Seven Seas

line1
C578 七海の魔女会
line3-2
line

Icon 色々な情報を交換したり、雑談したりするコミュニティです。コミュニティ名が「七海の魔女会」となっていますが、もちろん魔女以外の方の参加も大歓迎です

Icon 探索や冒険だけじゃ疲れちゃうから、たまにはみんなでのんびりお茶会…なんてのもいいかもね
line

|
コミュニティメッセージ
ワカメ
--------------------------------------------------------
PNo.578 アギト・ブルーファング
からのメッセージ:
Icon アギト
「皆様遅くなりましたがあけましておめでとうございます
前回で温泉会も終わり、のんびりまったりの日常回でございます。
また小休止をはさんでかるーいイベントをやりたいと思いますのでその時はお付き合いをお願いします」


Icon アギト
「いやー温泉、よかったねー」
Icon ピストリクス
「湯だった湯だった」
Icon アギト
「さて、前々回は鍋会、前回は温泉会ときて…
今度は何を使用かな」
Icon ピストリクス
「なんだ、随分気が早いな」
Icon アギト
「えー、だってみんなで一緒になにかするの楽しいんだもん」
Icon アギト
「それに早く次考えないとこの世界での探索も結構進んでるし、始めようとしたらさよなら~ってなっちゃうのも悲しいしね」
Icon ピストリクス
「そう考えるのはまだ尚早気もするが…早めになにするか決めとくのはまぁ悪かねーか」
Icon アギト
>>PNo.5 アイナ・セルフィス
Icon アギト
「え、おっさん!?」
Icon アギト
「………アイナいじれるならおっさんでもいいや」
※セクハラをやめない


>>PNo.7 メロディ・アップルガース
Icon アギト
「ヌルヌルの液体に浸かり(おぼれる)少女…すごい光景だ…」
そんな眺めをひとしきり堪能した後に手をさし伸ばす
Icon アギト
「大丈夫?今引き上げるからね?」
満足げな顔をしている


>>PNo.67 翠
温泉会のお話し
Icon アギト
「えへへー、いいお湯だねー」
Icon アギト
「ってあれ?ちょっと顔赤い?入ったばっかりだし…のぼせてるわけじゃないよね?」
Icon アギト
「………ははーん」
Icon アギト
「さては混浴で照れちゃってるな?おまーせさん」
とお姉さん気取りな感じでスイくんの鼻の頭を指でちょんとはじく

日常回のお話
Icon アギト
「あはは、そうだね。時間がいくらあってもたりないよ」
Icon アギト
「でも…デートっていうと…。ふふ、やっぱりちょっと照れちゃうね?」


>>PNo.74 ハーヴェスタ
Icon アギト
「やっぱり湯浴みは必要だからね。こういった裸の付き合いも交流の醍醐味だからね。一緒に入れて、お話できてよかったよ。」
Icon アギト
「魔女会ではのんびりお話したりお菓子食べたりと、みんなのんびりまったりしてるから、気負わずいつでも来てね」


>>PNo.89 深水 梁
温泉会のお話し
Icon アギト
「もう、リョウったら、いつも上手なんだから。褒めたってなにも出ないよー」
Icon アギト
「と、リョウはもうでるんだね。僕も…もうちょっとしたらあがろっと。」
Icon アギト
「あ、マッサージ機か…」
Icon アギト
「温泉のあとのマッサージ機…いいねぇ、あとで僕も使おっと」


>>PNo.178 ネリー・イクタ
Icon アギト
「あはは、ネリーは元気いっぱいだなぁ」
Icon アギト
「あんまり慌てていくと、すべって危険だからゆっくりにね」
と元気に探検にいくネリーを見送った


>>PNo.234 群青=クレア
Icon アギト
「わ、わ、大丈夫!?脱衣所まで送っていくよ!」
と、群青の横に並び支えようとする。身長差が凄まじく、歩く度に胸が頭に当たる(乗る)
Icon アギト
「………(でかい、おもい、やわらかい!同じ性別なのにどうしてこうも違うのだろうか!!)」


>>PNo.500 銀鱗鉄牙のアウエラ
Icon アギト
「………お、送り出したのはいいものの…大丈夫だよね?アウエラみたいな子が入れる水路とかあるくらいだもん。温泉で鮫が泳ぐのとか日常茶飯事だよきっと」
※日常茶飯事ではおそらくない


