明はこちらにも載せていますのでご確認ください
【https://pbs.twimg.com/media/DJQkGV5V4AAfHCQ.jpg】
※外部サイトにジャンプします

質問がありましたら、お手数ですがツイッターの森のかえる(@mori_no_kaeru)宛までお願いします

あと、今回のコミュメッセですが、前々回対集団メッセージをちゃんと遅れてなかったり、前回お休みしたりで返信内容がかなりややこしくなってしまっていて、ちゃんと全員に返せているかわからなくなってしまってます。
返せてなかったりしたらお手数ですが連絡いただけると助かります
>>PNo.5 アイナ・セルフィス
Icon アギト
「わ、なに、今の声」
Icon アギト
「もー、アイナったら~急に可愛い超えだしちゃうんだから~」
Icon アギト
「うへへ~今晩、一緒にねちゃう?ねちゃう?

>>PNo.7 メロディ・アップルガース
Icon アギト
「僕がおいしいと思ったものかぁ…うーん…月並みだけどやっぱり海産物詰め合わせとかにしておこうかなぁ…」
Icon アギト
「………毒もった生き物も入れておくか…」

Icon アギト
「世界を変える?これはもう世界征服するとみなしても構わないね!」
Icon アギト
「はい、処分します!!!!!」


>>PNo.67 翠華
横に寝かされてアギトだったが衣擦れ音に思わず目を覚ます
Icon アギト
「………あれ、スイ!?」
アギトの目の前には服を脱ぎ始めていたスイの姿が…
Icon アギト
「あー、えーっと…これは…その…そういう流れ?」

<花火のお話し~>
Icon アギト
「あはは、スイが水中で光って~か。確かに綺麗かも
でもそれだと、スイはあんまり景色楽しめなさそうだね
<みんなでお料理の話>」
Icon アギト
「シーフードカレーか。うん、それよさそう」
Icon アギト
「それにカレーは強いからね!ちょっとやそっとの失敗ならダイジョウブダヨ!」


>>PNo.89 深水 梁
<酔い覚ましをもらったお話し>
Icon 酔っ払いアギト
「うあー、ありがとー、りょー。
でもあんまりやさしくしすぎるとほれちゃうぞ!!ふへへへへ」

>>PNo.139 風郷 風璃
<ピスト頭に乗っけて肩こらない?というお話>
Icon アギト
「あ、これ?うん。意外と軽いんだ。中身重さないも同然だし」
Icon アギト
「でも…アルノット大きいよね…アルノットは肩とかこったりしない?」

>>PNo.234 群青=クレア
<好きな飲み物を教えてというお話し>
Icon アギト
「僕の好きな飲み物かー。そうだなぁ果物を搾ったのをよく飲んでるかな」
Icon アギト
「甘いジュース、好きなんだよね」

<服がパージするお話し>
Icon アギト
「宝石とかに魔力か…。ただ、この海だと僕のいた世界の魔術がどうもうまく機能しなくって…」
Icon アギト
「やってみてもなんだか失敗する未来しか見えない…」

>>PNo.500 銀鱗鉄牙のアウエラ
Icon アギト
「水着かぁ…たしかに、こっちで取れる素材でできた水着とかもあるしなぁ…」
Icon アギト
「あの子…あんまりああいうのきなさそうだけど、これはこれでおもしろいかも」

Icon ナナ
「………(ここでちゃんと答えたら大変なことになりそう…)」
Icon アギト
「…あーと、えーっと…」
Icon アギト
「おきになさらず!!!!!」
ナナは笑顔でアウエラから逃げ出した!!

>>PNo.908 アクエリアス
<ロボアクアから紅茶が出るお話>
Icon アギト
「あ、え、出るのそこから!?
………い、いただくね?」
口から紅茶が出るよりいいかと思ったアギトだった

<アクアの装飾品が微妙に違っているお話>
Icon アギト
「あ、ほんとだ、アクアごとにちょっと違ってる」
Icon アギト
「………」
Icon アギト
「自分で言っといてなんだけど、アクアごとに違うってかなりおかしな発言だね!?」

>>PNo.1045 メルエット
Icon アギト
「うん、だからアルエットに抜かされないよう、僕もにがんばるよ!」

Icon アギト
「うん、海産物の方がー…(あれ、今メルエットがあげたものって陸で取れるものだよね?)」
Icon アギト
「メルエット!僕、お土産それにするよ!
勢いでごまかした」

PNo.5 アイナ・セルフィス
からのメッセージ:
Icon アイナ
「そろそろ温泉かーいや~楽しみだな」

Icon アイナ
「今のうちに気になるあの子を誘ってみるのも一興だと思うぜ?」

>パシル
Icon アイナ
「年俸とかないぜ?お金貰ってやるようなもんでもねーし」
Icon アイナ
「研究する場所ぐらいなら提供してもらったけどな」

PNo.7 メロディ・アップルガース
からのメッセージ:
>>PNo.234 群青=クレア
Icon メロディ
「……えーと、人間……なんだよな?そういった体質の異種族という訳ではないのだよな……?」
Icon メロディ
「……まあ、そうなるよな……、私が力になれる事があれば言ってくれ」



>>PNo.500 銀鱗鉄牙のアウエラ
Icon メロディ
「よし、落ち着いたな」
Icon メロディ
「……本当に落ち着いたよな?」



>>PNo.908 アクエリアス
Icon メロディ
「これは凄いな……人間だとかなり高度な魔術じゃないと出来ない事だ……」
Icon メロディ
「魔力は高ければ高いほど使える魔術も大きく変わってくるからな」
Icon メロディ
「今より魔力が多ければ難しい魔術を使える回数も変わるのに、というのはよく考える」



