Seven Seas

line1
C676 巡航潜水艇ケトゥス
line3-2
line

島から島を無料で渡す乗り合い潜水艇。
鯨型の潜水艇が、話し相手欲しさに勝手にやっている。


口の中はエントランス、腹の中は寝室。どちらも金属の壁と床、寒くて居心地が悪いかもしれない。
物の持ち込みは大歓迎。だって買い物いけないんだもの。


「しかし、船内に色が増えた」


*ルールとかはあんまりない*
・マナーを守って楽しくロール
・参加資格は特になし
・ものを持ち込むと↓にENo・名前付きで掲載されるようです。こちらに記載されたものはロール中でほかの人が使うことを許可されます。

*いまの船内*
・まずい缶詰
・しけたクラッカー
・くさいみず
・ペコペコのクッション
・敷き藁
▼もちこまれたもの(ありがとうございます!お手数ですが削除要請はロールまたはパーティ用掲示板orTwitter@acht8811まで)
・小箱(ダブロン金貨数枚入り)(PNo.87)
・カウンター(酒樽付き)(同上)
・オリーブオイル(PNo.539)
・くさいみず→きれいなみず(になった!)(PNo.13)
・ふかふかのクッション(PNo.41)
・きれいな貝殻(PNo.178)
・魚(煮付けがおすすめ!)(PNo.305)
line

|
コミュニティメッセージ
ワカメ
--------------------------------------------------------
PNo.41 リトゥ・キャンディラ
からのメッセージ:
>PNo.676
Icon リトゥ
「ふふ、僕も楽しみだなぁ」
あくまですっとぼける。
Icon リトゥ
「……メンテナンスは大事だぞ。ふむ……しかし、大仕事になりそうだなぁ……」
がちゃがちゃと、義足の音を立てて奥へと進む。
眩しそうに顔を手で覆い、扉をくぐるだろう。

PNo.68 クロニカ・Y・ニールネイル
からのメッセージ:
Icon クロニカ
「……う。うーん。そんなに変か?
 歌のこと、考えずに生きてきたの」

Icon クロニカ
「そう言われると、なんだか……うーんと……
 俺も、忘れてるだけ、なのかも、みたいな気が、
 してきたような、してこないような」
Icon クロニカ
「……俺は、忘れてることがいっぱいあるから。
 その中に、歌のことが含まれてても、おかしくはない、けど」

Icon クロニカ
「だとしたら、思い出せないから。
 結局、わかんないままか」

(ちょっとため息。)

Icon クロニカ
「まあ、でも、俺の中の海? が、目を覚ました。
 とかだったら、それはちょっと、楽しいな。
 うん。愉快だ」
Icon クロニカ
「海は、初めて来たから。
 海に来るまで目覚めなかったのは、
 ちょっとは、仕方ないかもしれない」
Icon クロニカ
「……うん。あれか。
 大切なのは今、みたいな。うん。
 今、歌ったりできるのは、けっこう、楽しい」

(頷いている。)

Icon クロニカ
「海賊は、ほら。強くて体力もあるから。
 歌いながら襲い掛かってきても、わりと大丈夫かもしれない」

Icon クロニカ
「……襲われる側は大丈夫じゃないな」


Icon クロニカ
「……海賊について、調べる?
 それは、うーんと……危なくないか?
 大丈夫なのか?」

PNo.178 ネリー・イクタ
からのメッセージ:
全身を駆使した豪快なさすさすを一旦止めて。

Icon ネリー
「うゃ? しょっかく……?
……ンン? それって、虫さん、の? ちがうよねえ……」

Icon ネリー
「きもちいーの、よかったよっ!
よろこんでくれたら、わたしもうれしいよっ―――」

美味しい、というワードが耳に入ると、一旦声が止まり。

Icon ネリー
「うゃーっ!
おいしいのーっ! ちょーだーいっ!!」

と、力強く体をくねらせ、船内に戻って行くだろうか。

PNo.479 高岡 初葉
からのメッセージ:
>ケトゥスさん
Icon ハティ
「尾部……ほう? ちょっと行ってみても……?」
Icon 初葉
「そういう部分って、保安上の問題で立入禁止なのでは? 不用意に動作中の機器に巻き込まれたりしたら大変ですし」
Icon ハティ
「だが、やはり見てみたいぞ。機能性重視で壁から内部が突出しているとか、浪漫だろう」
--------------------------------------------------------


|
コミュニティメンバー
海老
--------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------