>>PNo.908 アクエリアス
Icon アギト
「え、夜這い!?」
Icon アギト
「………(トランプを持ったアクアをみる)」
Icon アギト
「あ、うーん、ん?(これは意味を間違えているな?)」
Icon アギト
「あはは、いらっしゃい、アクア。多分少ししたら他の人達も来ると思うから、思う存分遊んじゃおうか?」


>>PNo.1045 メルエット
Icon アギト
「(中の人、おつかれさまです)」
※メタ発言


>>PNo.1127 アネモニィ・テンタクローゼ
Icon アギト
「アネモニィサン アナタ 牛乳派 デスカ」
Icon アギト
「僕は断然キンキンに冷えたコーヒー牛乳派!」
ゴクゴクと飲み始める
Icon アギト
「まいうーっ」


>>PNo.1736 パシル・パリスト
温泉会のお話し
Icon アギト
「うんうん、一緒に寝…え、寝かさない!?」
そしてスイくんも一緒に連れてきて…
Icon アギト
「ん、ん!?」
パシルが持ち込んだ色々な道具を見てびっくりしている
Icon アギト
「…え、これパシルの私物?て、電気を消す!?もう!?早くない!?もってきたお酒は!?飲まないの!?」
と急な流れにアギトは混乱している

Icon アギト
「………こ、こんなのあるんだ…すごいな…」
アギトはなんか大人のおもちゃを片手に頬を赤らめながらまじまじと見ている

PNo.5 アイナ・セルフィス
からのメッセージ:
【温泉が終わって】
部屋に戻った後はゆっくりと寝ていたのでした、はしゃぎすぎて疲れたようです。

>>アギト
【日常のお話】
Icon アイナ
「アギトには敵わないな……この際だから言うけど……そうだよ、特別なあの人にめちゃくちゃにされたいんだよ……」
布団に頭まですっぽり入ってから弱々しくそう答えました
Icon アイナ
「だから……そういうのは、なしだからなアギト」
眠りにつこうとしましたが一緒に潜り込んできたのはびっくりしたようです、でも別に追い出そうとはしてません
添い寝だろうと気は許してるようです

【温泉会話】
Icon アイナ
「どうだかなー、飲んでないうちはそうといえるけどなー!」
Icon アイナ
「あとは飲んだ奴らに狙われる、とかな?」

あるんじゃないのかー?って言った感じで見てます

PNo.7 メロディ・アップルガース
からのメッセージ:
>>PNo.578 アギト・ブルーファング
・日常
Icon メロディ
「魔女の中でも特異体質持ち……という感じなのか?」

Icon エリンギ
「フゥハハー!残念ながら百回以上焼かれながらも復活を遂げた俺には火なんて怖くもないんだぜ!」
Icon エリンギ
「あ、でも熱いのは熱いんでそれだけは勘弁してくださいお願いします。」

・温泉会
Icon メロディ
「ああ、ゆっくり……出来たらいいな……」

その後やっぱり不憫な目(白濁に沈んだアレ)に遭ったのは言うまでも無かった。

・そしてお泊まり会
Icon メロディ
「……ついに……この時が来てしまったか……」
Icon メロディ
「アギト、かなり気合入れて怪談の準備しているみたいだしな……」
Icon メロディ
「……い、いや、私はアギトより年上なんだ!情けない姿を見せる訳には……!」
Icon メロディ
「……どうしよう……」

なんか一人敷いた布団の上で物凄くガクガクしてる。

Icon メロディ
「……こ……これは武者震いだ!別に怖い訳じゃないからなっ!?」


>>PNo.74 ハーヴェスタ
Icon メロディ
「確かにそういった術の研究をしている者もいたが、私は一人で黙々と研究をしたいタイプだしな……」
Icon メロディ
「む……むう、しかし……な……」
Icon メロディ
「……少しは考えておくか……」


>>PNo.500 銀鱗鉄牙のアウエラ
・日常
Icon メロディ
「まあ流石は鮫、と言ったところだな……」
Icon メロディ
「……鯨は保存が面倒だから勘弁してくれ」

・温泉
Icon メロディ
「いや、温泉っていうのはそういうものだからな?
安心して体を休める場所だからな?」
Icon メロディ
「あ……ああ、何かあったら呼ぼう……」

・上がった後
Icon メロディ
「……」
マッサージチェアでくつろぐ鮫の姿を見てコメントに困っている!


