戦闘宣言

最低限の戦闘宣言

Secret Sphereでは使いたいスペルを選択し、宣言ボタンを押すだけで、
自動で使用条件が設定されるようになっています。
そのため、慣れないうちは使いたいスペルを選択し、
宣言を行うだけでも問題ありません。

スペル選択

Secret Sphereの戦闘では、
7つのスペルと1つの必殺魔法を選択し、戦闘を行います。
使いたいスペルを選ぶと、
スペル分類等によって自動で使用条件が決定されます。
特に変更がなければ、そのまま【宣言】を押下すると、次回更新時に
指定したスペルを用いて戦闘します。
必殺魔法以外はスペルの順番で使用する優先度等はないため、
好きにスペルを選択してください。

スペルの使用順は以下の通りです。

  1. 必殺魔法
  2. 合成許可があるスペル
  3. スペル熟練度

7番目のスペルには防御補助魔法のみ入れることが可能です。
同じスペルは1つしか選択することができません。

※ただし、必殺魔法には同じスペルを入れることが可能です。

スペル

SP・MPを使用して行う攻撃です。
例外として、武術科の【通常攻撃】もスペル扱いとなります。
スペルには通常発動(アクティブ)と、対抗発動(カウンター)が
存在します。

通常発動

タイミング【アクティブ】のスペルは自行動時に、
使用条件に応じて発動します。

対抗発動

タイミング【カウンター】のスペルは、
他の行動に反応して使用条件に応じて発動します。
ただし、【CP】がない場合は発動しません。

SS

スペルストーンの略称です。
スペルストーンを私有化すると、スペルとなります。

私有化

SSを実際に使える状態にする行為です。
例えば【武術科】だと魔法武器にSSをセットする、
【魔術科】だと使い魔にSSをインストールする、等です。

TG

チューンジェムの略称です。
チューンジェムをスペルにセットすると、
要素を持つようになります。

成分

スペルを構成する成分です。
スペル分類と、TGによって追加された要素
判定、【合成魔法】が成分となります。

スペルの分類

スペルには分類があります。
分類はスペルの成分として扱われます。
また、戦闘宣言にスペルをセットした場合に、
使用条件のデフォルト設定に関わります。

使用条件

スペルを使用する条件です。
スペルを選択すると自動的にデフォルトの使用条件が選ばれ、任意に調整変更することができます。
使用条件は【HP○%以上】のように○が入っているものがあります。
上記のような場合は、使用条件の隣の【○】テキストボックスに、
【50】のように数値を入力してください。

使用条件は3つありますが、基本的に3つとも別条件となり、
例えばHP50%以下、1行動目、2行動目と設定した場合は、
1行動目、2行動目、HP50%以下の3つの状況で使用します。

※ただし、【使用禁止】の条件は他の2つの条件両方に作用します。

使用条件を複数満たしている時、優先度が最も高い使用条件のスペルが選ばれます。
優先度がすべて同じ場合はその内の1つがランダムで選ばれます。
優先度:必殺>○ターン目>○行動目*1>合成許可>熟練度>通常時*2

【HP○%以下】
【MP+SP○%以下】
○には100までの整数を入力できます。マイナスの数も入力できます。
対象が複数いる場合はより低い対象を優先します。

【状態○時】
○には複数の状態異常を入力できます。
それぞれのグループは「環境」「肉体」など一括で入力することもできます。
また、強化状態を除いた悪い状態異常にかかっていない状態「通常」を入力することができます。
通常は最も優先され、対象が複数いる場合は通常状態の対象を優先します。

例「環境混乱守護」 環境異常または混乱または守護の時
例「強化肉体衰弱」 強化状態または肉体異常または衰弱の時
例「通常麻痺散漫」 強化状態を除く状態異常にかかっていないまたは麻痺または散漫の時(通常または悪い状態異常が麻痺と散漫だけの時)

熟練度

スペルには熟練度が存在します。
通常戦闘、レイド戦、ランク戦、風紀バトルにて使用したスペルは、
各戦闘毎に熟練度が1上昇します。
熟練度は現状、スペル使用優先度に影響します。

合成許可

合成許可にチェックをつけている場合、
スペルの合成先となりスペル合成を試みます。

スペル合成

タイミング*3使用条件が同一*4の場合、
もしくは、自分の通常発動スペルに味方の【合成魔法】が対抗発動した場合、
合成元スペルが合成先スペルにスペル合成されます。

