Secret Sphere
-WEEK1-

|
入学式
ワカメ
--------------------------------------------------------
―――カラーン、コローン……

何処からか鐘の音が全体に響く。

不思議な音色は、何処にいようと届くかのようだ。

その音色に呼応するかのように、
SmartBookから突然魔法陣が浮かび上がり学園長の声が響いた。


「やあ諸君、我が魔法学園へようこそ。
 これから諸君を歓迎する入学式を始めるよ。
 このSmartBookさえ持っていれば、会場へは直ぐに到着する」


学園長の言葉が早いか、魔法陣の強制召喚が働いた。


―――――――――


召喚転送の眩い光が落ち着けば、景色は一転。
そこは広いホールのようだ。
その奥のステージに、数人の教師らしき人物と、中央に学園長の姿があった。


Icon
名称不明
魔法学園の学園長。
フードをかぶっていて顔は見えないが、声はまだ若い。
それなりに話は長く、特定の人物には横暴な面を見せることもある。
好きな食べ物はまほがくランチプレート。

Icon
学園長
「さて、改めてようこそ、魔法学園へ――我々は皆を心より歓迎する。
 ここの生徒となった暁には、
 皆平等に授業を受ける権利が与えられるよ」
Icon
学園長
「さて募集要項にもあったとは思うが……
 この学園は、今は平和だが確実に異世界である魔法の世界、
 『スペリオル』により侵攻を受けている。」
Icon
学園長
「放っておけばこの剣の世界は、瞬く間に征服されてしまうだろう」
Icon
学園長
「そこで我々はこの世界を守るため、スペリオルの魔法を解析し……
 その力を利用して対抗する術を編み出した。
 いつ侵攻が始まっても、向こうの一方的な蹂躙は許さないつもりだ」

Icon
学園長
「わたし達はキミ達生徒に魔法を教え、導き、守り抜く。
 しかし向こうの出方によっては、
 正にここが戦いの場になるかもしれない」
Icon
学園長
「その時に備え、キミ達に教え、導いた力で対抗に参加して貰おうと思う。
 それが、この学園で生活する上での条件だ」
Icon
学園長
「……とはいえ、直接争いに参加することが出来ない者も居るかもしれない。
 だが安心して欲しい。そのような生徒も、
 対抗に参加する者たちへ力を分け与える事が出来るはずだ」
Icon
学園長
「では……一部だが、キミ達を導く教師を紹介しよう」



横に控えていた教師が前に出た。
Icon
マスク
素顔を隠した魔武器学教諭。
耳が少し尖っている。
色々な武器を収集している武器オタクの模様。
好きな食べ物はまほたま丼。

Icon
マスク先生
「あー……と、高等部の皆、入学おめでとう」
Icon
マスク先生
「俺の名前は……まあ、どうでもいい、マスクとでも呼んでくれ。」
Icon
マスク先生
「俺は魔武器学を教えている。
 武術科生徒なら、ある程度顔を合わせる機会があるかもしれないな」
Icon
マスク先生
「いざという時に、自分の獲物が使えないとなると意味がない。
 上手い使い方を覚えておいて損は無いぞ」
Icon
マスク先生
「まあ……今のところは平和だから、
 武器を磨くだけにならないように色々授業は考えておく」
Icon
マスク先生
「それじゃ、授業を受ける予定のある奴はよろしくな」



Icon
学園長
「……以上で教師の挨拶は終了だ。
 もちろん、他にもキミ達を導く教師はたくさん居るから、
 大いに学んでくれたまえ」
Icon
学園長
「……さて長くなってしまったが、生徒の皆が
 快適な学生生活を過ごせるように、
 我々教師一同、邁進しよう。」
Icon
学園長
「――ああ、それと、そうだ」
Icon
学園長
「次から授業が開始していくわけだが、
 まずその前に、キミ達一人一人の身体能力を測らせて貰おうと思う」


そういうが早いか、学園長は召喚術を起動した。
この学園の隅々を整えているオーク用務員が壇上に召喚される。


Icon
オーク・X・アムステルダム
皆から愛を込めて【用務員さん】と呼ばれているオークさん。
「○○ですまない……」が口癖で、とあるオークに憧れている。
好きな食べ物はまほがく野菜天ぷら定食。
これから酷い目に合う。

Icon
オークX
「……ん!? あ、学園長? ん?」

Icon
学園長
「このオークと一人一人戦って貰おうと思う。
 何、模擬戦闘だから緊張しなくていい。
 万が一怪我をしても、優秀な養護教諭がいるからね」

Icon
オークX
「え!? オラがだか!? オ、オラまだ花畑の世話が……」

Icon
学園長
「では諸君、長々と付き合ってくれてありがとう。
 キミ達の行く末が良いものに、ひいては学園の為になることを祈っているよ。
 それでは元の居た場所へ帰すとしよう――」


言うが早いか、SmartBookから魔法陣が現れる。


Icon
学園長
「それではまた、次は授業でお目にかかろう――」


眩い光が全体を包み込む。
光が収まったとき、そこは転送される前の場所に戻っていた。



ようこそ、魔法学園へ―――





――――――――――――

Icon
オークX
「……はぁ~、オラ、全員相手しないといけないだか……」

Icon
オークX
「いや、伝説のオークM先輩も、1000人以上の相手をしたって言うから……」

Icon
オークX
「オラ、頑張るだ!
 よっしゃ、かかってこい!」
--------------------------------------------------------


|
次回予告
魚
--------------------------------------------------------
新入生用務員
ラクVSオークX
--------------------------------------------------------