>>PNo.908 アクエリアス
Icon メロディ
「……はっ!?い……今のは何だったんだ!?目の錯覚か!?」
Icon メロディ
「……これが妖精の力……で、良いのか……?」

PNo.24 クロア・レプトーン
からのメッセージ:
【温泉のおはなし】
>PNo.578 アギトさん
Icon クロア
「むむ、そうか……人型で広いお風呂に入ったことが無いから、試したかったのだ」

というわけでぽきゅんと変身。
ちょっと大人っぽくなってきた少年の姿になりました。
これで完全に男らしい男の子。

Icon クロア
「……温泉とはすごいな。こっちの姿でも広く感じる。
病みつきになりそうだ」

ぼんやりした顔ですが、まんぞくげです。
 
>PNo.908 アクエリアスさん
Icon クロア
「よぉし、では温泉のふちを一周だ。」

ぷかぷか浮いたまま、しっぽを揺らすスピードで動きます。めっちゃゆっくり。

Icon クロア
「たのしいなぁ。
温泉とはいいものだ……」

まったりたのしそう。

PNo.67 翠華
からのメッセージ:
Icon スイ
「おふろあがりに牛乳も飲んだしー、しばらくのんびりたいむ?
お部屋でまくらなげとかもいいかもねー。」
Icon スイ
「集約アローレイン!とか言いながらがんばっちゃうよー」

射撃物理攻撃!
ウィークネス!
クリーンヒットしたら枕でも大ダメージな気がする。


>アギトちゃん
【混浴内】
Icon スイ
「んぅ……だって、はずかしいというか、どきどきしちゃって……」

隣で一緒に寄り添いながらどきどきしてる。
視線がうろうろ、時々ちらちら。

Icon スイ
「せっかくだし、女性化する温泉も試せばよかったかなー。
そーしたら、魔女になれるか試せたかもしれないしー。」

【白濁ろーしょん湯】
Icon スイ
「わ、わっ」

にゅるん、にゅるん。伸ばされた手をつかもうとして滑って、アギトちゃんの手もぬるぬるに。そして……

Icon スイ
「わわわっ」

起き上がったら今度は足元が滑って、全身白濁まみれのままアギトちゃんに向かって倒れ込んじゃう。


【inおふとん】
Icon スイ
「うん……くっついてるの、好き……♪
このまま……寝ちゃいそうな、くらい……」

うつら、うつら。



>パシルちゃん
【混浴内】
Icon スイ
「わ、もう十分みたからっ、ちょっ、ちょっとまって……」

珍しく慌てる。抱きつかれながら、どきどきしちゃってるのをなんとか隠そうと。

【アギトちゃんのお部屋】
Icon スイ
「勢いで連れてこられちゃったけど……いいのかな。
とゆーか……パシルちゃんそんなの持ってきてるんだ……?」

なんかうねうねしてるやつとか、すごそうなのとか。
Icon スイ
「それで……ここからぼくは、どうしたらいいのかな……?」

ふたりのやりとりを傍で見守っちゃう。

PNo.74 ハーヴェスタ
からのメッセージ:
>>Pno.578 アギト
Icon ヴェス
「へぇ、本当に噛み付いてるんだ。確かにサメのヒレじゃしがみ付くにも限度があるし……合理的なのかな?」
Icon ヴェス
「うん、中で会いましょうねぇ~。」
腕を振り、去って行った。

温泉から上がって
Icon ヴェス
「あはは、良いお湯だったなぁ。こういう休息が、明日の探索の為の英気を養ってくれるのよね。」
Icon ヴェス
「最近は他の探索者と没交渉気味だったけど、まだまだテリメインには沢山の同業者が居るのね。ちょっと安心しちゃった。」

PNo.170 イーラ・エイブラムス
からのメッセージ:
Icon イーラ
「温泉お疲れ様でした!」
Icon イーラ
「とはいっても私全然絡めてないですね……
もっとお話できるようにがんばりまふ」


>>アギト
Icon イーラ
「露天風呂ですか?行きましょう行きましょう!!」
何も知らない彼女は意気揚々とアギトについていった!