※ただし、相手側のスペルに対抗発動した場合は、
 特殊な場合を除きスペル合成は行われません。

スペル合成した場合、合成元スペル、
合成先スペルのすべての要素を持った、
合成先スペルが発動します。
また、合成元スペルの分類毎の合成成分と、
【合成魔法】の【スペル効果】も同様に、合成先スペルの成分として含まれます。

例1)
 A.合成許可にチェックがついている熟練度3の【ショット】
 B.合成許可にチェックがついていない熟練度5の【チャージ】

 【ショット】に【チャージ】が合成される。

例2)
 A.合成許可にチェックがついている熟練度3の【ショット】
 B.合成許可にチェックがついている熟練度5の【チャージ】

 【チャージ】に【ショット】が合成される。

例3)
 A.合成許可にチェックがついている熟練度3の【ショット】
 B.対抗発動した熟練度5の【エレメント:ファイア】

 【ショット】に【エレメント:ファイア】が合成され、
 【ショット】が【火属性】になる。

スペルの分類

スペルにはそれぞれ分類が定められています。※合成時に追加される成分は後述

近接魔法近距離の相手に攻撃する魔法です。
射撃魔法離れた相手に攻撃する魔法です。
攻撃補助魔法攻撃に関わる補助をする魔法です。
防御補助魔法防御に関わる補助をする魔法です。
回復魔法体力や魔力を回復する魔法です。
異常魔法相手に異常を与える魔法です。
合成魔法スペル合成時にのみ発動し、様々な効果を与える魔法です。
合成魔法のみ対抗発動でも通常発動に合成されます。
召喚魔法色々なものを召喚する魔法です。

分類毎の合成成分

分類合成時の成分
近接魔法合成先の射程が2以下ならスペルの命中が20%増加
射撃魔法合成先の射程が3以上ならスペルに《ス:防御無視+20%》を付与
防御補助魔法スペルに《自:防御+20%》を付与
攻撃補助魔法スペルの威力が20%増加
回復魔法スペルに《ス:吸収+10%》を付与
異常魔法スペルに《対:回避-20%》を付与
合成魔法*5消費MP及びSPが20%減少&威力が合成先に影響
召喚魔法スペルが召喚魔法になる(スペルを具現化する)

※具現化スペルは威力をHP、命中をSPとし、HPを0にした相手に該当スペルを発動します。

※ス…スペル自体につく効果
※自…使用者につく効果
※対…スペルの対象につく効果

例)
・無印ショット(射撃魔法)に無印ヒール(回復魔法)を合成した場合
 →対:攻撃⇒10%吸収

・無印ヒール(回復魔法)に無印ショット(射撃魔法)を合成した場合
 →対:HP増(射程がないため防御無視+20%されません)。

・無印ショット(射撃魔法)に無印チャージ(近接魔法)を合成した場合
 →対:攻撃(射程が3のため命中20%増加されません)

合成先

合成先スペルは、スペル合成時に、
ベースとなるスペルとなります。

合成元

合成魔法は、合成元スペルとして合成先となるスペルの効果そのものに影響を及ぼします。
合成魔法以外の合成元スペルは、スペル合成時に分解されて元の効果が消え、
どちらの合成元スペルも要素分類毎の合成成分がさらに反映されます。

スペルの対象

使用条件には対象の指定を決定するものがあります。
例えば味方HP○%以下に設定したスペルは最もHPが低い味方を対象にします。
ただし、【近接】・【射撃】・【異常】分類のスペルは
基本的に味方を指定することは出来ません。
また、【攻撃補助】・【防御補助】・【回復スペル】は
基本的に敵を指定することは出来ません。

スペルには対象を指定することができるものがあります。
対象指定可能なスペルは、射程のない【攻撃補助】【防御補助】【回復】スペル、
武術科の場合は装備の射程+追加射程が3以上ある【近接】【射撃】【異常】スペル、
魔術科の場合は射程が3以上ある【近接】【射撃】【異常】スペルです。

※TGでの射程増減は対象指定可能か判別後になります。

ただし、自分や全体、列など【対】ではないスペルは対象指定不可能です。
また、敵を対象とするスペルは味方を対象にできず、
味方を対象とするスペルは敵を対象に出来ません。

対象を指定可能なスペルの場合、1を入れると上から1番目の敵を、
2を入れると上から2番目の敵を、-1を入れると上から1番目の味方を指定できます。
また、Pxxxxと入れるとPNoでの指定が可能です。
PNoが4桁未満の場合はPx、Pxx、Pxxxで指定可能です。
ただし、対象を指定することができた場合、
戦闘中そのスペルの使用条件は1度しか使用しません*6