>>PNo.1736 パシル・パリスト
Icon メロディ
「えっ?いや、鮫と使い魔契約してはいるが、私は七海の魔女では無いぞ……?」
Icon メロディ
「えーと、あと一人は誰だったか……確か、話によればあと一人鯨の魔女がいたような……」

PNo.24 クロア・レプトーン
からのメッセージ:
Icon クロア
「ぷーぎゅるー♪」

温泉に行くと聞いて遊びに来たみにどらごんです。
手桶とタオルとせっけんを括り付けた物を背負っての登場。

PNo.67 翠華
からのメッセージ:
Icon スイ
「きゅー。前回は「あどれすがしんだからあいこんがみえなくなった」って事情があったらしーよ。
なんのことだろうね?」
Icon スイ
「顔がよくみえないと、やっぱりやりとりってしづらいもんね。
これでもうなおってるはずだから大丈夫ー」

PNo.74 ハーヴェスタ
からのメッセージ:
Icon ヴェス
「初めまして、自動人魚のハーヴェスタよ。魔女ではないけど、温泉会の噂を聞いて来たわ。」
Icon ヴェス
「まさかテリメインで温泉に入れるなんて思わなかったわ。いったいどんな効能があるのか、今から楽しみね!」

PNo.234 群青=クレア
からのメッセージ:
Icon 航空機
「事情があるんだったらしょうがねえよ…しょうがない…。」

Icon 群青
「海鮮お子様ランチにツナウィッチおにぎり、そしてこの魔女会で口にした不思議な鍋…。」

Icon 群青
私、もしかして本気で魔法少女になったりするのかも…。

Icon 航空機
どっちかっつーと魔女だろ。ウミヘビの。
ダイス5個振って4個以上同じ目が出たら即効で変化したりとか?」

Icon 群青
「なっても困る…困るけど…。」

Icon 航空機
「俺は見たいぞ。 16165

Icon 群青
あのねえ。

PNo.500 銀鱗鉄牙のアウエラ
からのメッセージ:

<<メロディ(7)
(しょぼんとしながら帰ってきた)

Icon アウエラ
「すまぬあるじよ…。とっくに採られてしまったのか見つからなかった…」
Icon アウエラ
「代わりにウミヘビを狩ってきたのだが食べないか? 蛇は滋養強壮に効くらしいぞ!!」

PNo.908 アクエリアス
からのメッセージ:
Icon アクア
「アギトがなんでもするらしいっス!」
Icon アクア
「マジっスか、じゃあおいしいものたくさんたべたいっス!」
Icon アクア
「他人の財布で食べ放題っス!!」

>>メロディ(7)さん
Icon アクア
「そんなこんなで無事ストームレインを抜けたっス!」
Icon アクア
「お店に高そうで強そうなのいっぱい追加されたっス!」
Icon アクア
「PKに出会わなくてよかったっス、それはそれとして…いまだに食事がテリポークセットだけなのは悲しいっス…」
Icon アクア
「焼きナマコ拾い食いして酒を飲むしかないっスー!!」

>>翠華(67)さん
Icon アクア
「なんたって全員壁っスからね!あえて修羅の道を選んでる気分っス!」
Icon アクア
「全員属性を7つつけようって話になったので今後は火力もあがりそうっスよー」
Icon アクア
「とりあえずすべてのスキルストーンをあっし色(氷属性)に染めるっスー!」

>>メルエット(1045)さん
Icon アクア
「ほほう、れっどばろんっスか…あっしらにはまだ未開の大地っス」
Icon アクア
「いずれ行ってみたいっスねー、温泉も案外近くにあったりしないっスかねー」
Icon アクア
「あ、温泉はアギトが最近見つけてきたみたいっスよ!」
Icon アクア
「マジっすか!!?」
--------------------------------------------------------


|
コミュニティメンバー
亀
--------------------------------------------------------
PNo.578 アギト・ブルーファング
PNo.5 アイナ・セルフィス

PNo.7 メロディ・アップルガース

PNo.67 翠華

PNo.74 ハーヴェスタ

PNo.89 深水 梁

PNo.139 風郷 風璃

PNo.164 水の精霊『ディーネ』

PNo.170 イーラ・エイブラムス

PNo.178 ネリー・イクタ

PNo.234 群青=クレア

PNo.276 大海賊ニコラウと100人の手下

PNo.328 ヒミコ

PNo.459 アリーシャ・ベイオネット

PNo.500 銀鱗鉄牙のアウエラ

PNo.550 闇ニ染マリシフタリノ少女

PNo.596 ヴァール・マルストローム

PNo.660 五十里イコ

PNo.684 ピスカ・ルミナスキャスト

PNo.779 利津

PNo.810 クャヴ・ヤーキハイデ

PNo.908 アクエリアス

PNo.947 アトゥイコロカムイ

PNo.1045 メルエット

PNo.1093 呼吸メーデ

PNo.1098 フレイア・ガーランド

PNo.1110 ユアン・ハーヴェイ

PNo.1127 アネモニィ・テンタクローゼ

PNo.1346 カーマイラ=レギーナ

PNo.1361 ねこ

PNo.1736 パシル・パリスト
--------------------------------------------------------