PNo.178 ネリー・イクタ
からのメッセージ:
>Pno.578 アギトさん
Icon ネリー
「うゃーっ、だいじょぶだいじょぶーっ!
なれてるからーっ!」

慣れてると言っておけば、なんだってどうにでもなる、とでも言わんかのように。

露天風呂に行き、堪能するなどしていただろうか。

PNo.234 群青=クレア
からのメッセージ:
>アギト

雑談

Icon 群青
「環境や機械を動かす力の確保や維持、その土地を持つ方への配慮…そういった課題に対処することが必須だけどね。それさえクリアできれば安定して生産できるわ。」

Icon 群青
「なるほど。決まった形で解けてジグソーパズル宜しく元の位置に戻るのね。でも何かしらのトラブルでピースが戻ってこなかったというケースとかは無かったの?」

Icon 群青
「修繕に何かしらの道具を使わないとなると、安全な場所での作業になるのは当然ね…戦闘に衣類の修繕を考えないのならそれで十分なのかもしれないわね…。」


温泉
Icon 群青
「小さかった頃は大きくなることに憧れを抱いていたりしていたけど、こうも極端な状態になると不便な点が気にかかりがちでね・・・私の性格の問題なのかも知れないけど・・・」

やがて向けられる視線に気がつき、水面に慎ましく浮くそのものを向けた

Icon 群青
「…乱暴にしないなら、いいわよ…。」



>アイナ
雑談
Icon 群青
「羽魚…私の故郷の寒い地域では馴染みの薄い魚ね…。でもイメージは伝わったわ。スピードに自信ありといった感じね。」

温泉
Icon 群青
「広い湯船でお酒を頂くのもいいものよ。普段味わえない環境で頂く物の味わいは格別よ。
…見た目は少女だけど酒はいただけるのね…やはり魔女だから見た目裏腹の年齢なのかしら…それともそういう世界から来たからかしら…。」


>メロディ
Icon 群青
「まじない類無しで私の使うことの出来る力は厳密には魔法とは別物であると考えたほうがよさそうね…超能力…ととったほうがいいのかしら。」
Icon 群青
「でも、その力もいつでもいくらでも使えるというわけじゃないの。喉が渇くしお腹が減るし体温も急激に下がるしと体に掛かる負担が大きいのよ…。」

PNo.500 銀鱗鉄牙のアウエラ
からのメッセージ:

【温泉パート(解散編)】
Icon アウエラ
「温泉…! なかなか良かったな! 臭いは独特だが、レッドバロンの海とは違い、こう、何とも穏やかで心安らぐ!」
Icon アウエラ
「マッサージ機も良かった…!」

ほんわかしている

PNo.908 アクエリアス
からのメッセージ:
Icon アクア
「ん~♪まだ温泉のいい香りがするっス~♪」
Icon アクア
「でも冒険に戻ればまた海の香りに戻るっスよね~、なんだかんだであっしらは海の生き物っスよ!」
Icon アクア
「言われてみればあっしらって体臭に関してはとても染まりやすいんスよね…下水道を探索した時はすぐに風呂にいれられたっス」
Icon アクア
「それは誰でもそうじゃないっスか?」

アクアは水なので匂いがつきやすく染まりやすいらしい…

Icon アクア
「あっ、新年があけたっスよ!あけましておめでとっス~~!!」

>>アギト(578)さん
Icon アクア
「そうなんスよー、だから型を指でぐりぐりされるのとか嫌いじゃないっス!」
Icon アクア
「首根っこ掴んで持ち上げられた時とかそんないやな気分じゃないっスよ!」

Icon アクア
「そうっスかー、裸は恥ずかしいってみんな言うっス、なんで恥ずかしいっス?」
Icon アクア
「素手で戦えるの羨ましいっス!あっしらは素手だといまいち戦闘力が足りなくて武器を使ってるっス!」
Icon アクア
「あっしらは他の妖精族と違って、それなりに武具に頼ってる面はあるっス。だから武器防具縛りはちょいと辛いっスねー…」

>>翠華(67)さん
Icon アクア
「ふへぇーありがとっス~~スイは命の恩人っス~~」

氷属性大好きなのでとても回復する勢いだった。

Icon アクア
「新しい発見ができたっスね!お酒を飲んでると水温調整がうまくいかないみたいっス!」
Icon アクア
「また一つ賢くなったっス!」

わりと余裕そうだった。探究心がすごい。

PNo.1045 メルエット
からのメッセージ:
■ 七海の温泉会 ■

>>アギト(Pno.578)さん

Icon メルエット
「海のおんせんだから、うってるおみやげも、やっぱり海のぬいぐるみなのだな」
Icon メルエット
「ぎゅってせいたら、あったかそう。きもちよさそう……」
Icon メルエット
「それ、さわってみてもいい?」