使い魔設定

【使い魔召喚】にて召喚するにチェックを入れた場合、
使い魔を戦闘に参加させることが可能です。

使い魔のMHPはプレイヤーのMMP×5、
使い魔のMSPはプレイヤーのMHP÷20となります。

使い魔の使用できるスペルはプレイヤーが所持しているスペルです。
使い魔は、プレイヤーの【同じスペルは2つ使えない】制限とは別に、
使い魔として【同じスペルは2つ使えない】制限があります。

魔法武器設定

魔法武器にスペルを1個、セットすることが可能です。
スペルをセットすると、通常攻撃にセットしたスペルの要素がつきます。
魔法武器の【通常攻撃】に、
セットしたスペルが疑似的にスペル合成されるイメージです。

※ただし、【通常攻撃】にスペル合成はされません。

スペル解析

ランク戦、朝練戦闘、風紀戦闘、魔闘大会の場合、
スペル解析を設定することができます。
相手が使用するスペルを予測し、○ターン目に△△(元のスペル名)を使う、と設定します。
スペル解析に成功すると、その戦闘中、
相手パーティ全員の該当スペルを使用不可*7にします。

必殺魔法

必殺魔法を設定します。
必殺魔法は使用時のターン数によって威力が強化されます。

また、必殺魔法使用時、魔術科の場合【ユニゾンブレイク】し、
使い魔の一番上にセットされているスペルが自動でスペル合成されます。

武術科の場合は【バーストブレイク】し、
必殺魔法の威力が1.5倍になります。

サポートスペル選択

【サポーター】にチェックをつけた場合、
PT内で所持しているサポートアイテムを選択可能となります。*8

他パーティメンバーが【サポーター】にチェックを入れていた場合、
上書きされ、最後に【サポーター】を選択したキャラクターが
該当する戦闘のサポーターになります。

気絶

MPがあるキャラクターが戦闘中にMP0になった場合、【気絶】します。
【気絶】した場合、MPが0より上になるまで行動不能になります。
自行動時、【気絶】状態の場合、行動終了時にMPがMMPの30%回復します。










