Secret Sphere

line1
C100 古の大書庫【てんめー合わせ/入場は自由】
line3-2
line

学園敷地内の森の片隅に存在する古びた施設。いつから此処に在るか、それすら定かではない。
間取りは寮設備に似ているような気もする。

◆施設状態(2021_10/22 8:14:16)更新
【破損】28:床の穴は塞がってきた。入り口付近の隙間風は大分マシになった。
【汚れ】30:歩く度に舞っていた埃は収まってきた。
 私有化した部屋を設ける場合は、別途コミュニティとして自分で立ててください。
 以下のプレイスのうち、1~3番は類似の部屋を私有化OKです。4~6は複製不可です。


〈〉はダイス用の数字、初見探索のネタにでもどうぞ。
〈1〉埃塗れの研究室:何者かの研究の痕跡が残されている古い研究室。
〈2〉煤けた魔術工房:大釜や竈が、人知れずそのままにされている。
〈3〉忘れられた書架:スペルストーンも無い時代の古い魔導書が眠っている。
〈4〉青薔薇の咲く庭:施設中央に存在する開けた中庭、縁取る様に薔薇が咲く。
〈5〉星見の屋上庭園:魔術的な措置故か時を忘れたかの様に美しいままだ。
〈6〉地下に続く階段:何処に繋がっているか、誰も知らない。【破損】修復後に解放。

以下の企画参加者向けのコミュニティですが、所属者以外もご自由に使用ください。
ただし、企画関係者のイベントや戦闘が発生しうるため、ご留意ください。
(※ここで起こる事件や発見される冊子の内容などを公に広めて、公然の騒ぎにするのはご遠慮ください)


◆詳細
〈1〉埃塗れの研究室
 足元や何もかもがびっしり埃に覆われているが、誰かの古い足跡が薄っすらとある。
 機材や書物は、その足跡の本人に持ち出されたらしくガラクタしか残っていない。
 人間を横たえるのに丁度良さそうな台があり、医学の心得がある物には手術室の様にも見える。

〈2〉煤けた魔術工房
 大釜や竈があり、棚や氷室として使われていたらしき機材もある。
 もちろん、どれもそのままでは使い物にならないだろうが、立派な設備だ。

〈3〉忘れられた書架
 湿気た匂いのする書架。施設がボロボロだったせいか本の保存状態はまちまち。
 カビている本から読めそうな本まで沢山の本があるが、古い言語の物や外国の物も多い。
 スマ本の機能を駆使しても解読が難しい本や、そもそも出鱈目な文字の羅列の物もある。

〈4〉青薔薇の咲く庭
 いわゆる中庭。外周を縁取る様に、季節を問わず特殊な青い薔薇が咲き誇っている。
 枯れて苔むしているが噴水があり、ティーテーブルが置かれたお洒落なガゼボ(東屋)もある。
 荒れているが、しっかりと愛情を込めて手入れをすれば、再び美しい庭となるかも知れない。

〈5〉星見の屋上庭園
 様々な季節の植物が咲いている屋上庭園。花は実る事も枯れる事もなく、永遠とそこにある。
 美しく星が見える開けた作りになっており、天体観測にも向いているかも知れない。
 広々とした広場が2箇所あり、床面のタイルには星座盤の様に煌めく石が埋められている。
 片方の広場は此処から見える星、もう片方は見えない星の広場であり、魔術儀式にも使えそうだ。
 日時計、星座をモチーフにしたモニュメントなど、宇宙を思わせる意匠がそこかしこにある。

〈6〉地下に続く階段
 入り口が崩れており、中に入る事すら出来ない。隙間から覗くと階段が見える。

◆企画詳細【天命因子】(PL向け・PC取得不可情報)
https://docs.google.com/document/d/1jv2AvJKn87t5pDRTtgSiNNfFTC4sf7ummWP5Ao943_g/edit

◆企画関連の書物(PC向け)
全体での進行や情報開示段階に合わせた本の増減は起こりうるので、
それらは他の好奇心旺盛な誰かが持ち出している・貸し出し済だったという事でお願いします。
https://drive.google.com/drive/folders/17EW7QDEIbhSAnRh7q-XFzMGA-7v7eAqO?usp=sharing

(原本)
https://drive.google.com/drive/folders/17EW7QDEIbhSAnRh7q-XFzMGA-7v7eAqO?usp=sharing
line

|
コミュニティメッセージ
ワカメ
--------------------------------------------------------
メッセージはありません。
--------------------------------------------------------


|
コミュニティメンバー
ワカメ
--------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------