さっき着衣は脱ぎ捨てたばかりなので、素裸のまま、手を広げて青いサメに駆け寄ってこようとする。


>>メロディ(Pno.7)さん

Icon メルエット
「こんどこそ、せいせいどうどう、せいくらべだ!」

そう言っているが、メロディが魔女の帽子を脱ぎ去ったところで、メルエットの身長は伸びない。
頑張って、爪先立ちしてみたり、背伸びしてみたりするが、125cmに142cmの壁は、あまりに大きすぎた。

Icon メルエット
「……」
Icon メルエット
「だめか……」

分かりやすくしょんぼりしている。


>>翠華(Pno.67)さん

Icon メルエット
「たしかに、おとこだと魔女にはなれないもんな……」
Icon メルエット
「おとこでも、魔女になりたければ魔法をつかって、おんなのこになるしかない」

そういいながら、自分が女の子であったことにちょっとほっとしている。


>>パシル(Pno.1736)さん

Icon メルエット
「おこ……? なに……?」

メルエットはお子様なので、どうやらオコゼというものを知らないようだ。

Icon メルエット
「むぅ、それはアギトたちみたいに、パシルのかっこうも、かんけいするのか?」
Icon メルエット
パシルのふく、しろ……、しろい……
Icon メルエット
「あれか、海の、いわのうえとかで、ごろんごろんってねてるアレか?」

どうやら、真っ白なアザラシを想像しているらしい。

PNo.1736 パシル・パリスト
からのメッセージ:

>>PNo.5 アイナさん

【温泉会】

Icon パシル
「ふへへー アイナさんの後ろ取っちゃったー♪
アイナさん、身体ほそいー♪」

バスタオルで身体を隠すアイナさんの後ろから、裸で抱きつくパシル。
確かにこれで、パシルの身体も周りからは隠せているが……

Icon パシル
「んー、そんな冷たいこといわずにー、もうすこしぎゅってさせてー
こんなタイミングとかじゃないと、ぎゅってくっつくこともできないし……」
Icon パシル
「あ、このまま他の温泉とか行ってみるー? あたしは服着なくても平気だよー♪」

【通常会話】

Icon パシル
「あー、うんー、なんかすごくヒントになりそうな発想だったー
でもむずかしいよねー、やっぱり魔力たりないかぁー、ゆっくり考えるしかないかなー」

『望む未来を手繰り寄せる』なにやら本気で考えている様子。


>>PNo.67 スイくん
>>PNo.578 アギトさん

【温泉会】

Icon パシル
「ふふふ……アギトさんもアイナさんに抱きついちゃえ」
Icon パシル
ほむ、二股とは大胆な
でも3桁いってると思ってたから意外ー」

Icon パシル
「じゃあー、相手をいっぱい可愛くさせられたほうが勝ちってゲームはどうかなー♪」
Icon パシル
「ピストさん審判おねがいー
あ、でも混ざりたいんだったら止めないー♪」
Icon パシル
「ねーねースイくん、協力しない?
アギトさんの可愛いところ、いっぱい見たいよねー♪」

スイこゃんの手を引いてアギトさんにぎゅっと抱きつき、そのまま柔らかお布団の上に押し倒そうとしてしまいます。
--------------------------------------------------------


|
コミュニティメンバー
ワカメ
--------------------------------------------------------
PNo.578 アギト・ブルーファング
PNo.5 アイナ・セルフィス

PNo.7 メロディ・アップルガース

PNo.24 クロア・レプトーン

PNo.67 翠華

PNo.74 ハーヴェスタ

PNo.89 深水 梁

PNo.139 風郷 風璃

PNo.164 水の精霊『ディーネ』

PNo.170 イーラ・エイブラムス

PNo.178 ネリー・イクタ

PNo.234 群青=クレア

PNo.276 大海賊ニコラウと100人の手下

PNo.328 ヒミコ

PNo.459 アリーシャ・ベイオネット

PNo.500 銀鱗鉄牙のアウエラ

PNo.550 闇ニ染マリシフタリノ少女

PNo.596 ヴァール・マルストローム

PNo.660 五十里イコ

PNo.684 ピスカ・ルミナスキャスト

PNo.779 利津

PNo.810 クャヴ・ヤーキハイデ

PNo.908 アクエリアス

PNo.947 アトゥイコロカムイ

PNo.1045 メルエット

PNo.1093 呼吸メーデ

PNo.1098 フレイア・ガーランド

PNo.1110 ユアン・ハーヴェイ

PNo.1127 アネモニィ・テンタクローゼ

PNo.1346 カーマイラ=レギーナ

PNo.1361 ねこ

PNo.1736 パシル・パリスト
--------------------------------------------------------