  • read.pngスペル使用設定ですが、初期状態で1番目に「ショット」、7番目に「シールド」が設定されており、7番目はスキル選択ができない固定状態になっています。こちらは仕様でしょうか? -- PNo.233 2021-12-16 (木) 00:40:45
  • read.png使い魔の使用できるスペルは使用者と同じです。 ただし、使用者と同じスペルをセットすることが可能です。 →使い魔は、プレイヤーがその戦闘中にセットしたスペルと同じスペルを使用できます。 -- 2021-12-19 (日) 00:55:45
  • re.png「使い魔の使用できるスペルはプレイヤーが所持しているスペルです。」という行自体いらないのではと思います。「使い魔は、プレイヤーがその戦闘中にセットしたスペルと同じスペルを使用できます。」だけで意味は通るし前者だけ読むと「所持しててプレイヤーがセットしてない大技を使い魔に使わせられるのかな?」みたいな誤認を発生させやすくなってしまいます。 -- 2021-12-19 (日) 01:27:33
    • 所持しててプレイヤーがセットしてない大技を使い魔が使うことは可能です。 -- ロキサ
  • ありがとうございます、記述変更前の文章にツッコミ入れてました。なるほど尖ったチューンをして使い魔専用スペルにしちゃうことも可能と。 -- 2021-12-19 (日) 02:25:01
  • 例1)A.合成許可にチェックがついている熟練度3の【ショット】 B.合成許可にチェックがついていない熟練度5の【チャージ】  【ショット】に【チャージ】が合成される。 ←合成許可してないチャージがどうして合成されるんですか? -- 2021-12-19 (日) 09:33:07
  • 合成されるのは自分のスペルですか、味方も含みますか、使い魔も含みますか、敵も含みますか、レイドバトルの大規模戦闘の合成はどうなりますか。 -- 2021-12-19 (日) 09:34:54
  • read.pngスペルの合成数の上限はありますか?「3つのスペル合成の場合は(スペルA+スペルB+スペルC)×3の消費」という記述があったと思います(現在削除?) -- 2021-12-19 (日) 09:37:18
  • 「例えば味方HP○%以下に設定したスペルは最もHPが低い味方を対象にします。」が分かりにくいので、どの条件でどのように対象が変化するのか、一覧表が欲しいです。 -- 2021-12-19 (日) 09:41:57
  • 基本宣言で最初から風紀戦闘を選択でき、風紀戦闘では【スペル解析】が可能です。「1ターン目ショット」で足が止まる戦闘が多くなりそうですが大丈夫ですか。(慣れていない人はそもそも見切り購入見切り私有化を思いつきません) -- 2021-12-19 (日) 09:47:13
  • 「熟練度は現状、スペル使用優先度に影響します。」 とありますが、他に威力等にも影響させる予定がある場合、先に示していただけると幸いです -- 2021-12-19 (日) 19:54:19
  • 「スペルの順番で使用する優先度等はない」とありますが、同じ条件、同じ熟練度のスペルをセットした場合は「ランダム」という意味でしょうか。 -- 2021-12-19 (日) 19:56:40
  • read.png戦闘宣言の ○のテキストボックスに数値以外の日本語等が入力できてしまっています。また、-値や、100を超える値を入力することはできますか。 -- 2021-12-19 (日) 20:03:08
  • 「通常時」とはどのような条件ですか。「味」には自分、味方使い魔、味方召喚キャラは含みますか。 -- 2021-12-19 (日) 20:05:59
  • 「味MP+SP○%以上(以下)」という条件があります。武術科のMP+SPの割合条件はどのように判定されますか。(例えば、MPが常に100%扱いとなり、SP残り10%の時、MP+SPが55%と判定されないか、等) -- 2021-12-19 (日) 20:08:56
  • read.png「使い魔のHPはプレイヤーのMP×5、使い魔のSPはプレイヤーのHP÷20となります。」とありますが、HPMPが戦闘中常にプレイヤーと連動するということですか。(戦闘開始前のMHP、MSPの誤記と思われますが一応。)また、使い魔の参戦タイミングは、二つ名にある【戦闘開始時】よりも前ですか、後ですか。 -- 2021-12-19 (日) 20:11:52
  • read.png http://www.sssloxia.jp/rule/?%E6%88%A6%E9%97%98%E5%AE%A3%E8%A8%80#b20194dchttp://www.sssloxia.jp/rule/?%E6%88%A6%E9%97%98%E3%81%AE%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%AB#h00d585b で、「対抗発動」および「スペル合成(合成魔法)」の記述にぶれがあるように見えます。現状の戦闘設定を見た限りでは、「チェックを入れたスペルを含めて2個以上同時に発動させると合成魔法が出る」「対抗発動は設定方法からしてやり方不明」のように見えます。 -- 2021-12-19 (日) 23:35:56
  • end.png Q:スペルA+Bの合成魔法が出るはずのターンにスペル解析Aを成功させた場合どうなりますか。また、風紀戦闘宣言を開いてもスペル解析を入力するところが見当たりません。 -- 2021-12-19 (日) 23:48:13
  • read.png複数vs複数において、「敵の全体攻撃スペルに対して味方Aと味方Bが合成許可チェックの入ったカウンタースペルを使用」といった感じに「複数名が同一タイミングで発動」させた場合でもスペル合成は発生しますか?(自分の使い魔以外の味方ともスペル合成できますか) -- 2021-12-21 (火) 19:55:03
  • end.pngスペルの発動条件設定について、条件1~3までを設定できますが、これはandでしょうか、それともorでしょうか? -- 2021-12-22 (水) 08:01:37
  • end.png誤記:無印ショットの無印ヒールを合成した場合→無印ショット「に」無印ヒールを合成した場合 -- 2021-12-23 (木) 23:21:12
  • end.png直ってないようです>無印ショットの無印ヒール -- 2022-01-02 (日) 19:11:03
  • 熟練度の上昇について質問です。熟練度の上昇が発生する戦闘でスペルを使ったとき①戦闘宣言に入ってたけど発動はしなかった ②使い魔だけ発動した ③最初に発動した時に相手からスペル解析されてしまった それぞれ熟練度の上昇は発生するでしょうか?確認できれば幸いです。 -- Pno769 2022-01-16 (日) 18:28:12
  • 上記に追記です ④スペル合成の合成元としてだけ発動された よろしくお願いします。 -- Pno769 2022-01-16 (日) 18:33:17


*1 ○ターン目以降、○行動目以降は含みません
*2 通常時とその他の条件が並んだ場合はその他条件が選ばれます
*3 アクティブ/カウンター
*4 ○内の数値や語も含め同一
*5 合成魔法のみカウンター発動でもアクティブ発動に合成可能
*6 具体的な処理をいうと、使用条件がその戦闘中削除されます
*7 具体的な処理をいうと、スペル設定ごとその戦闘中削除されます。魔法武器・ユニゾンブレイクは解析の影響を受けません
*8 サポートスペルはスペル解析対象外

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-05-28 (土) 20:39:40